FC2ブログ

子ども時代の記憶。自分を作るもの

2019.06.12 14:02|アイルランドで子育て
私は神奈川県横浜市北部の団地で育ちました。緑のあふれる住宅地で、子どもの頃は近所の子たちや同級生らと一緒に、自転車に乗っていろいろなところに行ったものです。親が付き添うなんていうことはもちろんなく、むしろ私たちがどこにいるかを知っている親は、当時いなかったのではないでしょうか。
小学校の後ろにあった、マムシの出る「裏山」。ナマズのいる池がいくつもある早野、竹林に入ってたけのこを見つけたり、おたまじゃくしやフナなどを川でたくさん取ってきて母に「これを一体どうするつもりなの」と怒られたり。秋には林の中に一本だけあった栗の木の下に栗がたくさん落ちていて、靴を履いた両足で器用にイガを外して持ち帰りました。

寺家町2012 (1)
(日本に帰省中、実家からほど近い寺家町にて)

私の世代は、初めて電子ゲームが登場した時代とも重なります。
ハドソン、ファミコン、スーパーファミコン、スーパーマリオにテトリス、ドラゴンクエスト。

そんなのも、親の許す限りの時間、やっていました。
でも不思議。今、こうして大人になってから自らの子ども時代を振り返ると、あんなに夢中になってやっていたゲームの内容はほとんど覚えていないのです。

それよりも、鮮明な記憶として刻み込まれているのは、外遊び。
それも、私にとっては自然の中で遊んだ思い出が、最もビビッドによみがえります。
きんもくせいの花の匂いやヤマモモの味、ぬめっとしたおたまじゃくしをつかんだ時の感触、カマキリの卵のふわふわ感、すすきの葉で作った切り傷が痛かったこと。
それほど活発な子どもではなく、むしろ家の中で遊ぶことが多かった私なのに、どういうわけでしょう。

hsuckle20105.jpg
(ハニーサックルの脇に座りこむ、幼き我が子たち)

今思えば、私の両親は弟と私に自然と触れる機会を実にたくさん与えてくれました。国内旅行先での海水浴や磯遊び、登山にキャンプ。小学校の夏休みには、毎年ほぼ欠かさず母の故郷である福島県の農村に遊びに行き、いとこたちと走り回っていました。

そんな子ども時代の思い出は、10代になり、学校が変わり、やがて成人する頃にはすっかり過去の記憶となっていたのです。
アイルランドに住みたいという欲も希望もまったくなかった私が、運命か、はたまた必然か、今こうしてこの地に巡り合い、私なりに根を張り、国は違えども大自然に囲まれた田舎で生活を送っています。

竹船遊び (1)
(パットさんがショベルで掘って作った池で、日本の母に教えてもらった竹舟を作って遊ぶ)

ここに暮らしていると、子ども時代の記憶がよみがえってきます。それはまるで、子どもの頃の一つ一つの経験が、今の私とつながっていくかのような感覚。時にはすっかり忘れていたようなこと、例えば福島のおばあちゃんが副業で蚕(かいこ)さんを飼っていて、離れの納屋でまゆから絹を取る作業をしていたことなどを、糸を紡いでいる時に思い出すのです。
畑の野菜を見ていてもそう、近所の農家の家畜の世話や、植物を観察していてもそう(英語から日本語にする作業は伴いますが)。

自分を作るもの。
私の栄養となり、糧となったものって、こういうことだったのかな、と思います。
私は親として、我が子どもたちに同じような栄養をあげられているかな。
そんなことを考えながら、子育てはまだまだ続きそうです。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links