FC2ブログ

友人に編む手紡ぎセーター

2019.06.07 07:33|毛糸と私
今年の3月にようやっと仕上がった、アイスランドのセーター、ロピ。その後もお気に入りの一枚として大活躍しています。編み込みが胸元にあるからなのか、とにかくあたたかいセーターで、着こめば着こむほど私の体型になじんでくる気がします。

編みかけのこのセーターが、我が家に来ていた友人の目にたまたま留まったそうなのです。普段は連絡などし合わない彼女から突然電話をもらい、早口で「エリカの紡いだ毛糸でセーターを編んでほしい。料金はいくらかかっても構わない。エリカのセーターと同じような、胸元に色模様のあるスタイルのセーターがいい」という注文。

私にとって、家族以外の人のために編む、それもお金をいただいて編む、初めてのセーター。

そんな技量が今の私にあるのかしら?
迷いはしたものの、相手は気心の知れた友人。もしかするとこんな形でスタートするのが一番いいのかもしれない。この縁が、これから進むべき道を示してくれているのかもしれない。
彼女の希望を聞いて、色を決めて、寸法を取って、と初めてのことだらけで緊張しましたが、数週間かかってどうにか一枚のセーターを仕上げることができました。

ロピ2枚目 (1)

赤い毛糸以外、すべて私のご近所さんからいただいた羊毛を紡いで作った毛糸です。
羊の色のみで編んでもよかったのですが、彼女の顔や表情を見ていて「ここに赤がほんの少し入ったらいいのかも」と思い、去年のクリスマス前に近くにあるスタイナースクールのフェアで購入した深紅色のウールを紡ぎました。

ロピ2枚目 (3)

自然な色合いの手紡ぎ糸に、ビビッドな赤が効いている。よし、私の勘は間違ってなかったぞ!
ああ、このセーター、私がほしいくらいかわいい!

ロピ2枚目 (2)

編みかけの状態で何度か彼女を訪ねて試着してもらい、微調整を経て完成したセーター。完成後も、一度「襟元をもう少し広く」ということで手直ししました。これも、近くに住む友人だからできること。
オーダーメイド、というのでしょうかね。

お店で販売されている毛糸を使った編み物も楽しい。でも、自分で紡いだ毛糸で一度編み始めてしまうと、未だかつて感じたことのない充足感があります。満たされたこの気持ちは、まぎれもなく、幸せという気持ち。

当の友人には大変喜んでもらい、私にとっては貴重でやりがいのある手仕事となりました。
セーターを編むのはやっぱり楽しいな。

6月はアイルランドの初夏にあたります。畑仕事も忙しくなってきたこの季節、今年はまだまだ編み物プロジェクトが山積みです。
そして、糸を紡ぐ時間も、実は近頃増えているのです。あれ?今までは冬の作業だったのに?
紡ぎを取り巻く私の環境が、ここ数か月で少し変わってきたからでしょうか。次回また、そんなこともお知らせできればと思います。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links