2018.03.13 01:26|毛糸と私
先日、ちょっと嬉しいことがあったのです。

皆さん、この帽子を覚えていますか?

パットさんの帽子 (1)

アルパカも、紡いでいます」というタイトルの記事に載せた写真です。

この帽子は、私にアルパカの原毛をくれたフィークル村出身の農夫パットさんのために、私が編んだものです。パットさんからもらったグレイのアルパカ、そしてパットさん自らが飼育する黒い羊の毛の2種類をそれぞれ紡ぎ車にかけて紡ぎ、それらを一緒に撚った毛糸で編みました。
3本撚りの毛糸なので、極太に近い太さです。パットさんは農夫だから、冬でも風を通さないかっちりした帽子がいいんではないかしら。それもなるべくシンプルで、折り返して被るかもしれないからリブの部分は長めがいいんではないかしら。そんなことを考えながら何度か編み直して作った帽子です。
原毛をくれたお礼に作ったこの帽子は、村の郵便局のブライアンが「パットに渡しておいてあげる」と言ってくれたのでそのままブライアンに預けました。

それが2年前のこと。

あの帽子がパットさんに手渡されたのか、包みを開けて見てくれたのか、かぶってくれたのか。何も分からないままでした。
たまたま顔を合わせてもパットさんは何も言わないし、そうすると私も何も言いません。
少なくとも気持ちは伝わっただろうから、もういいわね。

そう思っていたのです。

我が子どもたちが通う音楽スクールの企画で、アイルランド音楽を学ぶロンドンの子どもたちとの交流会があり、娘と連れ立って行ってきました。翌日はフィークルの村のパブで音楽のセッション。パブは音楽を学ぶ子どもたち、その親、地元の音楽好きの人々で賑わっています。

そこへ、ふらっとパットさんが入ってきました。

夜の10時を回る時間なのに、パットさんはまだ農作業用の長靴に泥だらけのジャケットという出で立ち。
パットさんの姿をとらえた瞬間、気づきました。

私の帽子をかぶってる・・・!

するとパットさんは自分の頭を指さして「You saved my life」(君に救われたよ)

「それ、私があげた帽子?」と訊くと、ゆっくり頷いてまた「...You saved my life」。
パットさ~ん!!

思わず「ああ嬉しい!ちゃんと使ってくれてるんだ!」と言ってパットさんの頭に乗った帽子に触ると、干し草やら泥やらで明らかに汚れているのが分かります。
私が思っていた通り、農作業用に使ってくれている。

そして、リブは私が思っていた通り、折り返してかぶっている。

何とも言えない幸せな気持ちになりました。

パットさんの帽子 (2)

お酒の飲み過ぎでパブのカウンターでそのまま寝てしまったり、突然起きて歌い出したりすることもあるパットさん。
彼を取り巻く環境は決して優しくはないかもしれませんが、せめて頭だけはしっかり防寒できているみたい。

パブでは次々にアイルランドの古い曲が繰り出されます。たくさんの軽快なリールとジグ。
アイルランド語の歌を座ったまま誰かが歌い、小さな男の子や女の子たちが出てきてセットダンスを披露します。
明日の朝は学校よ!なんてナンセンスは誰も口にしない田舎のパブで、娘と弾くアイルランド音楽は日付が変わるまで続きました。
音楽とパットさんの帽子のおかげで、心が躍るような夜となったことは言うまでもありません。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)キャンベルズ詰め替え用 (5)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpgDSCF8798.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (1)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.09 00:49|毛糸と私
学生時代に渋谷の町のどこかで買ったセーターを、未だに持っていました。
パターンなど何もないシンプルなセーターで、桃色の控えめなグラデーションがきれいです。これは私の色だな!とピンと来て迷わず購入したことを今でも覚えています。

ほどいて編み直す (5)

このセーターは大きめに作ってあって、がばっと着れます。そのためほぼ部屋着の感覚で愛用していました。
自分の持っている服の素材が何であるか、以前よりも敏感になってからはこのセーターが羊毛100%であることにも気づきました。洗濯方法などの表示はなく、メーカーの名前もありません。唯一のラベルには、ただ「WOOL 100% MADE IN NEPAL」とあります。ネパールで作られたのかあ。

素材も色も好き。
でもただ一つ気になる点が。どうも形がよろしくないのです。
カジュアルに羽織れるのは嬉しいのですが、もう少し私の体に馴染んでくれる形であったならもっと愛せるのにな。もったいないな。どうにかならないかな。

悩んだ末、思い切って一度セーターをほどき、自分で編み直してみることにしました。

ほどき始めると、思った通り良い毛糸です。
メリノウールのようななめらかさはなく、しっかりとした羊毛本来のらしさを備えた私好みの毛糸です。
これはほどいて編み直す価値がある。

ほどいて編み直す (4)

上に向かって薄くなっていく淡いグラデーションがそのまま残るように編みました。袖を元のものより心持ち長めにしてみると、袖口が手の甲をてろっと半分覆ってくれ、これが誠に気持ち良いのです。だぼだぼだった袖が消え、シェイプのなかった胴部分もすっきり。
着心地は、抜群です。

編み終わると、毛糸がだいぶ余ったようです。
この分軽くなったということなのでしょうね。

ほどいて編み直す

メーカー名のないネパールで作られたセーター。もしかして手編み?と期待したこともありましたが、自分の手編み部分と比較してみると機械編みであることが一目瞭然。残念!

今回の経験を通して、手編みの編地が一番良いなあとつくづく感じました。この風合いは機械編みには絶対に出せない。手触りさえ、ずっと柔らかな気がします。

ほどいて編み直す (2)

新しいセーターを買う必要はありません。
自分の手で作る力があれば、生きる力があれば、モノを丹念に使い込むことができ、形を少しずつ変えながらモノがよみがえっていく。この感覚が好きです。

生まれ変わった桃色のセーターは、袖を通すたびにホッと嬉しくなるお気に入りのアイテムになりました。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.03.06 09:59|地域コミュニティー
なんと、アイルランドに大雪が降りました。
大雪といっても日本の雪国に比べれば大したことはないのですよ。それでも普段積雪がほとんどない国、雪の備えはゼロに等しいところへ何十センチという雪が降ったのですから、それはそれは大変な事態となりました。

雪の日2018 (31)

うわー。家の回りが一面真っ白!
どれくらい積もったのかというと、これくらいです。

雪の日2018 (25)

長靴が見えなくなりそう。
こんなに積もった雪を最後に見たのはいつのことでしょうか。アイルランドでは1982年以来の記録的な大雪ということです。
普段見慣れている風景が、まるで異国のように様変わり。

雪の日2018 (21)

雪はこの後も降り続き、レンスター、マンスター地方の学校は木曜日金曜日と休校になりました。いえいえ、休校どころかこれでは車を出すことすらできません。あらかじめ雪の警報が出ていたおかげで、アイルランドの人々が真っ先に考えたのは食糧の確保です。
「家に缶詰めになる!買い物に行けなくなる!食べ物十分に買っておかないと!」というわけですね。

雪の日2018 (22)

まずスーパーの棚からパンが消え、続けて野菜、肉、冷凍食品といったあらゆるフードが完売。品だしが追いつかず、雪がやって来ると流通が遅れ、従業員も勤めに来られず、店は次々臨時休業に。こんな光景は初めて見ました。

雪の日2018 (9)

学校はお休み、仕事も休み。誰も身動きが取れないまま、雪はしんしんと降り続きました。

道路の視察も兼ねて家族で散歩に出ます。高齢で一人暮らしの女性宅に近づいたので「ちょっと彼女の様子見てこようかな」と言うと夫も「僕もちょうど考えてたところ。行ってあげなよ」。
ドアをノックするといつになくはつらつとした彼女が出てきました。「何も不便ない?大丈夫?」と訊くと「全然平気よ!むしろお天気がこうなってくれて嬉しいわ!だって今日ほどご近所さんが訪ねてきてくれた日ってないもの」と言います。

午後になると、外で遊んでいた子どもたちが家に駆けこんできて「今ジャッキーたちが来るよ!水がほしいんだって~」
これまた近くに住む3人の女性が、いくつもの大きなプラスチックのコンテナを持ってわらわらと我が家にやってきました。
「私たちの水道管凍っちゃって、水が出ないの。水もらってもいいかしら?」「もちろんもちろん、いくらでも持っていってよ」
我が家の台所の水道からせっせとコンテナを満タンにしていく元気な女性陣。

「せっかく来たんだから何か飲んでいったら?寒い冬はこれに限るよ」と言ってブランデーとポートを混ぜたお酒を夫が作り、みんなにふるまいます。
外は雪。ストーブの前でみんなでちょっと強いお酒を飲んでおしゃべりをして、午後の時間はあっという間に過ぎていきました。
不便な暮らしはこうして人をつなげていきます。

翌日の午後になると、今度は隣人から電話がかかってきました。
「今からデイヴィッドが車のタイヤにロープ巻いてタラの町まで行ってみるって言ってるんだけど、何か欲しいものない?」とのこと。
「私たちの食糧は十分あるけど、サムのドッグフードがなくなる!」と思っていた矢先だったので、これをお願いすることにしました。数日前から切れていたブロードバンドのクレジットも買ってきてもらえることに。なんてありがたいんでしょう。

夕方、お財布を持って立て替えてもらっていた分を払いに行くと、同じ道に住むカトリーナとキャシーもやってきました。「キャシーはストーブで燃やすピートが少なくなってたみたいよ」と隣人。我が家だけでなく、近所のすべての家々に呼びかけて買い物をしてあげていたのですね。

一人暮らしの高齢の女性の様子も、隣人と確認し合います。
「昨日は会って元気そうだったけど」「今日も彼女大丈夫だったよ。今朝様子見に行って来たから」
おせっかいでも余計なお世話でもなく、ごく自然に気遣える心が嬉しいのです。

さて、打って変わって子どもたちは初めて見る大雪に大はしゃぎ。ショーンはそりやらスキーやらを手作りして準備万端の様子。
ん?これは壁材?

雪の日2018 (11)

長い長いつららを発見しては根元を折って、棒アイスのように食べてしまう子どもたち。きれい。

雪の日2018 (19)

雪と一緒に嵐も来ていたので、途中こんな風に雪のたまる場所が多々ありました。

雪の日2018 (6)

ここに夫が両手を広げて顔面から倒れ込み、みんな大笑い。
子どもたちも次々倒れ込み、するとここにちょうど通りかかったご近所さんと雪合戦が始まり・・子どもも大人も年など関係なく遊びます。
一日の締めはそり。急勾配の斜面を見つけ、段ボールやプラスチックの袋を使って二家族で何時間も滑りました。

雪の日2018 (16)

こっちこっち!

近所づきあいと聞くと「面倒くさい」というネガティブな反応を示す人も多いかもしれません。
アイルランドにもいろいろな性格の人たちがいます。人付き合いが苦手な人、寡黙な人、面倒くさがりの人、恥ずかしがり屋の人・・・。
でも、どんな性格の人であっても、最低限の人への配慮や心遣いは誰しも持っているものです。
自然災害など困った事態に陥った時、こうした他人に対する心くばりに私たちは救われます。

たまには不便な暮らしもいい。
いえ、できることならわざと不便さを残していける暮らしがいい、と思います。

日中も気温はマイナスのまま。でも、おかげで心はポカポカです。
雪に閉じ込められた3日間は、穏やかに過ぎていきました。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.02.21 14:23|動物と暮らす
今年の冬も地域の狩りに参加した娘。今回ははぐれることなく狩りのグループと同じコースを雨の中見事に完走しました。
くたくたに疲れて帰ってきましたが、楽しかったようです。我が家のポニー、ディーノも何十頭もの馬と一緒に走り大興奮だったとか。よかったわね~。

Hunt 2018 (1)

村に戻るとパブには狩りを終えた人々のためにサンドウィッチと熱いスープが用意されていたそうです。さぞかしおいしかったことでしょう。
狩りは数時間にわたって行われますが、その間「鞍を使わないで乗ってる女の子の二人組がいるぞ」ということが口コミで知れ渡り、二人はこの日だけ時の人に。「君たちだね、鞍なしで乗馬ができる女の子っていうのは!」「完走したんだね、すごいよ。私だったらとっくに落馬してるところだよ!」などと声をかけてもらったらしく、嬉しそうな笑顔の田舎の女の子たちなのでした。

Hunt 2018 (14)

数年前から、アイルランド田舎生活にまつわる短い動画を作ってみるのも面白いかなと思っていました。
そこで、今回の狩りでたまたま撮っていたビデオを編集し、慣れない作業ながら初めてアイルランド田舎生活の動画なるものを作ってみました。
私は書くことが好きなので、これからも書くことを軸に暮らしの様子を発信していくことには変わりありませんが、こんな短い動画がいくつかあってもいいかもしれません。

というわけで、初公開のアイルランド田舎生活のビデオ。
テーマは「狩り」です。どうぞお楽しみください!



望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

2018.02.14 02:21|レシピ
マヨネーズが好きです。
甘くて酸っぱくて何とでも相性が良くて、こんなに抜群の調味料もないわよね、と思います。

マヨネーズは、何も考えずスーパーで買ってしまうものですよね。
メーカーさんによって色も味も少しずつ違って、皆さんお好みのマヨネーズがあるのではないかなと思います。

我が家はいつもマヨネーズ業界の定番ヘルマンズ。子どもたちのランチに、ディナーのサラダにと活躍する場の多いマヨネーズは、切らしてはいけない台所の必需品です。

そんなマヨネーズが、実は自宅で簡単に、それも数分でできてしまうことをご存知ですか?

それも、市販のマヨネーズとは比べものにならないほど美味なマヨネーズができるんです。
これは試さない手はありません。
私のようにマヨネーズをよく使う、マヨネーズなしには生きられない!という方は、どんなに忙しい生活をされていても、わずか数分でできるこの自家製マヨネーズをぜひ暮らしの中に。

レシピです。

******自家製マヨネーズ 材料******
卵黄 2個分
サラダ油 200cc
マスタード 小さじ山盛り1
白ワインヴィネガー 大さじ1
塩 ひとつまみ

自家製マヨネーズ (1)

①室温の卵をボウルに割り、泡立て器を使ってよく溶きます。

自家製マヨネーズ (8)

マヨネーズ作りは卵が命。なるべくオーガニックの新鮮な卵を使いましょう。
我が家の卵はもちろん庭のニワトリたちが生んでくれた卵です。

自家製マヨネーズ (9)

②塩を投入します。塩加減は少なめにして、最後に味見をする時に調整しましょう。塩投入後もしっかり溶き続けます。

自家製マヨネーズ (6)

③サラダ油を足します。少しずつ流し入れるか、心配な方は数滴ずつ入れていってください。一気に投入すると分離してしまうことがあるので、焦らないことが肝心です。泡立て器で溶き続けることを忘れずに!しばらくこれを繰り返していくと、だんだん重くなってマヨネーズらしいクリーム状になってくるのが分かるはずです。この段階になれば足すサラダ油の量を多くしていっても大丈夫です。

自家製マヨネーズ (4)

④マスタードとヴィネガーを入れてしっかり混ぜ合わせます。すりおろしたニンニクやミックスハーブ、アンチョビのオイルを少し入れてもおいしいそうです。

⑤冷蔵庫で冷やしてできあがり!

自家製マヨネーズ (2)

今回のこのレシピでジャム瓶いっぱいのマヨネーズができました。
ヘルマンズのマヨネーズよりもずっと黄色い、コクがあっておいしいマヨネーズです。

自家製マヨネーズは市販のものほど日持ちがしません。
私が見ていたページでは少なくとも1週間は大丈夫、と書いてありました。

この量を1週間で使い切るのは大変かも・・という方は卵を1個にして、ほかの材料も半分にして作ってみるとちょうどよいかもしれませんね。
そうでなければ、週末にお友だちを呼んでディナーというのはいかがでしょう。同量のマヨネーズを作ってディップとして出せば、ちょっと贅沢なトッピングになりますよ。

マヨネーズのレシピはインターネットで調べるとたくさん出てきます。ぜひいろいろと試してお好みの自家製マヨネーズを見つけてみてくださいね。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links