夏にも着れるセーターよ

2017.07.06 08:56|毛糸と私
娘のリラはよくホームシックになります。フィークルの村中に住むクラスメイトの家にお泊まりに行くだけでも家が恋しくなるほどで、エキサイティングな3週間の日本滞在時も後半はホームシックに。

アイルランドの自宅に戻ると、当の私も「ああ、これが恋しかったんだわ!」というものがいくつもあって、やはり自分の家ほど居心地のいい場所はないのだなと改めて感じました。

その一つが、このセーターです。

2017年手紡ぎジャンパー (1)

この前の冬に自分で紡いだ羊毛の糸を使って編みました。
限りなくシンプルで、長く着られて、袖を通すたびに愛着を感じられるような一枚を作りたい。
型はなく、寸法を測るところからはじめて、いざ編み上がってからは着心地が少しでも悪い部分は思い切ってほどき直し、手間を惜しまず最後までこだわりました。
好きな服というのは色とか肌触りだけではなくて、快適な袖の長さや襟ぐり、肩幅などすべてが自分の体になじんでこそ出合えるものではないでしょうか。

使ったのは、トマスが飼育している白い羊の毛を紡いで双糸にしたものです。

紡いだ毛糸 (3)

編んで編んで、毛糸がなくなったら紡ぎ車で更に紡いで紡いで・・・どのぐらいの時間をかけて完成したのかは私にも分かりませんが、その甲斐あって満足のいく一枚のセーターができました。

2017年手紡ぎジャンパー (2)

四季を通して着れるよう、かなり太めの棒針をわざと使って編んだので軽いセーターに仕上がりました。目が粗いので太くなったり細くなったりする手紡ぎ毛糸の風合いが面白い表情を出してくれます。

7月といえば夏本番のアイルランドですが、気温も20度前後と涼しいので、日本から帰ってきてからも大活躍のセーターです。

「エリカ、そのジャンパー(アイルランドの英語ではSweaterとは呼ばずJumperですね)毎日着てない?」

Ah yes. Oh, NO NO NO!


Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク