あっぱれトミー!

2010.02.02 07:47|アイルランドの音楽
先週の金曜日に、私たちの住む村の教会でチャリティーコンサートがあったので行って来ました。夫が仕事から帰ってくると同時に子どもたちをバトンタッチ、大急ぎで運転してギリギリ間に合いました。

介護の必要なお年寄りや子ども、障害のある人たち、そしてその介護者たちがさまざまなサービスを受けられる新しい施設開設のためのコンサートで、地元のミュージシャンが中心になって行われました。
この施設開設者の旦那さんはトミー・ヘイズというアイルランドでは有名な打楽器奏者で、バウロン奏者としてリヴァーダンスに参加していたほどの実力者。実はフィークルに住んでいて、私たちの家からもそう遠くはありません。彼の親しいミュージシャンたちがヴォランティアで駆けつけ、今回のコンサートが実現しました。

どのミュージシャンもよかったのですが、この夜は何と言ってもトミーが一番でした。それぞれのミュージシャンたちとの共演も見事、この人はとにかくリズムのかたまりなんだなあ、とそれはもう圧巻でした。バウロンに限らず、打楽器に限らず、リズムの刻めるものなら何でもたちまち音楽にしてしまうのがトミーなのです。車に乗ったトミーを見かけるたび、道理で彼の両手が常にリズムを刻んでいるわけです!
最近では音楽セラピストとしても活躍するトミー、才能に溢れた人です。

コンサートは大盛況で、教会は満席でした。私たちの住むこの地域はコミュニティーの結束が強く、こうしたイベントにも人がしっかり集まります。こうした地域のための活動があるのは嬉しいことです。

それに、車で15分の距離でここまでのレベルの音楽が楽しめるというのはなんと贅沢なことでしょう!

コンサートの後は友人と村のパブへ直行。
歌のセッションをやっていたので、ギネスとポテトチップスで乾杯しました。日本のうたを歌えと散々からまれ、それをかなりの時間かかって断ってからは店主からサンドイッチにソーセージのサービス、結局家にほろ酔い加減で帰ったのは夜中の2時過ぎでした。

トミーのサイトはこちらです。
http://www.hayesleslie.com/
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリー一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク