FC2ブログ

ダブリンきらい?

2016.10.03 19:49|アイルランド人
日曜日にゲーリックフットボールの決勝戦が行われ、今年もダブリンが優勝を果たしました。
決勝戦まで幾度となく這い上がるものの優勝を逃し続けているメイヨー(Co. Mayo)をまたしても破り、2年連続の優勝を遂げたダブリン。新聞などのメディアではもちろんトップニュースで報道され、ダブリン州の旗であるブルーがよく目立ちました。

ダブリンきらい?

さて、去年ダブリンがケリーを破って優勝した時もそうでしたが、アイルランドで「ダブリン vs ○○」という大きなゲームがあると必ず不思議な現象が起こります。例えば今年は「ダブリン vs メイヨー」だったのに、これがいつの間にか「ダブリン vs そのほかのアイルランド地域」になっているのです。あくまで国民感情としての話ですが。

ダブリンはアイルランドの首都、ということは誰しもご存知と思いますが、ダブリン市はダブリン州、County Dublinの州都でもあります。130万人以上の人口を抱えるダブリン州。アイルランド共和国の全人口のうち、ゆうに4分の1以上がダブリンに住んでいることになります。

政治や社会、音楽、アート、ファッションなどなど、最先端のものはすべてがダブリンを中心に回っているかのようなアイルランド。
ダブリンに暮らす人々には感じにくいかもしれませんが、地方の人間にとってダブリンはそんな風に映っているようです。

伯母が結婚してダブリンに住んでいるとか、息子がダブリンの大学に行っているとか、ダブリンは地方の人々にとっても重要な都市です。ダブリンに親戚のいないアイルランド人はいないのではないでしょうか。それなのに、ダブリン人と地方に暮らすアイルランド人の間には、途方もない距離感があるようなのです。

地方のアイルランド人たちがダブリン人をけなしていう呼び名があります。その名も「Jackeen(ジャキーン」。
これはJack(ジャック)という男性の名から来ている俗語で、スラングの一種ですね。ジャックはイングランド人の総称で、それに「小さな」という意味の「~een」をつけて「ミニチュア版イングリッシュ野郎」というような意味になります。ひどいですね~。
歴史的にも文化的にもダブリンはアイルランドで最もアングロ化(イギリス化)していることから来ている言葉のようです。ダブリンの人の様子を見ていてもこの傾向はうかがえて、これが地方の人々がダブリン人を「自分たちと違う人間」と意識する理由のようです。
実際私の身近にいるアイルランド人(地方人)がダブリン人たちのことを「あいつらはアイリッシュじゃないからな!半分ブリッツ(イングランド人をけなして言う呼び名・・)みたいなもんなんだから!」と言っているのを聞いたこともあります。うわー、大変大変。

「ダブリンに住んでるからってアイルランドを知ったような顔するなよ!本当のアイルランド精神はアイルランドのカントリー(地方、田舎)にあるんだからな!」と思っている地方のアイルランド人は多いはずです。まあまあ、おさえて!

そんなわけで、前述のダブリン対メイヨーのゲーリックフットボールの試合は、こんなアイルランドの地方人たちの感情を反映していたのですね。「ダブリンに勝たせてなるものか!メイヨー、俺らの分まで頑張っておくれよ!」と。
ちなみに、JackeenはダブリンのGAA(ハーリングやゲーリックフットボールなどの国技を統括する組織)の選手たちとそのサポーターを総称する際にも使われるそうです。悪意があるのかないのか・・・。

ダブリンきらい? (2)

ダブリンへのコンプレックス。一言では例えようのない複雑なものがあります。
アイルランドという国は小さいですが、一歩国の中に入りこむといろいろあるものです。くわばらくわばら。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links