FC2ブログ

子猫たちの誕生

2015.06.22 23:10|動物と暮らす
去年の春に我が家にやって来た猫のヴァイオレット。
(こちらの記事に書いています→「アイルランド流猫の飼い方 その2」)

とある縁から日本の猫専門雑誌「ねこのきもち」にも掲載していただいたヴァイオレットは、この春めでたく妊娠し、元気な子猫を4匹出産しました。

我が家のもう1匹のメス猫、トトが出産をした時もそうでしたが、今回もまた運よく4匹の出産すべてに立ち会うことができました。
畑仕事をするのに納屋に入ると、いつもベッド代わりにしている干し草置き場に横たわったヴァイオレットが、私の顔を見ながら「ミャオ!ミャオ!」と大きな声で呼びかけるように鳴くのです。
そろそろ出産が近いのではと思っていた矢先だったので、「あ、来たな」と出産の兆しをすぐに察知することができました。
それから15分もしないうちに、1匹目。続いて2匹目。それから2時間ほどして3匹目、4匹目。

子猫とサム2015 (7)

まだ小柄なヴァイオレットですが、今では立派なママに。毎日しっかり子育てをしています。

ヴァイオレットと子猫2015 (16)

大らかなヴァイオレットは、飼い犬のサムが近くに寄ってきても嫌な顔一つしません。サムはまるで我が子を見るようなまなざしで、子猫たちに興味津々です。なんかこの構図、面白いわね。

子猫とサム2015 (4)

子猫たちの誕生は、なんと言っても子どもたちにとって貴重な体験です。
学校から戻ると、スクールバッグを放り出して子猫を見に行く子どもたち。夕飯を食べたあとも「ちょっと子猫見てくる~」。
近所の子どもたちも、毎日のようにやって来ます。

ヴァイオレットと子猫2015 (28)

4匹は色もそれぞれ個性的ですが、柄はみんなタビーです。やっぱりタビーはかわいい!

子猫2015 (7)

我が家には既に2匹の猫がいるので、あと数週間もすれば子猫たちの引き取り手を探さねばなりません。既に隣人知人など3~4人の人から「1匹ほしい」という声があるので、幸い里親探しは問題なさそうです。

子猫のうちはこんなに愛くるしい姿でも、いつかは大きくなるのですものね。今のうちに、たくさん可愛がっておこうと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links