FC2ブログ

私だけの紡ぎ車

2015.12.02 13:14|毛糸と私
とうとう買ってしまいました。

夢にまで見た自分だけの紡ぎ車。

今までずっと隣人からの借り物の紡ぎ車を使っていましたが、ある時突然夫が「エリカ、やっぱり紡ぎ車を買おう」と言い出したのでした。

購入したのは、ニュージーランド産の老舗、アッシュフォード社(Ashford)の紡ぎ車「エリザベス30」。

私だけの紡ぎ車 (10)

こちらのモデル、アッシュフォード社が2014年に創業80周年を記念して限定発売したもので、裏側にはアッシュフォード夫妻の直筆のサインがあります。
数量限定なので取り扱っていない店も多く、そもそも新品だと手が出ないほどのお値段です。紡ぎ車のトップメーカーであるアッシュフォード社の最高級モデルで、そもそも初心者向けのものではないという理由から、私は最初から範疇になかったのでした。

それが、なんと中古で販売しているのをたまたま発見してしまった私。しかも、中古とは言え購入後6か月しか経っていないとのこと。これは、まさに運命というものではないかしら?

私だけの紡ぎ車 (8)

さっそく売り手の方に電話をしてみると、ダブリン在住のオーストリア人の男性でした。
ほとんどプロのような紡ぎ手兼編み物作家の方で、何を紡いでいるのか、今どんな紡ぎ車を使っているのかなど延々と長電話をしてしまいました。こんな人がアイルランドにもいるのですね。
「今まで使った紡ぎ車で最高の代物なんだけど、紡ぎ車を車に積んで教えに出かけたりするものだから、自分のライフスタイルにどうしてもそぐわないことが分かってね。泣く泣く手放すんですよ」
直接説明しながら渡したいということだったので、数年ぶりに車でダブリンへ向かいました。
片道3時間のドライブは遠かったですが、わざわざ足をのばした甲斐がありました。

手作りのケーキとおいしいアイルランドの紅茶をいただきながら、糸紡ぎに関するさまざまな知識を伝授してもらいました。彼の紡いだ毛糸や編み途中のセーターなども見せてもらい、改めてこの毛糸の世界の奥深さと無限の可能性にわくわくしました。紡ぎ車の購入という手続きだけでなく、私にとって貴重な縁となったのです。

支払いを済ませ、車の後部座席を倒していよいよ紡ぎ車を搬入。「何かあったらいつでも電話してね」というあたたかいメッセージをいただき、無事に我が家まで持ち帰ることができました。

私だけの紡ぎ車 (5)

車輪の直径はなんと76センチ。
こんなに大きな紡ぎ車は、私は見たことがありません。隣人から借りていた紡ぎ車はどうやらリネンを紡ぐためのものらしく、車輪が一般的なものよりも小ぶりです。並べてみると、その違いは歴然です。
車輪が大きいので、ペダルを一度踏むだけでいつまでも回り続けるエリザベスさん。なんという優雅さ。なんという美しさでしょうか。

紡ぐ時に座る専用の椅子も一緒にいただきました。こちらもアッシュフォード製。嬉しい!

私だけの紡ぎ車 (2)

ちゃんとこの仕事を分かっている方から購入したので、付属のアクセサリーも本格的です。
ボビンは8つ、特大ボビンもあるととても便利なんですよね。

私だけの紡ぎ車 (1)

この紡ぎ車さえあれば、将来更に良いものを探し求める必要はありません。まさに一生ものですね。大きな買い物でしたが、後悔は少しもありません。

ああ、これから何を紡ごうかしら。紡いだ毛糸で、何を作ろう?夢がどんどん膨らんでいきます。
それにしても、私は一体何をしようとしているのでしょうねえ。
手紡ぎの毛糸。
ここから少しずつ何かが始まっていくのでしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。


関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links