いい国、我がニッポン。

2017.06.17 01:59|家 族 / 故 郷
日本に来ています。

横浜市の実家に滞在しながら、3週間の帰省です。日本に帰国する時には、ほぼ毎回アイルランド音楽のプロデュースを兼ねているので実は大変忙しく、今回はなぜか殊更に忙しく感じられます。

そんな中、本日やっとぽっかり一日空きました。
ゆっくり朝食をとって、アイルランドから持ってきたバリーズティーを夫と2カップずつ飲みました。子どもたちを起こして、留守にしていた間の話を一つずつ聞かせてもらいました。私の父と過ごした楽しい時間、母とのスイミング、上野の科学博物館で見たもの。今日はバスにも電車にも乗らず、地元で少し買い物をして、パソコンで少し雑務をして、それから空が暗くなってきました。
ああ、アイルランド不定期便を更新しよう。

3年ぶりの日本は、まったく素晴らしいです。我がニッポン。いい国だな、と感じます。
私がどこに住んでいても何をしていても、日本人であるという事実が変わることはありません。この国は、私が死ぬまで、そして私が死んだあとも、ずっとずっと私の母国です。自分の国に対して、常に自虐的でありたくはありません。
私は楽観主義とよく言われますが、何事も、特に何かを変えたいと思っている時は、そこに希望がなければいけないと思うのです。落胆して文句しか出てこないのでは、いい方向に舵を切ることが私にとってはとても難しい。

3年ぶりの日本に対して、失望も悲観もありません。家族に会って、家族の愛情を改めて感じました。アイルランド音楽を通して、多くの素敵な人たちに会いました。近所の道やお店で見知らぬ人と何気ない言葉を交わし、ホッとする瞬間がありました。希望のたくさん見える帰省です。

理屈抜きに愛せる国。それが母国かなと思います。

さて、田舎育ちの子どもたちは、アーバンライフも難なくこなし満喫しています。
地元のお店に向かう途中、熟れたヤマモモの実がたくさん地面に落ちていました。

ヤマモモ2017年6月 (2)

「ママが子どもの頃はこれよく食べたなあ」と言うと、「食べれるの?」とさっそくきれいな実を探し始める子どもたち。私もついでに拾ってみると、幼い頃の記憶が実の赤と同様鮮やかによみがえってきました。


Erika Moc O'Connor@Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリー一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク