FC2ブログ

アイルランド人の手

2010.12.16 20:04|外から見る日本
夫はアイルランド音楽で使われるフィドル(ヴァイオリン)を教える仕事をしています。
月曜日、中学生の姉妹とのいつものレッスンが終わると、一人が「新しい携帯なの」と言ってiPhoneを見せてくれたそうです。私は電話には疎いのでよく分かりませんが、おそらく最新のiPhoneです。中学生でiPhoneなんて、まあなんて贅沢なと思ったら、ちょっとおかしいエピソードが。

「本当はお父さんが自分用に買ったんだけど、お父さん指が太すぎてスクリーンを押しても三つくらい一緒に押しちゃって、使うのあきらめたからもらったんだよ」

ああ~、やっぱりアイルランド人・・そうだよねえ、こんな繊細な動きの必要な携帯、操れない人は当然いるよね~・・。
これから近い将来携帯電話はみんなこのタッチスクリーン型になるのでしょうが、彼女たちのお父さんのような人向けの市場も必要なんじゃないかと思います。

アイルランドに住み始めて早7年目になろうとしていますが、馬鹿にしている意味ではなくアイルランド人の中には指先が信じられないほど不器用な人が結構いて驚きます。と同時に日本人の手先の器用さはおそらく世界でもトップレベルで、こちらの人からしてみれば驚異的なのかもしれません。日本には昔から大変な修行を必要とする伝統工芸が全国にあるし、車など現代日本の技術産業を支えているのも、もとはこの日本人のきめ細かな美を尊ぶ精神があってこそなのだと思います。類稀な存在です。

アイルランド人はその不器用さに加えて体格などもだいぶ日本人とは違うし、このお父さんのように男性は特にグローブのような手の人たちがたくさんいます。農夫の手とでも言うのでしょうか。
よく「この人たちに折り紙折れって言っても折れないんだろうなあ」と思います。
我が夫もその例に漏れず、日本酒が好きなのですがパックの日本酒を開ける時についている蓋がどうしても開けられません。プラスチックの、穴が空いていてそこに人差し指を入れて手前に引く、あれです。「日本人は相当細い指をしてるんだろうね・・」とちょっと悲しそう。

我が夫はアイルランド人としてはむしろ器用な方だとは思うのですが、それでもリンゴのむき方を見て私の母が絶句していたこともあるので・・何とも言えません。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links