FC2ブログ

搾りたての牛乳を買いに

2018.07.04 11:25|我が家の食卓
冷蔵庫を開けたら、牛乳を切らしていることに気が付きました。もう夕刻、パットが「今から車でひとっ走りしてお店で買ってくる」と言います。フィークルの村に行くにせよタラの町に出るにせよ、我が家から最寄りの店までは車で10分はかかります。
そんな状況に陥った矢先、ある名案が浮かびました。

「ちょっと待って。それだったら近所のオーガニックファームに牛乳を買いに行く方が早いんじゃない?」

このオーガニックファームでは、数年前から絞りたての牛乳とヤギのミルクを近隣の人々に直接販売しています。
それは私たちも知っていたのに、これまで便利さに何となく流されてスーパーでオーガニックの牛乳を買っていたのでした。
こんなきっかけがない限り、なかなか変化を起こさないのが人の常なのかもしれません。

この日以来、スーパーで牛乳を買うことをやめました。

ファームの牛乳は搾りたてです。
数週間前には、娘がこのファームに遊びに行くと言うのでお使いを頼むと手ぶらで帰宅し、「今牛乳切らしてるんだって。今日の夕方また絞るから、8時以降に来てくれたらあるって」という日もありました。
それからは、事前に有無を確認してから向かうようにしています。

とにかく近くにあるファームなので、せっかくなら車で行くより歩いていきたいもの。時間は作ればいくらでもあります。

今日も搾りたての牛乳を買いに出かけました。

搾りたての牛乳を買いに (1)

さあさあ、こっち!

搾りたての牛乳を買いに (4)

道路からも行けますが、このファーム、実は牧草地を越えて行くほうがずっと近道なのです。
このゲートをまずはよじ登ります。よいしょ。
ゲートの先は高い草の生い茂る道なき道。コットンのドレスにブラックベリーのとげが時折ひっかかります。

搾りたての牛乳を買いに (10)

ああ、やっとフィールドが見えてきました。この木の柵も乗り越えなければ。

搾りたての牛乳を買いに (6)

あと少し。ここまで来るのに、農業用のゲートがいくつあったのかしらん。
到着すると、モーナがちょうど牛乳を瓶詰めしているところでした。
お金を払って、持ってきたバッグに牛乳を入れていきます。
牛乳は1リットルのガラス瓶に入っています。瓶は常に返却し、彼らが消毒をして再利用しています。ゴミが出ないのも嬉しいのです。

搾りたての牛乳を買いに (7)

割れては大変。タオルで包んで自宅まで持って帰ります。

搾りたての牛乳を買いに (2)

牛乳に加えて、今日はガーリックとバジルの入ったチーズも購入。これがまたおいしい!

さて、この牛乳、よーく見ると瓶の上部にある牛乳は色がやや濃く、固まっているようです。
これが、本来のクリームなんですね。ちなみにクリームを練って固めたものがバター。
ちょっと待って。これがクリームだとすると、お店で売られている牛乳ってそもそも何なのでしょう?クリームの下にあるものが牛乳?
調べてみると、一般的に市販されている牛乳は生乳(牛の乳を搾ったままのもの)を加熱殺菌処理し、更にはホモジナイズと呼ばれる成分の均質化の工程を踏むことでクリームとの分離を防いだもの、なのだそうです。

ですから、私がファームから買っているこの牛乳は正しくは「生乳」。分離しているので「シェイクさせてから飲んでね」とのことです。

さてそのお味やいかに。
・・・さっぱり、おいしい!
癖のまったくない、すっきりとした飲み心地に驚きました。

牛乳、生クリーム、バターやヨーグルト。いわゆる乳製品と呼ばれるものは私たちにとって身近です。それなのに、これらの食品が何を使ってどのように作られるのかを知らず、何の疑問も持たずに口にしていた時代が私にもありました。よく考えれば不思議なことです。ファームの牛乳を買うようになると、頭の中にある知識としてでなくやっと初めて「分かった」気がしました。自分の目で見るって大事なんですね。

そろそろ最後のガラス瓶の中のミルクがなくなりそうです。明日の朝、またえっちらおっちら牛乳を買いに行ってきます。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links