カッコーに耳を澄ませる5月

2016.05.27 22:21|アイルランドの自然
ここのところ安定したお天気の続くアイルランド西部。今日も眩しいほどの快晴、会う人会う人みんなご機嫌で気持ちまで晴れ晴れしてきます。
さて、春になると急に外での畑仕事が忙しくなる我が家ですが、この野良仕事を潤してくれる美しい音楽があります。
奏でてくれるのはこの方。

カッコー

カッコーです。
英語ではクックー(Cuckoo)と呼ばれますが、いずれもその鳴き声が由来しているのでしょうね。
5月にもなるとそれこそあちらこちらから聞こえるカッコーは、アイルランドの春を代表する渡り鳥の一種です。

外でハーリングの練習などをして遊んでいる子どもたちも、カッコーの声が聞こえると「しーっ!」と言っては耳を澄ませます。
「ママ、結構近くにいるよ!ピーターのオークの林のほうかな?」「飛びながら鳴いてるんじゃない?声がだんだん大きくなってきた!」

子ども心にもカッコーは春にだけ聞こえる貴重な鳥、ということは分かっているようです。
また、自分たちの巣を作らずにほかの鳥の巣を横取りして卵を産み、巣にもともとあった卵を落っことし、更にはその巣の親に子育てを頼むという話も子どもたちにとっては面白いのでしょう。

巣を作らないことで有名なカッコーですが、アイルランドの伝統音楽には「カッコーの巣(The Cuckoo's Nest)」という名の曲があったりして、アイルランドでは昔からその歌声が愛されています。
曲を検索してみたら、夫の友人で昔よく一緒に演奏をしていたアコーディオン奏者のチャーリーのビデオが出てきたのでこちらでご紹介します。



若いなあ、チャーリー。

ヨーロッパ全域では数が減少して保護の対象となっているようですが、私たちの住む地域では今のところその影響は見られません。

カッコーは渡り鳥と書きましたが、どこで冬を越しているか知っていますか?アフリカ中部、南部まで旅をするそうですよ。
アイルランドでは、6月初めまでカッコーの鳴き声が楽しめます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリー一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク