FC2ブログ

ヤギのミルクで子育てする

2021.06.18 07:09|アイルランドで子育て
もう一つ、ミルクの話をしましょう。
4月で1歳になった我が家の3児、ダロックくん。授乳の回数も自然と減ってきて、そろそろほかのミルク、牛乳などを飲ませはじめてもいい頃だなあと思っていました。

近所の有機農家さんから直接買っている生乳は、煮沸消毒をしていません。念のため、モーナに「赤ちゃんダロックにこの牛乳飲ませても大丈夫だよね?」と訊いてみました。

「Yes, もちろんよ!」

「でもね、ヤギのミルクのほうが消化しやすいよ」

おお!そうでした、そうでした。牛のミルクよりもヤギのミルクのほうがお腹にやさしく、特に赤ちゃんにあげるのに適しているという話は以前にも聞いたことがあったのです。実際に、4人の子どもを育てた私の義姉もヤギのミルクをスーパーで買って、子どもたちに飲ませていました。そう、アイルランドではヤギのミルクがちゃんと商品化されてスーパーの棚に並んでいるのですよ。

ゴーツミルク&ヨーグルト

ヤギのミルクでできたヨーグルト、子どもたちが小さかった頃はよくランチに持たせていましたっけ。

そんなわけで、牛乳を買いに行ったついでに、今度はヤギのミルクも一瓶購入してきました。牛乳とはだいぶ違うお味なので、ダロックくんどうかなあ。拒否されるかなあとも思っていたのですが、杞憂に終わりました。

ぐびぐびぐびぐび。

ヤギのミルクで子育て (1)

皆さんはヤギという動物のにおいをご存知でしょうか。数メートル先からにおう、人によっては鼻につくと感じる強烈なにおいです。ヤギのミルクにも、この独特の風味があります。ヤギのミルクで作ったチーズなども、好みの分かれる食品かもしれませんね。
ヤギのミルクと聞くと「ああ私は飲めない!匂いがダメ!」という反応をする人が多いのですが、私の近所の農家さんのヤギのミルクは、不思議とこのくさみがありません。ミルクが新鮮であればあるほど、この独特のにおいはマイルドなのです。
ちなみに、牛のミルクのほうが甘みがあるそうですよ。

これがミルクの提供者さんたち。

ヤギのミルクで子育て (2)

ありがとう~。
この農家では、朝と夕方にヤギのミルクを手搾りしています。そういえば、昔こんな記事も書きましたね→「ママ、ヤギの乳しぼりで遅くなるから」
私の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」でも触れています。

我が家は、幸いなことに夫パットも私も、また上の子どもたち二人も食物アレルギーがありません。ダロックくんも今のところ何の問題もなく何でも食べてくれる赤ちゃんで、ホッとしました。
食物アレルギーにならないように、小さい頃から何でも食べさせるといいのよ。特定の食品を与えないとか、ある食べ物や飲み物を過多にあげるのもよくないのよ。私の信頼する、自然食に詳しい友人からもらったアドバイスです。

これからしばらく、このヤギさんたちのお世話になりそうです。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と5人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links