FC2ブログ

羊からセーターができるまで

2020.01.30 02:58|毛糸と私
見て見て!
今年の冬の編み物プロジェクトの一つ、パットさんのための手紡ぎセーターがやっと完成しました~。

パットのロムニーセーター (1)

使ったウールは、去年の夏に紡ぎの会のメンバーを通して購入したロムニーという品種の羊の毛。
羊さんたちは私の住むクレア州のお隣、ティペラリー州のロイさんという羊農家で飼育されているそうです。正真正銘、アイルランド産のウール。ロムニーは毛が長く、白やグレイ、黒など色もバラエティーに富んでいて、昔から良質なウールの羊として知られています。
入手してからというもの私はすっかりこの羊毛の虜となってしまい、紡ぎ仲間の女性たちにもどんなにこのウールが気に入ってしまったかを熱く語っていたのでした。
すると、「エリカ、私のところにロムニーの白とグレイが余ってるの。そんなに好きなら、それも譲ってあげられるわよ」

喜んで、買います!!!

そんなわけで、これ以上原毛は買わない、もう家の中が原毛であふれかえってしまう・・という私の誓いはあっさりと破れ、自宅から20分ほどの森の中に住む女性宅までるんるん気分で一人車を走らせたのも、去年の夏のこと。

毛が長ければ長いほど紡ぎ手にとっては嬉しいものですが、羊農家のロイさんは紡ぎという手仕事についても心得のある方らしく、なるべく藁やごみなどのついていない、状態のいい原毛を選んで分けてくれているそうなのです。この気配りがありがたい。
でも、それだけではありません。

このウール、今まで紡いできたアイルランド産の羊毛の中で一番やわらかいかも。

ロムニーウール (4)

日本でよく知られているメリノウールのような柔らかさとは違いますが、チクチクした感じは、少なくとも私はまったくしません。
これだったら、手触りのいいセーターが編める。

そうとなればさっそく作業開始です。

まずはこのふわふわの、形のない羊の毛を糸にするところから。どうしてこれが毛糸になるのか。不思議ですよね。

ロムニーウール (2)

今回は、友人から長期で借りているこちらの紡ぎ車を使って紡ぎました。

ロムニーウール (3)

アイルランド北西部、ドニゴール州で昔から手作りされているこれまたアイルランド産の紡ぎ車です。この紡ぎ車については、また別の機会を設けてご紹介させてください。

ロムニーウール (1)

ほら。少しずつ、糸になってきましたよ。

ロムニーウール (6)

パットさんのセーターのメインカラーとなったこのウール。何色といえばいいのかしら?黒?ダークグレイ?ダークブラウン?
よく見ると、ところどころグレイがかっていたり赤茶色や白が入っていたりします。

ロムニーウール (5)

何とも形容しがたい色。人の手では作れない、自然な色だと思いませんか。

パットのロムニーセーター (2)

今回のパットさんのセーターもまた、私がここ数年習得中のアイスランドの伝統的なセーター、ロピのスタイルにならって編みました。本来なら袖や裾部分にも異なる色で模様が入るのですが、「なるべくシンプルに」というパットさんの要望に応えて模様は胸元に限定。それもなるべくプレーンな模様を選んだ・・・つもりです。

パットのロムニーセーター (3)

模様部分に使った糸も一色のみ。もちろん、ロイさんの農家からやって来た同じロムニーのウールです。

お正月明けに完成したこのセーターに袖を通したパットさん。「着心地が良くてあったかい」と大喜び。よかったよかった。

原毛を紡いで糸にして、今度はそれを編んでセーターを作るなんて気の遠くなるような作業だと思われるかもしれませんが、案外あっという間に仕上がるものです。もちろん何時間という時を費やしてはいるわけですが、一冬という時間をもらえれば少しずつ作業を進め、形にしていくことができます。

何より、こんなセーターはお店で見かけて購入したセーターとは違って、特別な思い入れがあるもの。「どこで手に入れたか覚えてないや~」ということは、まずありません。大切に着てくれるはず。
そんな「もの」との関係。「衣」との関係が暮らしの中にあること。私にとってはとても大切な、暮らしの断片です。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links