2018.01.10 23:55|動物と暮らす
2018年の年が明けました。アイルランド不定期便の読者の皆さま、いかがお過ごしですか?
2週間あったクリスマス休暇も終わり、今週から子どもたちは元気に学校に戻っています。私はやっと自分の時間が取れるようになり、ちょっとホッとしていたりして。
誰もいない静かな午後、リビングルームの大きな木のテーブルにラップトップを開けて、 Rooibos Teaをポットにたくさん作って、今この記事を書いています。

さて、本日はアイルランドの1月らしい、冬らしいトピックをご紹介したいと思います。

エニスの町に長年通いつめているレストラン&デリ。
おいしい食材を使った料理で定評のある家族経営のお店で、入るといつも知った顔のあるなじみの場所です。

ここのオーナーのティージェイは実はフィークルの人で、村のパブやお店でもひょっこり出くわすことのある地元の人です。
いつものようにランチを求めに入ると、せわしなく働くティージェイが「コンニチワ!」と声をかけてきます。
「エリカ、今週末にフィークルで狩りがあるんだけど、君んとこのリラとイーヴィー、一緒に参加しないかな?」

狩り。こちらでは「Hunt」と呼ばれますが、以前にも不定期便で触れたことがありますね。
(過去の記事→「日曜日は狩りの日」)

「狩りの経験なくても大丈夫!僕がずっと付き添ってあげるからさ、絶対に楽しむと思うよ!」と強く押され、我が娘リラと近所の友だちイーヴィーは東クレア狩りクラブに一日参加させてもらうことになったのでした。

当日、フィークルの村まで下っていくと、既にたくさんの人、馬、そして犬が集まっています。

ハント2017年1月 (33)

リラは緊張しているけど、馬のディーノは何やらいつもと違う様子に興奮気味。

ところで皆さん、この写真を見て何か足りないと思いませんか?

ハント2017年1月 (27)

そう。鞍がない。のです。
乗馬と言えば普通は革製の鞍、サドルと呼ばれるものを馬の背中に設置して、更に足をかける金具も設置して・・となるのですが、この子たちは馬の背中にそのまま乗ります。
乗馬をきちんと習った人にとってはとんでもない話で乗馬の基礎を覆してしまうわけですが、歴史の中で見るとモンゴルやネイティブアメリカンの人たちは鞍を使わずに馬に乗ることで知られています。

ハント2017年1月 (8)

ティージェイが迎えに来てくれました。
「鞍なしで馬に乗れる子どもが地元にいるなんてすごいことだよ!ぜひ狩りクラブのみんなに見てもらわないとね」
どうりで彼女たちを熱心に誘ったわけです。

ハント2017年1月 (7)

いよいよ牧草地に入ると、狩りを見に来ていたフィークル小学校の子どもたちが集まってきました。
「リラがいる!」「リラが馬に乗ってるよー」

ハント2017年1月 (6)

ホーンの音が少しずつ近くなってきました。
いよいよ合流です。

来た来た!

ハント2017年1月 (3)

小雨の中、狩りクラブのメンバーたちが丘を越えてやって来ました。
この風景、圧巻です。

ハント2017年1月 (2)

このあと3人は狩りのグループとしばらく一緒に走ったらしいのですが、途中からティージェイの知り合いのお宅を訪ねたりと寄り道をたくさんしたのだそう。ティージェイは各お宅でいただくウィスキーを飲み過ぎて酔っ払い、村に戻る頃には「独り言ばっかり言ってた」ということで、とっても頼りになる付き添い人を果たしてくれたのでした。



同じクレア州で撮影された狩りの短い動画がありましたのでご紹介します。

ティージェイは今でも「リラ、また狩りに行こうよ!今週日曜日だよ!」と誘ってくれますが、リラはやや訝しげな顔・・。
「またはぐれてお酒飲んじゃうからな~」

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.12.20 23:26|アイルランドの音楽
ただ今、我が家のダイニングテーブルの上にこんなものが乗っております。

ケーリーバンドトロフィー2017

デデーン。
トロフィー?
こういうものとはほぼ無縁の我が家ですが。

娘のリラがこの前の夏にグループであるコンペティションに参加し、その時のカップが今になってメンバーの各家庭に回ってきているのです。

コンペティションはアイルランドの伝統音楽で、その中でもダンサーたちの伴奏をするためのケーリーバンド(Céilí Band)と呼ばれるスタイルです。フィドル、アコーディオン、コンサーティーナ、フルート、バンジョー、ピアノ、ドラムスという楽器編成で12歳以下の部門に参加するためこのジュニアバンドが地元で組まれ、2月からずっと練習を続けてきたのでした。

まずはクレア州内のコンペティション、それに上位で通過するとお次はマンスター地方大会。ここでも2位までに入れば最後は全国大会です。今年の全国大会はたまたまクレア州のエニスの町で開催されていたので、長旅をする必要もなく助かりました。
全国大会といっても近年ではアメリカやブリテン島からも参加があり、彼らの部門にもスコットランドからのバンドがありました。

当日は大きなステージです。

ケーリーバンド2017

全国大会出場が決まってからは、週に2回のトレーニングを積んできた10人の小さなミュージシャンたち。
先生の特訓に時にはうんざりしながらも、一緒に音楽を作る、いい音楽を作るという体験ができたように思います。

音楽の競技会というものには個人的には懐疑的で興味の持てない私ですが、子どもたちの、それもバンドというグループでの参加はポジティブな側面が多く、寛大な目で見ることができました。ほっ。

普段はそれぞれ違う小学校に通う子どもたちはコンペティションを重ねるたびに仲良くなって、全国大会で優勝する頃にはすっかり友だちになっていました。厳しい訓練を共にくぐり抜けてきた仲間です。

コンペティションの結果より、こんな経験ができたことに親として感謝しています。

というわけで、小さなフィドル奏者さん、ポーズ。

ケーリーバンドトロフィー2017 (4)

もひとつポーズ!

ケーリーバンドトロフィー2017 (1)

忘れられない夏の思い出。
娘にとって、一生の思い出になったと思います。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.12.14 23:50|地域コミュニティー
実に悲しい出来事がありました。
私の暮らす地域のある女性が、不慮の事故で突然亡くなったのです。21歳。新卒で9月から仕事をはじめた矢先のことでした。

彼女には音楽を通して一度会っただけでしたが、ご両親のことは昔から比較的よく知っています。特に彼女のお母さんとは事故のつい数日前にメッセージのやりとりをしたばかり、私にとってもひどく衝撃的な知らせでした。

お葬式は週末とのことです。
アイルランドの田舎では、お葬式は通常2日間にわたって行われます。1日目は日本のお通夜に近いもので、これは地域の葬儀屋が営む施設を借りることもありますが、たいていはその遺族の個人宅で行われます。
そしてその翌日の午前中に教会にて司祭によるミサ、つまり葬儀が行われ、数々のお祈りが唱えられます。ミサのあとは墓地に移動し、ここで死者に永遠の別れを告げるのです。

地域コミュニティーの強いアイルランドでは、行かねばならないお葬式が実に多いです。
直接は知らない人であっても、知っている人の家族であれば「行かなきゃ」となります。
特に若い人の死や不慮の事故死の場合は、遺族に対するリスペクトとシンパシーを表しようと多くの人が訪れるため葬儀が大きくなります。
今回も悲劇的な若い女性の死であったため、「これは大きい葬式になるぞ」ということはみんな分かっていました。

夫と二人でお通夜に向かうと、彼らの自宅に折れる道にパトカーが停まっています。車の窓を開けると警察官と一緒にいた地元民らしき男性が「Tony Mac's(近くのパブ兼お店)が駐車場になってるから、そこから出るバスを利用してくれる?」と教えてくれました。
駐車場には、複数のこれまた地元の男性たちが小雨の中、車の誘導員として働いていました。

バスは東クレアが誇る非営利団体クレアバス。
通夜の行われる彼らの家の前には長い長い人の列ができています。
既に夕闇の迫りつつある湖畔の家。体が芯から冷えるさびしい夕暮れ。おしゃべりをする声も少なく、皆が下を向き少しずつ進みます。
棺と遺族のいるテントにたどり着くまで40分はあったのでしょうか。並んでいる間、もう5時になろうという時刻なのに足元が明るいことに気がつきました。見上げると屋外用の大型照明が設置されています。

Lough Graney 2

雨足が強くなってくると、傘を何本も持った男性が現れて人々に傘をオファーしています。
もう一つのテントでは遺族へのあいさつを終えた人々のためにコーヒーと紅茶があてがわれ、女性たちが忙しそうに立ち働いているのが見えます。

この日のお通夜のために働いていた多くの人々は、そう、すべて地域の人々。地元の人たちです。
あとから聞いた話では、遺族がフランスから戻ると同時に地元の人の呼びかけで葬儀のためのミーティングが開かれ、40人の地域住民が集まったのだそう。駐車場の確保、送迎バス、誘導員の配備、仮設テント、大型照明、屋外用ストーブ、仮設トイレ、客人へのコーヒー、紅茶、ビスケットの手配、雨が降った場合の傘といった細やかな配慮まで、地元住民による徹底したオーガナイズがされていたのでした。もちろん無償のボランティアです。

自治会でも役場でもなく、はたまた葬儀屋でもなく、地域コミュニティーが支えるアイルランドの田舎のお葬式。娘さんの死に直面し、絶望的な状況に置かれたこの家族を、地域コミュニティーの力がしっかりと包み込んでいる。そんな葬儀でした。
この日のお通夜は7時間以上人の列が途絶えることがなかったそうです。

いつになく悲しいお葬式で辛かったですが、同時に改めてこの国の底力を見た日でした。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.12.08 09:02|地域コミュニティー
月曜日の朝、村の郵便局に行く用事があり一人で車に乗りこみました。
ひどく霧の濃い朝です。いつもより減速して一方通行の田舎道をのらくらと上ります。

霧の朝2017 (1)

十字路を右折して丘を下ると、私の車の前を農作業用のトラクターがゆっくり走っています。
しばらく後ろにつけていたら、道路脇のスペースにするっと入って私を先に通してくれました。ありがとう。追い越しがてら運転席を見ると、あら、地元の農夫デニスさんですね。数年前よくデニスさんから薪を買っていました。以前借りていた家の大家さんのいとこで、根っからのフィークル人のデニスさん。娘さんの一人と我が家の娘が一時仲良しでしたっけ。

自宅から村の中心までは車で10分ほどです。徒歩だと2時間はかかるかな。普段は歩く距離ではありません。
道路沿いに建つ家々は、いつの間にかどの家に誰が住んでいるのかほとんど分かるようになっていました。それどころかこの家はメアリーの生家で今はショーンとパトリシアが借りて住んでるとか、あの家には昔お巡りさんが住んでいて、そのあとダブリンのホイッスル奏者が移り住み、今では・・ということまで、詮索しなくても耳に入ってくるのです。面倒くさいようでもありますが、地域コミュニティーとはそういうものかなと思います。

村のメインストリートに入っていくと、まず目に入ってきたのが路上駐車されているジョンのバス。パブの店主だったジョンは、パブを売って悠々自適に定年生活。最近はそれにも飽きたらしく地域のスクールバスの運転手をしています。今年からフィークル小学校のスクールバスの担当になり、我が子どもたちを毎朝学校に送り届けてくれるのもこのジョン。アイルランドの伝統的なダンスの名人です。

あ、そういえばバターが少なくなっていたかも。モローニーズの前でふと気がついて、車を停め手動のドアを押して店に入ります。
誰もいない店内。パブも兼ねているモローニーズの店主ブライアンが奥からにょきっと出てきて「おおエリカ、元気?」
「なんて天気なんだろうね、まったく」
「うちのほうはすごい霧でしたよ。もう10時なのに真っ暗だし」
「エリカもこんな天気が好きでここに住んでるわけじゃないだろう?ええ?こんな天気の好きな人はいないよねえ」
「ホントよね。私、一体こんなところで何やってるんだろ」

会計をしながら軽快におしゃべりを続けるブライアンはエニスの町の出身で、10代の頃は私の義弟と同じフットボールチームでプレイしていたそうです。

買い物をすませて再び乗車、村はずれにある郵便局へ向かいます。
教会の近くを通り過ぎると杖をついていつも村を歩くトムの姿を発見。手をあげてあいさつしてくれます。村のコミュニティーホールの管理をしている人で、お父さんは腕のいいビルダーさんでした。

ジェイムスの店の前で立ち話をしているのはメアリーとクリスティーナ。
メアリーは私の親友のお姉さんの一人。クリスティーナは元地域看護士で、我が子どもたちが生まれた時に自宅を訪ねて健診してくれたのも彼女でした。特に最初の子どもが生まれて右も左も分からない不安な時に、赤ちゃん用の体重計をうんせうんせと持ってやって来てくれたクリスティーナの訪問が、何と嬉しかったことか。
手をあげて、あいさつ。

シーラが犬を連れて散歩しています。車に乗ってるのは誰かしら、と覗き込むように見つめてくるのが村の人たち。
彼女はもともとラウス州の人で、旦那さんのショーンの仕事でフィークルに移り住んだ人です。数年前に「最初はよそ者扱いも度がひどくてね。苦労したわよ」と話してくれたことがありました。

小包みを持って郵便局に入ると、局員のブライアンは泥だらけの作業服と長靴姿の男性と接客中。明らかに地元の農夫さんです。アイルランド訛りというのは地方によってバラエティーに富んでいて、細かくするとこの村特有のアクセントというのもあります。そのフィークルアクセントでブライアンとボソボソ話す目の前のファーマーさん。生まれも育ちもフィークル村のスミス家の旦那さんだな。「どうも」「はいどうも」という簡素なあいさつをしてからすれ違いざま、家畜のにおいがプンとしました。
いつも穏やかな笑顔のブライアンに小包みを手渡して支払い完了。「ありがとうブライアン」「OKエリカ、またすぐにね」

家に戻ってくると、霧はすっかり晴れて空には虹が出ています。

虹201711月 (2)

じめじめと雨の多い、暗くて寒いアイルランドの冬。気分が塞ぎがちになる季節ですが、この土地に生きる人々の呼吸を感じると、気持ちは温かくなるから不思議です。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2017.11.29 08:54|アイルランドで畑仕事
本当は10月中にニンニクを畑に植えておきたかったのですが、お天気になかなか恵まれず足踏みしていました。

ニンニク栽培2017 (3)

いつもお世話になっている西コークのサプライヤーさんにオーガニックの栽培用ニンニクを注文して、数少ない晴天の日を見計らい、やっと作業を終えることができました。

ニンニク栽培2017 (2)

親しくしている友人のお姉さんと会う機会があって、おしゃべりをしていたら彼女がこんなことを言います。
「私はガーデニングとか得意な方ではないんだけどね。最近新聞で読んだんだけど、アイルランドの気候ってニンニク栽培に適してるんですって。簡単にできるって言うし。でもスーパーで売ってるニンニクは、あれ全部中国産でしょう?それも大しておいしくないの。この国でおいしく簡単に栽培できるものを、地球の反対側からわざわざ輸入してる。これってすごくおかしいことだと思わない?」

ニンニクに限らず、はたまた食品に限らず、今あらゆる「もの」の世界において、同じような現象が起こっています。
棚から商品を選ぶだけの消費社会では、こうしたことに気づく機会がなかったりもします。

ニンニクは、ひとかけずつ分けて土に挿していくだけで芽が出ます。ジェラルディンが言うように、簡単にできるのです。
おいしく太ったニンニクができるには寒い冬を越える必要があるので、アイルランドでは10月~11月にかけて、遅くともクリスマス前までには植えるというのが原則です。

ニンニク栽培2017 (1)

植えっぱなしで手間要らず、初夏には収穫できて1年以上保存ができるので、我が家では食用のニンニクを買う必要がありません。

自分では育てることが難しくても、せめて中国産のニンニクではなくアイルランド産のおいしいニンニクがもっと手に入るようになればいいのにと思います。

生活の中のほんの少しの変化が、その社会を、世界を、大きく変えることがあると信じています。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links