FC2ブログ

ヨーグルトは買わない。自分で作ろう!

2020.03.06 09:53|レシピ
アイルランドの乳製品は、濃厚でクリーミーでとってもおいしいことで有名です。バター、チーズにヨーグルト。アイルランドの乳製品はすべて100%国産の牛乳から作られています。スーパーマーケットで普通に売られている国内大手メーカーのものでも、驚くほどのクオリティー。アイルランドの人たちは、こんなにおいしい乳製品を毎日普通に口にしているの?羨ましい~、とよく言われます。

そのひとつ、ヨーグルトもバラエティーが豊富でたっぷりの容量。こんなに入っていてこの値段?というのも嬉しいところ。加糖やよく分からないフレーバーが加えられたものよりも、高品質のプレーンなヨーグルトにブルーベリーやいちごなど果物の粒まで楽しめるような正統派のヨーグルトが多いようです。

ヨーグルトは我が家の冷蔵庫に常時ある食品なので、日本に帰省しても夫のパットさんは「ヨーグルトを買おう」とスーパーへ向かいます。ヨーグルトの並ぶ棚の前に立ちすくむパットさん。

「・・・普通のヨーグルトはないの?」

プレーンヨーグルトを買って口にすると、

「何だろう、この味・・・」

微妙な反応だなあ。

乳酸菌たっぷりの発酵食品ヨーグルトは整腸作用があるし、免疫力を高めたりさまざまなアレルギーにも効果があると言われるまさにスーパーフードです。毎日小皿に少しでもヨーグルトを食べていると、私も体の調子がいい気がします。

アイルランドの市販のヨーグルトがいかにおいしいかという話をしたあとでなんですが、私は実はヨーグルトをもう買っていなくて、自分で作っています。作り方は、こんなに簡単にできちゃうものなの?と拍子抜けするほどシンプル。今日はそんなレシピのご紹介です。

******自家製ヨーグルト 材料******
プレーンヨーグルト 大さじ1
牛乳 500cc

自家製ヨーグルト (19)

牛乳を温めるお鍋、ヨーグルトを作る容器(ふた付き)、ミニ泡立て器、それに温度計があると大変便利です。ヨーグルトを温かい状態に保つため、私はティーコージーを使っています。

牛乳は低脂肪のものなどは避けて、できれば成分無調整のものを。ちゃんとした牛乳を使いましょう。濃厚でおいしい牛乳を使えばその分おいしいヨーグルトができます。
種として使うヨーグルトも、乳酸菌が生きているプレーンのものを選んでください。

私が使う牛乳は、もちろん近所の有機農家さんから買っている生乳(「搾りたての牛乳を買いに」)。

モーナの生乳

ヨーグルトも牛乳も、厳密に量る必要はありません。あらゆる発酵食品は菌が繁殖してできるので、乳酸菌がうまく増える環境さえ作ってやれば、失敗なくおいしいヨーグルトができます。

自家製ヨーグルト (1)

①牛乳を火にかけます。

自家製ヨーグルト (16)

②温度計を入れて、45℃まで温めます。
菌が繁殖しやすい温度にするのが重要なので温度計は便利です。

自家製ヨーグルト (11)

私は少し前に愛用していた温度計を床に落として割ってしまいました。ヨーグルト作りには慣れているので、今では手で触れてだいたいの適温を確かめながら作っています。

自家製ヨーグルト (15)

③ヨーグルトを作る容器に種のヨーグルトを投入し、ここに温めた牛乳を流しこみます。泡立て器で混ぜます。

自家製ヨーグルト (9)

④容器のふたを閉めて、ティーコージーをかぶせてあたたかい場所に7~8時間放置します。ティーコージーがなければタオルなどで容器をくるんでもOK。こたつに入れたり、保冷バッグなどを使う手もあるそうですよ。

サンルーム2020 (2)

今日は外の気温が7度ほど。でも一日中晴れていて、我が家のサンルームからは日差しがたくさん入りリビングルームはぽかぽかです。こんな日は窓辺に置いておくだけでもヨーグルトはできてしまいます。

自家製ヨーグルト (20)

⑤放置後、ふたを開けてみると・・・あっ、ヨーグルトらしくかたくなってます!完成!冷蔵庫で冷やします。

自家製ヨーグルト (8)

ほどよく冷えたらそのまま食べてもおいしいですが、我が家では自家製ジャムと一緒にいただくのが定番です。これは夏に作った黒スグリのジャム。
はちみつをたらしてもおいしいし、果物やドライフルーツ、ナッツなどを入れれば最高のおやつになります。

さて、忘れてはならないのは、これからもヨーグルトを作り続けたい場合は最後まで食べ切らず、大さじ一杯ほどのヨーグルトを次に継ぐ種として残しておくことです。
つまり、一度自家製ヨーグルト作りが成功すればあとは牛乳を買うだけでいいというわけ。

皆さんも、週末にぜひ試してみてくださいね。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links