特産、ブランドで選ばない野菜

2018.06.01 14:35|豊かな暮らしを考える
自分たちで野菜を育てていると、畑仕事をしながら無意識に考えごとをしていることがよくあります。それはまるで、目の前で青々と育つ野菜たちが私に新しいことを気づかせてくれたり、教えてくれたりしているようです。
その一つが、日本でよく聞き慣れていた「特産野菜」についてです。

我が家の畑ではいろいろな野菜が育ちます。

ガーデン20176月 (2)

ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、ニンニク、セロリ、キャベツ、カブ、ネギ、レタス、グリンピースにそら豆。

私のスーパーマーケット2016 (1)

ビニールハウスの中ではトマト、ピーマン、きゅうり、ズッキーニ、枝豆、ブドウ、イチゴ・・・。

以前不定期便の記事でイチゴについて書いたことがありました(過去の記事→「いちご食べ放題・・!」)。アイルランドではいちごと言えばウェックスフォード州産のイチゴが有名です。でも自分のところでできるイチゴは市販のウェックスフォード産のイチゴよりもずっと新鮮でずっとおいしい!わざわざ買おうとは思いません。

いちご食べ放題20156月 (13)

ニンニクは青森、落花生は千葉、さつまいもは鹿児島、ゴーヤは沖縄・・。
でも、私の実家のある横浜市でもニンニクは育つし落花生もサツマイモもゴーヤも育つ。

自分の住む地域で育つ野菜や果物を、どうしてわざわざ遠くから取り寄せて食べるのでしょう?

日本に暮らしていた頃は考えたこともなかった素朴な疑問です。

こんなことを発言したら農協の皆さんに怒られてしまうのかもしれませんが、地元で育つ野菜なら、トラックや飛行機でわざわざ運送しないほうが環境にもよく、地域にも貢献できます。

我が家は自分たちで育てていますが、近所に農家さんがいる地域であればなるべく近くで栽培している野菜を買いたいものです。

地産地消。適地適作。
自分の暮らす地域で育つ野菜を食べる。
自分の地域に残る伝統食材を食べる。
自分の地域の農家さんを支える。
自分の地域を歩く。

トウモロコシの収穫2014 (2)

こんな野菜との関係は、自分の暮らす土地を知ることにつながっていきます。
自分が毎日口にしているものがどこから来て、誰がどんな風に育てているのかが分かります。
食に対する不安や不信。ないほうがいいですよね。
さあ、今日の夕飯には何の野菜を使おうかな。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links