FC2ブログ
2021.05.27 07:50|毛糸と私
日頃から家で過ごすことの多い私ですが、去年の2020年は特に外出する機会が極端に減りました。同じような経験をされた方や、今でもそんな状況が続いている皆さんも多いことと思います。
特に厳しい規制がしかれたアイルランドのロックダウン。私はこの機会をポジティブにとらえて、自分にとっての創作の期間にしようと決めました。おかげで、今まで形にできなかったことや自分の中で中途半端だったことに集中して、編み物と紡ぎの手仕事にまた一歩踏み込むことができました。今でもダロックくんのお世話が中心の生活ですが、10分でも時間があれば編み針か紡ぎ車に向かっています。
自分だけの時間がなくなってしまったら、私はきっとすごくつらいんだろうなあ。

その延長で、前々からもっと知りたいな、掘り下げてみたいなと思っていた毛糸の染色を少しずつはじめています。私は羊の自然な毛の色がとても好きで、白やグレイや茶や黒というナチュラルな色だけで十分に幸せなのですが、家の周りで育つ植物を使った染めという手仕事も、やはりとっても楽しいんですね。

オンライントークの時に、私が手に持ってご紹介した染色糸がありました。反響をたくさんいただいたので、不定期便でもぜひご紹介したく思います。

私にとって初めての手紡ぎ毛糸の染色は、玉ねぎの皮を使ったものでした(「初めての毛糸の染色」)。とてもきれいなオレンジ色に染まったので、これはまたぜひやってみようとそれ以来玉ねぎの皮は捨てずに保存しています。
我が家の畑では、数は少ないのですが赤玉ねぎも育てていて、この皮も料理で使うたび捨てずに別の袋にとってありました。普通の玉ねぎの皮とはまた違う色になるらしいのです。
今回は、この赤玉ねぎの皮を使っての染色です。

参考にしたのは、今回もこちらの本。

染色の本

本には、こげ茶もしくは限りなく黒に近い茶色になるとありました。赤玉ねぎの色から、何となく想像のできる色ですよね。
皮の量は少ないので、染める毛糸も今回は少しだけにしました。

赤玉ねぎの染色 (1)

白い羊の毛糸と、ややベージュがかったアルパカの毛糸。いずれも私が紡いだ毛糸です。前日に焼きミョウバンを入れた水で媒染の処理をしてあります。

赤玉ねぎの染色 (2)

赤玉ねぎの皮はこれだけ。レギュラーの大きさの鍋で十分な量です。
皮を1時間ほどぐつぐつ煮て、色を出します。

赤玉ねぎの染色 (4)

こんな色になりました!
ここに毛糸を投入。再び火にかけて、コトコトまた1時間。火を止めてからは鍋に毛糸を入れたまま一晩放置します。
染色液の色からして、やはり本の通り、こげ茶になりそう。・・・と思いますよね・・・!

翌日、サンルームのフロアに置いておいた鍋のふたを開け、ドキドキしながら毛糸を取り出してみると・・・

赤玉ねぎの染色 (5)

えーーー?!
こ、こげ茶どころか、茶色でもないし黒でもない!
これは・・・何とも美しい黄緑色というのでしょうか、オリーブ色というのでしょうか。

赤玉ねぎの染色 (3)

左の濃い色のほうが羊、右がアルパカです。
アルパカファームの友人によると、アルパカのウールは羊毛に比べ色がやや褪せるそう。でも私、どちらも好きです!

草木染めでグリーン系の色を出すのは難しいと聞いたこともあります。
こんなきれいな色に染まることが分かっていたら、もっとたくさん毛糸を入れていたのになあ。

染色は、時に予測していなかった結果になることがあるそうです。媒染剤、使った鍋の材質や水質などの組み合わせで、発色は繊細に微妙に変わってくるのですね。思わぬ色に染め上がる、その意外さも楽しい!

赤玉ねぎの染色 (6)

わずかな量だからセーターは編めないけれど。セーターの編み込みに使えばアクセントになるかもしれない。どんな色と一緒に編もうかな。どんな模様にしようかしら。わくわくわくわく。
想像を膨らませながら、今でもうっとりとこの毛糸を眺めています。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.05.20 19:45|ワイルドフード
アイルランドの春は、わらびやゼンマイ、イラクサなど山菜が豊富です。知らなければ通り過ぎてしまいますが、食べられる自然の恵みが身近にあることに気づくと嬉しいものですし、摘んでいるとまるで自然の一部になれたような気分になってワクワクしてしまいます。
自分の口に入れるものだから、この植物はきれいな場所で育っているよね、大丈夫だよね、とどこかで確認している自分がいて、それが、きれいな空気やきれいな水を守っていかないといけないなあという意識に自然とつながっていく感覚。私にとっては、これが一番の収穫かなあ。

アイルランドの山菜の代表格と言えば、ワイルドガーリックではないでしょうか。(こんな記事も昔書いていました!→「ワイルドガーリックの移植」)
日本語ではラムソン、クマネギなどと呼ばれるそうで、アイルランドでは4月になると葉の部分を収穫してペストを作ります。

ワイルドガーリックのペストは私が友人たちとやっているガーデンクラブのランチで持ってくる人がいたりして、食べたことは何度もあるものの、自分ではこれまで作ったことがありませんでした。
我が家から歩いて5分ほどのところに、ワイルドガーリックが群生する場所があるのですが、ここはカトリーナというご近所さんの私道。気軽に散歩したり、自由に行き来してよね、とは言ってくれているものの、プライベートの道端でせっせとワイルドガーリックを摘むのはやはりどうもずうずうしい。
今年になって見に行ってみるとカトリーナのワイルドガーリックは更に繁殖していて、今がまさに収穫時。それでも。ね~、と思いながら眺めていると、カトリーナの近くに住むジャッキーとセッジが歩いてきました。

「ここのワイルドガーリック、どんどん増えてるわよね」

「本当に!収穫してペストを作ってみたいなとは思うけど、勝手に摘むのは心苦しくてね」

「全然(カトリーナは)気にしないと思うわよ!」
「むしろ、誰かが摘んでくれたほうがいいんじゃない?これだけあるんだから」

というような会話をしました。

そうだよね。摘めたらいいよね。思い切って、カトリーナに訊いてみればいいんだよね。

そして数日後。

ワイルドガーリック2021 (2)

カトリーナの道はブナの大木が並び、ただでさえ美しいので私はよくダロックくんをボギーに乗せて散歩に行くのですが、ここでカトリーナに会うことができました。
彼女はステンドグラス作家で、我が家の土地の隣にかわいらしい木造の工房を持っています。彼女は今、アイルランドステンドグラス協会に所属する作家たちのコラボレート作品を作るため、集められたグラスアートの一つ一つをつなぎとめていくデリケートな作業の真っ最中。
「ああエリカ、みんなから集まった作品がね、とっても美しいのよ!ちょっと時間あるならぜひ見に入って、こっちこっち」と工房に案内してくれました。

繊細で、さまざまなメッセージのこもったグラスのかけらたちは、光にかざすと色も表情もまた変わって、ほれぼれする美しさ。それぞれの作品について熱心に説明してくれるカトリーナを見ていると、ああ、この人は本当にこの仕事が好きなのだなあということが伝わってきます。ほかにも、子どもの話、ガーデニングの話、私の糸紡ぎの話、カトリーナも昔没頭していたという染色の話で盛り上がりました。そして、ワイルドガーリックのこともこの時、訊いてみたのです。
「まったく構わないわよ!自由に摘んでちょうだい。私もときどき料理に使うけどトッピング程度だから全然減らないの」

と快いYesをいただきました。わー、嬉しい。
彼女の工房をあとにし、そのまた数日後。紙袋をボギーに入れ、自転車に乗るショーンも連れて、念願のワイルドガーリック摘みに出かけました。

ワイルドガーリック2021 (3)

生い茂ってる!!!
大きくて元気な葉を選んで、収穫していきます。5月になると白くてきれいな花を咲かせるワイルドガーリックですが、収穫は花が出てくる前が望ましいそうです。

袋にいっぱいのワイルドガーリックを収穫させてもらいましたが、振り返って見ると私が摘んだ形跡は見事にゼロ。よかった。これなら来年も元気に増えてくれそうです。

ワイルドガーリック2021 (5)

さっと洗って、オリーブオイル、ナッツ、パルメザンチーズ、塩こしょうと一緒にブレンダーにかけるだけで出来上がります。
パインナッツを使うレシピが多いようですが、私はキッチンにあったウォールナッツを使いました。2回目に作った時は、オーブンであらかじめローストしておいたヘーゼルナッツで。風味が微妙に異なり、こちらも美味。
ブレンダーという機械はあると便利なのですが、音もうるさいし私はあまり好きではありません。電気を使わず、包丁やペスト作り用のナイフで根気よくすべての材料を細かくしていったほうが、風味が損なわれずおいしくできると書いてある本もあります。時間のある時にやってみよう。

ワイルドガーリック2021 (4)

煮沸消毒したガラス瓶にペストを入れ、ペストが空気に触れないようオリーブオイルをたっぷり上にかけてからふたをして、ワイルドガーリックのペストが完成です。冷蔵庫で保存して、もう3週間ほど経っていますがまだ食べられます。

ワイルドガーリック2021 (7)

定番はなんと言ってもパスタ。ゆで上がったパスタに絡め、塩加減を調整するだけで簡単なランチになります。我が家のビニールハウスで収穫したサラダと一緒に。
クラッカーに乗せて食べたら、こちらも感動的なおいしさでした。作ってよかったー!

5月に入った今でも、夕方の時間帯によくカトリーナの私道を散歩します。
西日を受けたワイルドガーリックは、美しい白い花を咲かせ、それは見事です。

ワイルドガーリック2021 (1)

なんてきれいなんでしょう!

ワイルドガーリック2021 (6)

自然が織りなす美を見つめながら、カトリーナの工房で見た人の手が織りなすグラスアートの美しさも重ねていました。
どちらも劣らず美しい。

たくさん作ったワイルドガーリックのペストは、カトリーナにおすそ分け、ジャッキーとセッジにも。どうせなら仲良くしているほかのご近所さんにもと配っていたら、結局手元に半分ぐらいしか残りませんでした。
でもいいのです。
カトリーナはメッセージをくれて、ペストがあまりにおいしくて、2日間ほどで食べ切ってしまったとのこと。そんなに喜んでもらえたのならと、もう一瓶届けてきました。

同じ土地に暮らす人たちで、その土地に育つ食べ物を共有できること。これって、すごく幸せなことだと思いませんか。
また来年、こんな風に収穫して、こんな風におすそ分けしながらペストを楽しめたらいいなと思います。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.05.15 08:38|毛糸と私
先週土曜日に開催された、私の初オンライントークイベント、どうにか無事に終了しました。主催者の十時由紀子さん(出版舎ジグ)によると、当日は80名以上の皆さんがご参加くださったそうです。な、な、なんということでしょう!
嬉しいですね~。
皆さん、ありがとうございました!

イベントでは、新型コロナウイルス規制のもとで国としてどんなことが起こっているか、人々の暮らし、アイルランド音楽のシーンの今という話から、我がオコナー家の暮らしぶりと私の手仕事までをたくさんの写真を使ってご紹介させていただきました。
ちょっと欲張りすぎたかな~というほどの内容で、案の定時間が押してしまいましたが、パットの生演奏も楽しんでもらえたようだし、「アイルランドにいるような時間でした」とのコメントがとても嬉しく、下準備も当日も大変だったけれど、やってよかったな、またやってみたいなと思えるイベントでした。私一人だったらオンラインイベントをやろうなんて絶対に思いつかなかったはずです。こんな機会をくださった由紀子さんに、心から感謝しています。

トークイベント用に、糸紡ぎか編み物の動画を数分のものでいいので作れますか?と由紀子さんにご提案いただきました。せっかくだから、あまり見る機会がないかもしれない糸紡ぎの様子を動画にしたら面白いかもしれないと思い、事前に撮影したものをイベントの中で流しました。

こちらです。



せっかく動画を作ったので、YouTubeに載せてみようと思い、キャプションを追加したりとちょっと編集をしてみました。うーん、動画で見てもらうのも面白いんだなあ。
私はブログ記事を書くのにも何度も読み直し、書き直すので何時間もかかってしまうのですが、動画の作成はそれこそ何日もかかってしまいました。たった3分そこそこのビデオなのに、キャプションの位置や音楽の挿入、YouTube用のサムネイルやら何やらを、どうせならきれいにやってみようと思ったのが最後。こんな大変な作業になるとは・・・いつか慣れてくるものなのでしょうか。

トークイベント終了後に、遅めのランチを食べていったんパソコンから離れたものの、頭がパンク状態で興奮冷めやらぬ私。どこか違う次元の空間から急に舞い戻ったかのような浮遊感覚がどうしても抜けません。
当日はなるべく緊張しないように、準備もできることはしたのだし、こわがることは何もないわ、できることを大らかな気持ちでやればいいのよ、と自分に言い聞かせて臨んだイベントでしたが、やはり、よほど力が入っていたのでしょうね。

ダロックくんをボギーに乗せて、外の空気を吸うべくウォーキングに出かけることにしました。
例年よりやや涼しい5月でも、カッコーが鳴き、つがいになったツバメが屋根の上をひゅんひゅんと飛んでいきます。若葉がますます美しい。深呼吸をゆっくり、何度もしながら歩くと、いっぱいだった頭の中がしだいに落ち着いてきました。

おかげさまで、イベント終了後に私の本『見飽きるほどの虹』が購入してくださった方々がいらしたそうで、これも私にとってはとても嬉しいお知らせでした。どうもありがとうございます。全国の書店にてご注文できますが、出版舎ジグのサイトからもご購入が可能です。お友だちやご家族への贈り物にもぜひどうぞ。刊行書籍『見飽きるほどの虹』(出版舎ジグ)

トークイベントの翌日は私の誕生日だったので、家族に甘え、のんびり過ごしました。ダロックくんのお昼寝に合わせ、また少し糸を紡ぎます。

グレイロムニー

紡ぎ仲間のスーザンから買い取った、これまたロムニーという羊のライトグレイ色のウール。既に洗ってあったのでそのままでは紡ぐことができず、ドラムカーダーという道具を使って一度梳かしてから紡ぎます。
これまでにかなりの量を紡いだので、またセーターが一枚編めそうな予感。

YouTubeに動画も上がったことだし、しばらくはパソコン画面とにらめっこするのはやめて、ときおり太くなったり細くなったりする愛らしい毛糸の感触を楽しみたいと思います。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2021.04.28 07:20|ごあいさつ / ご案内
アイルランド不定期便読者の皆さんこんにちは。
今日は皆さんにイベントのお知らせをさせていただきたく、記事を更新しています。

5月8日土曜日、夜の8時から、私のオンライントークが開催されます。

題して
巣ごもり!アイルランド 小さな村の暮らし(クリックするとお申し込みのページに移動します)

視聴参加は無料です。

当日は我が家からの生中継で、zoomというアプリを使ってオンラインで皆さんにお目にかかります。
主催は私の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」の版元、出版舎ジグの編集者、小熊由紀子さん。当日も、彼女がイベントを進行してくださいます。

新型コロナウイルス対策による規制の中のアイルランドの様子や人々の暮らし。
セッションなどアイルランド音楽を取り巻く環境の変化。
そして後半には、我がオコナー家の暮らしぶりと手紡ぎ、編み物、染めなど私の手仕事の今をご紹介したいと思っています!
キッチンから、パットのフィドル演奏も少しだけお届けします。

オンライントーク1

イベントのさらに詳しい情報は、出版舎ジグのサイトをご覧くださいね。

出版舎ジグ Presents 巣ごもり!アイルランド 小さな村の暮らし(クリックするとページに移動します)

私にとっては生まれて初めてのオンラインのイベントで、うまくいくかしら、大丈夫かしらと今からドキドキしています。
しゃべり続ける私の顔をずっと見ていてもおもしろくないので、たくさんの写真を用意し、動画なんかも挿入しながら楽しい時間になったらいいなと思っています。

企画が進むにつれ、告知も含め細かい準備がたくさんあることが分かりました。時間をやりくりしながら今でも作業を進めています。
糸紡ぎと編み物は少しの間おあずけ。でも、その分久し振りにトライするトークを楽しみにしています。

どなたでも大歓迎です。皆さんからのお申し込みをお待ちしています!

オンライントーク2

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

パットの父ダンの妹であるマーガレット叔母は修道女でした。いつでも修道服に身を包み、顔周りもベールで覆い、いつも大きな十字架のついたネックレスを首から下げていました。

マーガレット叔母はびっくりするほど小柄で、パーキンソン病を患っていました。いかにもか弱い女性といったところですが、鋭い目といたずらっぽい口元が印象的でした。

パットの父方はケリー北部の村の生まれで、彼らが子どもの頃はまだアイルランド語がかなり日常の中で使われていた地域です。亡き父ダンも、口癖のように使う言葉がアイルランド語の単語だったりして、幼かったパットたちも子ども心ながらに意味を理解していたのだそうです。

そんな背景もあって、マーガレット叔母はコーク州の地の果てのような漁村にある修道院に生涯暮らしながら、地元の小学校でアイルランド語を教えていました。
そう、この時代はまだカトリック教会がアイルランドの教育システムを担当していたのですね。

10年以上も前に、とある席でこの漁村出身の男性と会食をしたことがあります。パットが「ああ、僕の叔母がそこの修道院にいるんですよ」と話すと、さすがに小さな地域コミュニティーなので「なんて言う名前の方ですか?知ってるかもしれない」

ファーストネームはマーガレットでも、修道女になると与えられる名前というのがあって、彼女の名前は「シスター・アイタ」でした。

「シスター・アイタ!アイルランド語の先生でしょう?僕が小学生の時に習いましたよ。厳しい先生でね、みんなからこわがられてましたよ!」

そんなマーガレット叔母が、娘のリラが生まれた時に贈ってくれたのは女の子の赤ちゃんのためのお祈りカード。教会で買い求めることができる、健康祈願のようなものでしょうか。
ショーンが生まれた時にも、男の子用のお祈りカードを手書きのメッセージと共にていねいに送ってくれました。
去年の4月にダロックくんが生まれる前に屋根裏にしまっておいたベビー用品を一斉に出して整理していたら、このカードが出てきました。

あら、懐かしい。

ベイビーカード

A BLESSING FOR BABY
Watch over him, Lord
This child that we love
Watch over him, Lord
From your heaven above
Keep him from harm
Loved let him be
Watch over him, Lord
As you watched over me

神よ、この子を見守りたまえ
私たちの愛するこの子を
神よ、この子を見守りたまえ
あなたのいる天国から
あらゆる害からこの子を守りたまえ
この子を愛したまえ
神よ、この子を見守りたまえ
あなたが私を見守ってくれたように

私たちに宗教心はひとかけらもないけれど、これはマーガレット叔母からもらったパワーのあるカードのような気がする。
ダロックくんの寝ている木製のベビーベッドに飾ることにしました。

晩年はパーキンソン病がひどくなり、ダブリンのお姉さんが手配した修道女や僧侶の人たちが入所する介護ホームで過ごしました。

ダロックくんはマーガレット叔母からカードを贈られることはなかったけれど。きっとダロックくんが生まれたことも天国から見て知っているのだろうな。そんな気がします。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と5人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links