FC2ブログ

アイルランド人も苦笑するオーストラリア英語

2015.10.20 18:03|アイルランドで英語
9月から始まったラグビーのワールドカップをテレビで観戦している我が家。
先週末にアイルランドが準々決勝で敗退してしまい残念でしたが、まだまだラグビー熱は冷めそうにありません。

さて、ワールドカップの試合はすべてテレビで生中継しているアイルランドですが、中継の合間に入るスタジオ解説者たちの中に、オーストラリア人が一人います。
マット・ウィリアムス(Matt Williams)というラグビーの元名監督で、現役時代にはアイルランドのクラブチームを率いたり、スコットランドの代表チームの監督を務めた方です。

マット・ウィリアムス

このマットさんのオーストラリア英語が、すごいのです。
もう、あまりにオーストラリアのアクセントが強くて、夫と二人で苦笑しています。
話の内容はともかく、彼の英語に注意してこちらをご覧あれ。



私はオーストラリアに行ったことがないので、彼の英語がオーストラリア基準のどの辺りなのか見当がつきませんが、まあまあまあ、3秒聞けば「オーストラリア人!」と分かってしまうマットさんの英語です。

更に。
マットさんのオーストラリア節を「面白いなあ」と思っているのは私たちだけではないようで、挙句の果てにはアイルランドのものまね名人、リシュタード・クーパー(Risteárd Cooper)に取り上げられる始末です。



そうだよねえ、ここまでオーストラリア英語がすごいと、真似したくもなるよねえ。
それにしても、アイルランド人に真似されてしまうオーストラリア人・・。いやあ、面白いアクセントです、オーストラリア訛り!

ときどき、語学留学を検討されている方から

「アイルランドは訛りが強いと聞くが大丈夫なのか。やはりアメリカやカナダ、オーストラリアのほうが無難なのでは」

という声を聞きますが。
半分冗談で
「オーストラリア?本当に?アイルランドがダメでオーストラリアは大丈夫なの?」

と訊いてみたい衝動に駆られるのは私だけでしょうか。
だって、「Fantastic」は「ファンタスティック」じゃなくて、マットさん曰く「フェンテスティック」だよ?!

いやはや、イメージとか先入観というのは、本当に恐ろしいものだなあと思います。
英語は、みんな違ってみんな良いのですね。標準語なんていうものは存在せず、そのお国柄、地域性があってこそ、言葉は生き生きしてくるように思います。

ところでマットさん、お母さまがアイルランドのウィックロウ州生まれなのと、ご自身もアイルランドでのコーチ歴が長いことから、今では立派なアイルランド市民です。
来週末もマットさんの英語を、いや違う、ラグビー解説を、楽しみにしています。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links