FC2ブログ

プラスチックはもうたくさん!

2019.10.17 01:24|環境 / エネルギーを考える
私にとって、日々の暮らしの中で常に悩みの種となっているのがプラスチックです。
ここ数年世界中で深刻な環境問題として取り上げられているプラスチックは、私たちの日常生活で見かけない日はありません。

なるべくプラスチックでできたものは買わないようにしていますが、それでも私の脇をすり抜けて我が家に入り込むさまざまな形状をしたプラスチック。
数年居座るプラスチックもあれば、わずか数時間でごみ箱行きのプラスチックもありますね。いずれにしても、プラスチックをごみとして捨てる時の罪悪感と言ったら!表現のしようがありません。ああ~~。

家にあるプラスチックを今すぐすべて駆除することは不可能としても、まずはほぼ使い捨て=短命のプラスチックを使わないようにする必要がある。消費者としてできることは、今日からでも始めなければなりません。
アイルランドでは、スーパーで買い物をする際ほぼ100%の人々がショッピングバッグを持参するので、スーパーのビニール袋が増えることはまずありません。ここは少なくともクリアしていたいところ。

まず私がタックルを考えたのが、お肉屋さんです。
我が家では週に一度だけお肉を使ったディナーを食べます(お肉を食べないパットさんを除く)。このために、木曜日になると私は行きつけのお肉屋リアムのところに行き、その週にいただくお肉を求めます。ついでに週末の朝食で子どもたちと食べる自家製ソーセージも何本か。決して大きな買い物ではないはずなのに、ディナー分のお肉がビニール袋に、ソーセージが別のビニール袋に、さらにその2袋を今度は手提げのビニール袋に入れてリアムは手渡してくれちゃうのです。手提げ袋は別にして、残りの2つのビニール袋は汚れるのでアイルランドではリサイクルごみに入れることはできません。

くしゃくしゃになってシンクに沈むビニール袋を毎週眺めては落ち込み、「これどうにかならないものかしらん」とため息。

自宅までのたった10分という距離を運ぶだけのために、この代償を払うのはあまりに理不尽。
そこで考えたのが、「もしコンテナを持参したらそこにお肉を入れてくれないかな」ということです。
昔、お豆腐屋さんが来るとみんなお椀を持って買いに行ったそうですが、それと同じ発想ですね。

りんごの木2012-5

でも、そんなことリアムに提案したら困惑させてしまうかな。気ちがいだと思われたら嫌だしなあ。そもそも、商品の衛生的にやらせてもらえることなんだろうか。ここが最大の難関かも。

そんなことを考えながら、何となくずるずるとこのアイディアを実行できずにいたある日のことです。

いつも通り、タラの町で唯一のリアムのお肉屋さんに入ると、ここから歩いて数分の町中に暮らすケヴィンさんに会いました。ケヴィンさんの奥さまメアリーはこの地域で伝統音楽を教えるミュージックスクールを運営しており、とても多忙な生活を送っています。そのため銀行で働いていたケヴィンさんはある時から仕事を辞め、一家の主夫をしています。家事の一切はケヴィンさんの仕事で、家の前を通りかかると窓を拭いているケヴィンさんと目が合ったり、こうして買い物をしている最中にばったり会ったりするのです。

「今日は冬のように寒いよね。風が冷たくて凍えそう」
「お葬式に行くのに朝一番でダブリンまで行って来たんだけどね、ダブリンは晴れててぽかぽかだったよ」
「いつものことだわね、東海岸は好天で西部はこれ。不公平だよ」

などとあいさつ代わりのおしゃべりをしていると・・・。
ケヴィンさんは持っていたショッピングバッグから大きめのプラスチックのコンテナを出し、リアムに「ポークチョップ4つね。ここに入れてね」
それから私に向かってウィンクすると「ノープラスチック!」

・・・ケヴィンさんに先を越された!!!

ふんふんと鼻歌を歌いながら店を出ていくケヴィンさんを横目に、リアムに「あの、もし私も同じようにコンテナを持って来たら、そこに入れてもらえるの?」と確認すると「もちろんノープロブレムですよ」。あっさり問題解決です。

ケヴィンさんも私も結局プラスチック素材のコンテナを使っていることに変わりはありませんが、それでも使い捨てのビニール袋を毎週消費するよりもはるかにましです。

それからは、木曜日になるとショーンをティンホイッスルの個人レッスンに送り届けてからコンテナを二つ抱えてリアムの店まで歩き、プラスチックバッグゼロの買い物を済ませるごきげんの私。

消費者にはどうすることもできない、コントロールのできないプラスチック梱包のほうが多い世の中。
せめて自分たちにできることはやっておきたい。
皆さんの身の回りでは、どんなことができますか?

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links