ギネスのシチューでぽっかぽか

2016.01.31 00:01|アイルランドの食生活
「今日の料理」の時間です。
雨の多いアイルランドの冬ですが、今年は例年に増して雨、雨、雨。
それに加えて強い風に吹かれると、体が芯から冷え切ってしまう。
そんなアイルランドの冬にぴったりな料理が、シチューです。

手軽に作れて、たくさんおかわりができて、体もポカポカになります。

中でも定番中の定番は、ギネスビールを使ったビーフシチュー。
レストランなどのメニューにもよく見かけるギネスシチューは、家庭でも簡単に作れるいわゆるコンフォートフードです。

このコンフォートフードという名称、英語ではComfort Foodと書きますが、心も体もほっと温まるシンプルな料理によく形容される言葉です。転じて、皆から愛される定番の料理や子どもの頃を思い出すような母の味にも例えられます。

さあ、アイルランドのコンフォートフード、作りましょう。

ギネスのシチューであったかディナー (24)

☆☆ビーフとギネスのシチュー 材料☆☆
牛肉(肩ロース) 400g
玉ねぎ 1個
にんじん 2本
セロリ 2本
にんにく 2個
バター 大さじ2
ビーフベースのスープストック 150ml
ギネス 1缶(500ml)
ベイリーフ 1枚
塩&こしょう 適宜
小麦粉(オプション) 30g

牛肉はやや小さめの一口大に切りました。調理時間の長いシチューなので、切り方を変えても火が通らないという心配はありません。この辺りはお好みで良いのではと思います。
玉ねぎとセロリは粗くみじん切り、にんじんはコロコロしているとおいしいので大きめの乱切りに。にんにくは薄くスライスします。
オプションの小麦粉は、シチューにとろみが足りない時に使います。シチューの水分をカップなどに必要分移し、小麦粉を溶かし入れます。鍋に戻し、全体に行き渡るよう混ぜます。私は結局使いませんでしたが。

ギネスのシチューであったかディナー (23)

手始めは牛肉。分量のバターの半分(大さじ1)を溶かした鍋に牛肉を投入、赤みがなくなるまで火を通します。

ギネスのシチューであったかディナー (20)

牛肉を一度鍋から別皿に移し、同じ鍋で今度は野菜をこれまたバター(残り=大さじ1)で軽く炒めます。

ギネスのシチューであったかディナー (18)

牛肉を鍋に戻します。ここでにんにくも一緒に投入します。

ギネスのシチューであったかディナー (17)

具がまんべんなく混ざったら、続けてスープストックを入れます。
さあ、そしていよいよギネスビールの登場です。とくとくとくとく。一気に全部流し込みます。ブラウンのクリーミーな泡がおいしいシチューを約束してくれているかのよう・・!
ベイリーフを入れて、軽く塩こしょうをします。

ギネスのシチューであったかディナー (12)

弱火で1時間半ほどしっかり煮込みます。
シチューなどの煮込み料理には、やはりキャストアイロン(鋳鉄)の鍋が活躍しますね。大きめのものが一つあるだけでとても便利です。

ギネスのシチューであったかディナー (5)

煮立てずにじっくり火を通していきますが、途中で必ず味見をしてください。もしギネスの苦みが後味に残るようなら、一度火を強くして数分ぐつぐつと煮立たせ、アルコール分をとばします。苦みが消え、すっきりした味になります。

ギネスのシチューであったかディナー (3)

水分がかなりとびました。もう一度味見をして、塩加減をお好みに調整すれば完成です。
今夜は自家製のソーダブレッドと一緒にいただきます。

ギネスのシチューであったかディナー (2)

ビールの入ったシチューですが、意外にも子どもたちには好評。ギネス独特のコクがしっかり効いた、とってもおいしいシチューです。皆さんも、この冬ぜひお試しあれ。

さて、こちらはおまけの写真。

ギネスのシチューであったかディナー (7)

ギネスビールは、缶で買うと中にこんなボールが入っていますね。クリーミーな泡を作るためということですが、シチューを作っている時に我が子どもたちはすぐに異音に気がつき「何か入ってる!見せて!」と騒ぎました。
開けてみると、こんなプラスチックのボールなんですね。初めてちゃんと見たかも。
ちなみに、ギネスは管理の行き届いた良質のパブで飲む樽のビールが一番おいしいですが、家庭で楽しむ場合は缶よりも瓶のほうがおいしいですよ・・!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク