FC2ブログ

アイルランドで納豆を作る

2011.01.21 21:47|我が家の食卓
海外に住むと、現地では手に入らない日本のものが恋しくなるのはどなたにも心当たりがあると思います。
特に食べ物は、日本食ならではの食材が多いので日本から注文したり、親に送ってもらったり、車を飛ばして買い出しに行ったり・・それでも食べたいものは食べたい!自分の体にしみこんだ故郷の味とはいつまでも忘れないもので、これは一生ものなのだろうと思います。

急に「ああ、あれが食べたい!」と思う日本の食べ物は多々ありますが・・・私にとっては「納豆」がその一つです。最近またあのネバネバの大豆の香りが恋しくなり、「そういえば納豆菌があったっけ」と思い出しました。
結婚した時に東京の友人からもらった「納豆菌」と「にがり」。もらった時は笑っていましたが、いざアイルランドに住み始めるとそこには真剣に納豆を作る自分の姿が。
今まで何度か作りましたが、からからに乾いてしまったり、菌がほとんどまわらずに煮た大豆のまま、なんてことがしょっちゅうでした。

今回もあまり期待せず、それでも説明書をしっかり読み直して煮加減やら納豆菌の入れるタイミングなどに気をつけました。納豆菌は白い粉状で、ほんの少量を水に溶いて回しいれます。
大豆も今回はずいぶん柔らかくなるまで煮て、冷めないうちに納豆菌を注入、煮沸消毒したスプーンで混ぜました。
40度前後を保ちながら24時間置くと菌が活動を始めて納豆ができます。本当はコタツが一番いいと本で読んだこともありますが、さすがにそれはないのでレンジに火をくべてその上で作りました。直に置くと熱すぎるので、鍋の下にもう一つ鍋を置いてこの鍋の中に水を入れ、さらに納豆の入った鍋をタオルでくるみました。

翌朝鍋を開けてみると・・・

納豆2

おおお~!今までにない上出来の納豆が!もう古くなってるかもと心配していた菌はしっかり生きていたようで、市販の納豆よりも粘り気があります。感激。
かなり大量に大豆を煮たので、ご飯8杯分ぐらいの納豆が一気に完成しました。

納豆は子どもたちも好きで、アイルランド人の夫も納豆を初めて食した日からあっさり何の抵抗もなく「おいしー」と評価。冬はレンジをつける日が多いので、納豆は冬のごちそう(?)となりそうです。
手作り納豆、ぜひお試しを。納豆菌は東急ハンズで売っているそうです。
素敵なプレゼントをありがとう、はせぴ!!

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links