自分だけのかごがほしい

2016.07.12 09:05|手作りのある暮らし
かごとかバスケットというのは、その素朴な姿と手触りが私は昔から大好きで、気がつけば大小の編みかごが家のあちらこちらにあるようです。
嬉しいことにかごの伝統はここアイルランドにもあり、人々の生活からは残念ながら消えつつありますが、機会があるといつも興味を持って眺めています。

お金を出して買うのでなく、いつか自分の手で作ってみたいと思っていたかご。
去年の夏、同じ村に住む友人と二人で簡単なかご作りに挑戦しました。

素材はこちら。

Basket Making 2015 (1)

やなぎ(Willow)ですね。
アイルランドのかごと言えば柳を使ったものが一般的です。
アイルランドではやなぎのことを「サリー(SallyとかSalleyと綴る)」と呼んだりもします。詩人イェイツの作品でアイルランドの歌としても有名な「Down by the Salley Gardens」は、「柳の庭のほとりで」というように訳されるようです。
さて、本来のかご作りならば、刈り取った柳を一度乾かし、編む直前に再び水に浸けて・・という長いプロセスがあるようですが、今回のバスケットは友人曰く「新鮮な柳の枝を使ってできる」とのこと。

その年に生えてきた若い枝をその場でたくさん切って、葉っぱを取り除いていきます。
まずはかごのフレーム作りから。これが最終的なかごの形となるので、とても大事な工程です。

Basket Making 2015 (2)

うわー、もうこれだけでかわいい!!
素材の枝が新鮮だから、その色合いもまたきれい。
やや太い枝になると、形に沿って編んでいくのはなかなかの力仕事です。

この日は良く晴れたいいお天気で、彼女の家の庭での作業。すぐ横には興味津々でこちらを眺めるニワトリたちが。

Damhnaits Hens

フレームができたら、いよいよ編む作業に入ります。
1本1本の柳の枝を編みこんでいくたびに、少しずつ馴染みのあるバスケットの姿が手元から作られていく。うーん、この感覚、面白い!

Basket Making 2015 (4)

うっとり。
初心者の作品で失敗も目立つけど、これは世界にひとつだけの私のかご。
もう何も要りません。

時間が経つと枝の色が落ち着いた茶色になってきました。自宅で、自分で紡いだ毛糸を入れるのに使っています。

Basket 2016

iichiさんに出店している毛糸作品の撮影にも使ってみたりして。素朴な感じが絵になります。

DSCF4158.jpg

手紡ぎの毛糸が少しずつ増えてきたから、もう一つほしいかな、このかご。
この夏に、また作ってみようかな。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク