FC2ブログ

ホームパーティーでつながる広がる、地域の輪、人の輪

2015.11.06 23:30|地域コミュニティー
前回の記事で、私の暮らす地域の近所づきあいの様子を少し書きました。
普段は特に何もない静かな土地ですが、今年の夏に私たちの隣人が近所の人たちに向けたホームパーティーを開いたことがありました。

ホームパーティーというのは我が家でも時折やることがあり、アイルランド不定期便でも過去に取り上げたことがありますが、アイルランドのホームパーティーは「かしこまっておもてなしする」ものとはかなり違います。
もっとカジュアルで、気楽で、フレンドリーで楽しいもの。
身構えずに自分たちの家を開放できるというのが私はとても好きで、外でだけ会っている友人たちとの距離もぐんと縮むように感じます。

今日は、この隣人が開いたホームパーティーの様子と共に、アイルランド流ホームパーティーの表裏も見てみましょう。
成功の鍵は、ホストに負担をかけないこと、でしょうか。あくまで自然体で、おおらかに。
皆さんも、ぜひご自宅で試してみてくださいね。

こちらの隣人は、テキストメッセージやEメールは苦手。「デジタルのものじゃなくて、招待状を作って印刷して配る方がいいな」というわけで、私が文面を手伝い、彼女が印刷をして近所の家々を回って招待状を配りました。
「○月○日、○時からパーティーします。みんなでシェアできる食べ物、飲み物歓迎します。楽器ができる人はよろしく」といった簡素な内容だった気がします。

パーティーの会場は、古い干し草小屋。
屋根があるから万が一雨が降っても大丈夫だし、たき火もできる。パーティーの数日前に地面をきれいにならして、木のボードなどを並べてベンチ代わりにしました。

Glendree Garden Party 2015 (4)

「6時から」ということだったと思いますが、アイルランドの場合はこの時間きっかりに来る人はまずいません。むしろ、個人のパーティーのような席に時間通りに現れることは、ホストを急かしているようなかっこうにもなりかねず、敬遠されます。この辺りの心配りも、私はとても好きなのですが。
そんなわけで皆さん、自分の都合のよい時間にふらりと現れます。

さて、パーティーと言っても特に何かプログラムがあるわけではありません。必要なのは、集まってくれる人と飲食類ぐらいでしょうか。
ホストとなった女性が紙皿、紙コップやフォーク類、そして数品の手料理を用意していました。「一品持参」というお触れがなかったとしても、ホームパーティーに手ぶらで来る人はまずいません。用意された長テーブルは、あっという間にサラダやパン、ケーキ、タルトなどの食べ物でいっぱいに。

Glendree Garden Party 2015 (8)

飲み物も、お酒を飲みたい人は基本的に持参します。ホストが用意している場合もありますが、「このビール最近見つけて、おいしいの。ぜひ飲んで!」とケースで持ってくる人、ホームメイドのジュースやワインをみんなでシェアするのに持参する人もいます。その結果、ホストの人は飲食類が足りなくなるどころか、パーティーのあとにはみんなが置いていったあれこれでキッチンがいっぱい!ということになります。
「余っても仕方がないから、持っていってよ」とホストが声をかけて手土産にするケースもよくありますが、基本的には自分が持っていったものはホストの人への気持ちです。

地元の農家のひとたち、ここに移り住んだ新しい人たち、アメリカ人、ドイツ人、イギリス人、オランダ人。さまざまなバックグラウンドの人たちが集まりました。大人だけでも30人超でしょうか。
ホームパーティー、とりわけこうした近所の人たちが中心のパーティーは、その地域に暮らす者としての「顔出しておかないと」という義務感もあるので、参加率はとても高くなります。「あのお宅、電気もついているし家にいるようだけど、パーティーには出てこない様子ね」なんていうのはちょっと理解に苦しみますね。家にいるなら、30分でも顔を出す。この顔合わせが、いざという時の力になることがあります。

Glendree Garden Party 2015 (9)

たき火のそばで、フィドルとハープの音楽が始まりました。その場にいた人たちも、時折聴き入ったり拍手をしたり、またおしゃべりに戻ったり。私もあとからフィドルで参加させてもらいました。

近所の子どもたちはみんな走り回って遊びます。子ども向けの何かが用意されているわけではありませんが、子どもは複数集まれば遊び始めるものです。夜遅くまで外で遊んでいい、というのは子どもたちにとっても特別な時間。木に登ったり追いかけっこをしたり、一年で最も日の長い6月の夜を楽しんでいました。

Glendree Garden Party 2015 (5)
(あちらこちらにさり気なく置いてあったロウソク。要らなくなった空き瓶に水を入れてロウソクを浮かばせたもの)

ホームパーティーのスタイルはいろいろです。
寛容なホストが豪勢な料理を山ほど用意している場合もあれば、各自一品持ち寄りでより親しみのあるパーティーを作ることもあります。ミュージシャンたちが集まって演奏するセッションパーティーやダンスパーティー、キャンプファイヤーということもあり、それぞれ面白いですね。

会費や食費など、金銭のやり取りは嫌がられるどころか絶対のタブー。ホストの人も招かれた人も、お互いに気持ちよく過ごせるように、かしこまらず、おおらかに。
パーティーは、人の集まりそのものを楽しむもの。
この夜も、そんなゆったりとしたパーティーを大いに楽しんだのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links