2017.04.20 09:34|外から見る日本
ここ数年ほど、和食を作ることがめっきり減りました。
お醤油や味噌の味は食べると懐かしくて嬉しいのですが、日本の食材も自由に手に入らない中では限界があります。
それに、私の暮らすアイルランドという土地で育たないものを流通に依存してまで食べ続けようとする食生活にも、疑問を抱くようになりました。自分のふるさとの味にしがみつくよりは、私が変わればいいのでは?と自然に思えるようになったのも、13年という時のせいなのかもしれません。

なんて、かっこいいようなことを言っておきながら、数か月前にリムリックに住む友人からこんなものをもらい、おいしくいただきました。

静かなうどん

UDONです。
日本のものではありませんが、食べてみれば正真正銘うどんの味、うどんの食感。

どうにかスープも作って、畑にある青菜やらを軽く煮て、なんちゃって熱々うどんをディナーで出してみました。
子どもたちはヌードル全般が大好きなので、「Ohhh, looovely!!」と言って大興奮。にせものだけどね・・。
夫のパットさんも「日本にいるみたいだ・・!」とやたら感動して食べてくれます。にせものだけどね・・。

アイルランドの田舎で家族4人がうどんをすする、というのはなんだかおかしな光景です。が、更におかしいことに、このうどんタイムがやけに静かなのです。

そう。誰もうどんをすすっていません。
「麺をすする」という行為は、西洋の食習慣にはありません。音を立てて食べること自体がなく、スパゲッティなどもくるくるとフォークに巻いて器用に食べますね。
そもそも「すする」というスキルを持っていない彼らに「すすりなさい」と言ってもできない人がいたりします。
試してもらったことはありませんが、パットさんも我が子どもたちもおそらくこれにあたります。

かくいう私は日本人なのだから、すするスキルはもちろん完備しています。
しかし、静かにうどんを食する3人と並んで私だけがズズズズとやるのは、どうにも気が引けます。
ややもすれば、子どもたちから「マミー!マナーはどこに行ったの?」と怒られそうです。
これも海外在住者のさだめなのでしょうか。

6月に3年ぶりの帰省をします。うどん、すすれるかしら。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.04.06 07:50|アイルランドで畑仕事
リンボクの咲き乱れるアイルランド。春のさえずりとはまさにこのことと言わんばかりに、鳥たちが謳歌しています。

我が家の畑の準備も着々と進む4月、ビニールハウスの中でにょきにょきと土から顔を出すアスパラガスを楽しんでいます。

アスパラガス2017 (3)

種から育てたアスパラガスを鉢植えにして2株ほど持っていたのを、去年の春に初めてビニールハウスの中に地植えしてみたのです。株を植えっぱなしにしておけば数年は収穫ができるアスパラガスは、アイルランドでも外で栽培できると言われていますが、よほど手をかけていないと収穫まではなかなか難しいようです。

アスパラガス2017 (1)

ここ1ヶ月ほど、すらりとした長身のハンサムなアスパラガスを毎日収穫しています。
あとからあとから出てくるものの、まだ若い株なので一日に数本しか取れません。束をざっと茹でて・・というにはあまりにさびしい量なので、大抵は穫れたらその場でパクパク食べてしまいます。

ああ、これはおいしい。
柔らかくて甘くてやさしくて。アスパラガスは、上に伸びようとする生命の力のおすそ分け。
自分で育てた初めてのアスパラガスは、初春の季節にだけ味わえる最高のスナックです。
お金では買えないささやかな幸せを、また一つ発見しました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.03.31 01:24|アイルランドの音楽
数年前から名古屋在住の友人小松大さんと私が二人で運営しているブラックバードミュージック。このプロジェクトでは、アイルランドの伝統音楽の魅力を日本の皆さんにご紹介することを目的としています。
アイルランド不定期便ではなぜかアイルランド音楽の話題が少なく、自分でも「どうして?」と不思議に感じます。アイルランド音楽のことになると真剣に語り過ぎて暴走するから、自己制御が働いているのかも・・なんて分析をしてみたりして。
アイルランド音楽に関するもろもろのことは、私のもう一つの顔であるブラックバードミュージックのブログに記事を投稿しています。ご興味のある方はぜひどうぞ。ブラックバードミュージック アイルランド音楽ノート

アイルランドの伝統音楽は、私にとって日常生活の中に当たり前に横たわっているものです。音楽を通しての友人たちとはいつでも連絡を取り合っているし、子どもたちの伝統音楽のクラスの送り迎えをしたり、平日の夜に音楽を楽しみに車で一走りしてパブに出かけたり、隣町で行われるコンサートに娘を連れて外出したり。
そんな日常のひとコマであるアイルランド音楽ですが、一方で世界中にファンを持つ大変人気のある音楽のジャンルでもあります。
アイリッシュダンスなどとコラボレートしたショーとして紹介されることも多いアイルランド音楽ですが、それは表向きの顔。この土地で生まれ、歴史をくぐり抜けて今に伝わるアイルランド音楽は、いつでも庶民のための伝承音楽です。
伝統音楽が地域の人たちの中にどんな形で息づいていて、どんな風に愛され継承されているのかということは、この地を実際に踏んで五感で感じて初めて分かることだったりします。

個人旅行者には表向きの顔を見せるアイルランドの人々ですが、仲介する人物がいれば彼らの生活や音楽の世界に一歩踏み込むことができる。

フィークルキャンプはアイルランド音楽を学ばれる皆さんを対象としていますが、まったくのビギナーさんにも毎年ご参加いただき、ご好評いただいております。
不定期便の読者の方でもしご興味のある方は、ぜひご拝読の上私のほうまでEメールにてご連絡ください。
ブラックバードミュージック 望月えりか info*bbird-music.com(*印を@に変更して送信してください!)



Feakle Irish Music Camp 2017 フィークルキャンプ ―アイルランド音楽を現地で学びませんか?―
(主催:ブラックバードミュージック)

開催時期:2017年8月15日(火)~19日(土)
※初日の火曜日は夕方よりオープニングが開かれます。19:00までにご到着ください。また、最終日の土曜日は午前中に最後のワークショップが行われます(正午終了予定)。
※同村の伝統音楽イベントFeakle Festivalの終了直後にスタートします。
開催場所:アイルランド、クレア州フィークル村 Feakle, Co.Clare, Ireland
参 加 費:48,000円   ※宿泊費、食事代は含まれませんのでご了承ください。(1日目&3日目の夕食は含む)
参加対象:フィドル/フルート/コンサーティーナのいず れかでアイルランド音楽を学ばれている方。耳で聴いて、または楽譜(ABC譜)を見て曲をおぼえら れる方。経験年数などは問いません。
※上記の楽器以外でもご参加が可能です。3つの楽器別ワークショップ中は、聴講という形で自由にご受講いただけます。
申し込み方法:①お名前(ふりがなもお願いいたします) ②参加楽器の2点をご明記のうえ、下記のアドレスにEメ ールにてお申し込みください。参加費の一部として予約金をお振り込みいただきます。予約金のお支払いをもってキャンプの正式なお申し込みとさせていただきます。
※ユーロでのお支払いをご希望の方はご相談ください。
※最少開催人数:10名(定員に達しない場合は予約金を ご返金いたします)
申し込み先:ブラックバードミュージック 望月 info*bbird-music.com(*印を@に変更してご送信ください)
申し込み期限:2017年4月16日(日)
宿泊:参加者の方で宿泊先をご検討の方は、フィークル村の中央に位置するロックナーンズ(男女別相部屋)の予約代行(無料)をご利用ください。宿泊費は1泊/20ユーロほどです。
交通手段:クレア州の州都エニス⇔フィークル間のローカルバスがご利用いただけます。ご希望の際には予約代行(無料)を承ります。各空港からのルート等もご相談いただけます。

お問い合わせ:ブラックバードミュージック
info*bbird-music.com (望月) / daik327*gmail.com(小松)
(いずれも*印を@に変更してご送信ください)

フィークルキャンプ2017フライヤー
(今年のフィークルキャンプのフライヤーです。こちらから印刷もできます!)

アイルランド音楽を現地で学びませんか?
(キャンプの開催地、フィークル村のメインストリートと皆さんの宿泊先ロックナーンズ)

キャンプの内容
☆現地集合現地解散型の少人数制ミュージックキャンプです。
☆楽器別のワークショップでは、現地の音楽家たちから直接指導を受けます。日本語通訳に重点を置き、レッスンの細部までしっかり吸収していただけます。
☆キャンプ参加者向けのハウスコンサートがあります。
☆セッションを学ぶ視野でとらえ、これに特化したワークショップと上質のパブセッションをご体験いただけます。
☆そのほか、地元の人々との交流や東クレアの自然と音楽家たちの足跡(そくせき)を歩いて体験するミュージックウォーク、セットダンス体験レッスンなどのイベントをご用意しています。
☆キャンプ参加者の受講内容:3日間の楽器別ワークショップ(一日3時間)+セットダンス体験クラス+セッションワークショップ

フィークルキャンプ2016 (1)
(我が家で行われるハウスコンサートの様子)

キャンプの更なる詳細は、ブラックバードミュージックのウェブサイトに掲載しています。
ブラックバードミュージックのウェブサイト

ブラックバードミュージックは、フェイスブックにもページを作っています。おすすめのアイルランド音楽の動画などをお届けしています。
ブラックバードミュージック フェイスブックページ

アイルランド音楽を現地で学びませんか?2

日本からご旅行でいらっしゃる方はもちろん、ワーキングホリデーや語学留学でアイルランドに滞在されている皆さんにもご参加いただけるフィークルキャンプ。一生の思い出となる、中身の濃い4日間をご提供しています。
アイルランド現地まで行くのは敷居が高いと感じられる方も多いかもしれませんが、各空港からの交通ルートや現地情報のご提供、キャンプ中の宿の手配等のサービスもていねいにさせていただいております。
お一人での参加、ご友人との複数参加、どんな形でも大歓迎です!

フィークルキャンプ2015 (1)
(村のパブでのセッションの様子。地域のミュージシャンたちに声をかけて実現しています)





お申し込みをお待ちしております!!!
望月えりか


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.03.24 23:46|アイルランドで子育て
我が家の暖房設備は薪ストーブが要です。
(ブログ記事→「できることから始めよう ストーブとお湯の暖房」

ちょっと寒くなってきたな、と思ったら古い新聞紙を何枚か丸めてストーブに投入、その上に小枝などをうまくアレンジして載せ、マッチを擦って火をつけます。燃えてきたらすかさず大きめの薪をいくつか投入していきますが、これもコツのようなものがあってうまくやらないと途中で火が消えてしまうこともあります。

ボタンひとつで家が温かくなるのと比べると、これはちょっとした家事です。手は汚れるし、手間もかかる。

そこで、この冬から私が忙しい時には9歳の息子と11歳の娘にストーブをつけてもらうことにしました。

第一の関門はマッチを擦ることです。
細いマッチはすぐに燃えて、指をやけどするのではとこわがる子どもたち。
「絶対できない!」と抵抗する子どもたちに、「ほら」と何度かマッチを目の前で擦ってあげて、突然火がつくわけではないこと、しばらく持っていてもまったく熱くないことを教えてあげると、やっと挑戦する気になってくれました。

お次は肝心のストーブ。
しかしこちらは、夫や私がやっているのを日々見ているせいか意外に手際よく薪を入れていきます。

火をつける練習2017 (4)

上手上手。
ストーブに火をつけることができるようになると、「今夜は私がつける!」と言って喜んでやってくれるようになりました。助かる!

こんな小さな子どもたちに火のつけ方を教えるなんて、危険じゃない?という声が今にも聞こえてきそうです。
しかし、私も同じ部屋にいるし少しでも危なっかしいことをしていれば(一度もありませんが)すぐに気がつきます。
「火をつけて暖をとる」という行為は昔から人間の知恵であったわけですし、生きる力であると考えているのでむしろ当たり前に子どもに教えたいと思います。

勝手にやらせたりはもちろんしませんが、少しは失敗ややけどもしながら火との程よい距離を学んでいってもらえたらと思っています。

「危ないからやらせない」の一辺倒だと、子どもたちの可能性や好奇心の一部も一緒に奪っている気がしてなりません。リスクのない世界は神話の中だけ。リスクは承知で上手く付き合っていくスキルが大事なのかな、と思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.03.16 03:02|毛糸と私
明日は3月17日、聖パトリックの日ですね。アイルランドではこの日は祝日で子どもたちの学校もお休みとなります。
地域の各町村ではパレードが催されるので、私にとっては子どもたちを連れて慌ただしく移動する日でもあります。

この日に向けて、毎年毛糸を使ってある小物を作っています。

かぎ針シャムロック作り (7)

聖パトリックの日には胸元に本物のシャムロックの植物を束ねてつけますが、そう簡単に手に入るわけではありません。
そこでこれに似たものをウールで作れないかなと思い、かぎ針で作り始めたのがこちら。シャムロックをかたどったブローチです。ぷっくりと立体感のあるシャムロックの裏にブローチピンがついているので、胸元だけでなく帽子やバッグにつける方もいらっしゃるようです。

私のオンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」さんにて販売しているほか、夫の働くエニスのミュージックショップ「カスティーズ(Custy's)」の店頭、昨年からは私の住む村の郵便局でも販売してもらっています。

小さなお店の商品が届くまで (5)

郵便局のブライアンにそれとなく尋ねてみると「いいね、窓口で販売してあげるよ。聖パトリックの日の3週間前ぐらいに持ってきてよ」と快諾してくれたのです。いつもお世話になっている信頼度抜群の誇るべき郵便局員ブライアン。この人なしには私は迷子になってしまう。ありがとう。

というわけで、2月も下旬になるとこのシャムロックブローチを何十個も作ります。最後にラベルをつけますが、子どもたちが「やりたい!」というので手伝ってもらうことにしました。

かぎ針シャムロック作り (11)

家族経営のビジネス?

かぎ針シャムロック作り (9)

おかげさまでフィークル村の郵便局では私のシャムロックブローチが地元の人たちに大変好評で、ブライアン曰く「今年は販売しないのかって、既に問い合わせがあったよ」とのこと。今年も30個近く売れているそうです。
「これ一体誰が作っているの?」と知りたがる村の人たちなので、私の名前はラベルに明記していないのに多くの方から「ブライアンから聞いたよ!」、「エリカのブローチ3個も買っちゃった!イングランドの息子夫婦に送ったんだよ」など嬉しい声をかけてもらっています。去年の聖パトリックの日には私のブローチをつけている人たちを村のパレードで何度か見かけ、嬉しい気持ちになりました。

かぎ針シャムロック作り (10)

カスティーズのお店では年間を通してカウンターに置いてあります。シャムロックはアイルランドのシンボルの一つでもあるので、聖パトリックの日に限らずお土産として重宝するのだそうです。

かぎ針シャムロック作り (8)

アイルランドの工場で紡がれる羊毛100%の毛糸を使ったシャムロック型のブローチ。
そろそろ毛糸が少なくなってきたので、また注文をしないと・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク