FC2ブログ

霧の朝、村へドライブ

2017.12.08 09:02|地域コミュニティー
月曜日の朝、村の郵便局に行く用事があり一人で車に乗りこみました。
ひどく霧の濃い朝です。いつもより減速して一方通行の田舎道をのらくらと上ります。

霧の朝2017 (1)

十字路を右折して丘を下ると、私の車の前を農作業用のトラクターがゆっくり走っています。
しばらく後ろにつけていたら、道路脇のスペースにするっと入って私を先に通してくれました。ありがとう。追い越しがてら運転席を見ると、あら、地元の農夫デニスさんですね。数年前よくデニスさんから薪を買っていました。以前借りていた家の大家さんのいとこで、根っからのフィークル人のデニスさん。娘さんの一人と我が家の娘が一時仲良しでしたっけ。

自宅から村の中心までは車で10分ほどです。徒歩だと2時間はかかるかな。普段は歩く距離ではありません。
道路沿いに建つ家々は、いつの間にかどの家に誰が住んでいるのかほとんど分かるようになっていました。それどころかこの家はメアリーの生家で今はショーンとパトリシアが借りて住んでるとか、あの家には昔お巡りさんが住んでいて、そのあとダブリンのホイッスル奏者が移り住み、今では・・ということまで、詮索しなくても耳に入ってくるのです。面倒くさいようでもありますが、地域コミュニティーとはそういうものかなと思います。

村のメインストリートに入っていくと、まず目に入ってきたのが路上駐車されているジョンのバス。パブの店主だったジョンは、パブを売って悠々自適に定年生活。最近はそれにも飽きたらしく地域のスクールバスの運転手をしています。今年からフィークル小学校のスクールバスの担当になり、我が子どもたちを毎朝学校に送り届けてくれるのもこのジョン。アイルランドの伝統的なダンスの名人です。

あ、そういえばバターが少なくなっていたかも。モローニーズの前でふと気がついて、車を停め手動のドアを押して店に入ります。
誰もいない店内。パブも兼ねているモローニーズの店主ブライアンが奥からにょきっと出てきて「おおエリカ、元気?」
「なんて天気なんだろうね、まったく」
「うちのほうはすごい霧でしたよ。もう10時なのに真っ暗だし」
「エリカもこんな天気が好きでここに住んでるわけじゃないだろう?ええ?こんな天気の好きな人はいないよねえ」
「ホントよね。私、一体こんなところで何やってるんだろ」

会計をしながら軽快におしゃべりを続けるブライアンはエニスの町の出身で、10代の頃は私の義弟と同じフットボールチームでプレイしていたそうです。

買い物をすませて再び乗車、村はずれにある郵便局へ向かいます。
教会の近くを通り過ぎると杖をついていつも村を歩くトムの姿を発見。手をあげてあいさつしてくれます。村のコミュニティーホールの管理をしている人で、お父さんは腕のいいビルダーさんでした。

ジェイムスの店の前で立ち話をしているのはメアリーとクリスティーナ。
メアリーは私の親友のお姉さんの一人。クリスティーナは元地域看護士で、我が子どもたちが生まれた時に自宅を訪ねて健診してくれたのも彼女でした。特に最初の子どもが生まれて右も左も分からない不安な時に、赤ちゃん用の体重計をうんせうんせと持ってやって来てくれたクリスティーナの訪問が、何と嬉しかったことか。
手をあげて、あいさつ。

シーラが犬を連れて散歩しています。車に乗ってるのは誰かしら、と覗き込むように見つめてくるのが村の人たち。
彼女はもともとラウス州の人で、旦那さんのショーンの仕事でフィークルに移り住んだ人です。数年前に「最初はよそ者扱いも度がひどくてね。苦労したわよ」と話してくれたことがありました。

小包みを持って郵便局に入ると、局員のブライアンは泥だらけの作業服と長靴姿の男性と接客中。明らかに地元の農夫さんです。アイルランド訛りというのは地方によってバラエティーに富んでいて、細かくするとこの村特有のアクセントというのもあります。そのフィークルアクセントでブライアンとボソボソ話す目の前のファーマーさん。生まれも育ちもフィークル村のスミス家の旦那さんだな。「どうも」「はいどうも」という簡素なあいさつをしてからすれ違いざま、家畜のにおいがプンとしました。
いつも穏やかな笑顔のブライアンに小包みを手渡して支払い完了。「ありがとうブライアン」「OKエリカ、またすぐにね」

家に戻ってくると、霧はすっかり晴れて空には虹が出ています。

虹201711月 (2)

じめじめと雨の多い、暗くて寒いアイルランドの冬。気分が塞ぎがちになる季節ですが、この土地に生きる人々の呼吸を感じると、気持ちは温かくなるから不思議です。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links