アイルランドの地ビールで乾杯!

2015.06.09 06:38|アイルランドの食生活
アイルランドのビールといえばギネスでしょう!
というのは、もちろん間違いではないのですが。アイルランドにはギネスしかない、わけではありません・・!
それどころか、アイルランドのパブに行くとそのビールの種類の豊富さに驚いたり、また意外にもハイネケンなど普通のラガービールを飲む人も多くて一気に「アイルランドのビール=ギネス」という神話がガラガラガラガラ~、と音を立てて崩れていきます。

本日は、そんなアイルランドのビールのお話。それも、地ビールのお話です。

アメリカから遊びに来ている友人たちを囲んで、我が家でホームパーティーをすることになりました。
「ビールもあるといいかなと思って、買ってきた」という夫が持ち帰ったビールがこちら。

アイルランドの地ビール (5)

左から、アイルランド、カーロウ州の地ビール、コーク州のキンセール、そしてダブリンのギネス社が出しているポータービール。

アイルランドの地ビール (2)

イングランドとスコットランドのビールも試しに1本ずつ。
さあ、飲み物と食べ物が揃ったらパーティーの始まりです。

home party with Beanies 2015 (44)

偶然にも、ヴィンスが手土産に持ってきてくれたのもアイルランドの地ビールでした。

アイルランドの地ビール (6)

こちらはキルデア州のビール。甘みのある美味しい赤のエールでした。

home party with Beanies 2015 (40)

こんな昼間っからお酒なんか飲んで・・・ということではないんですよ・・!アイルランドはこの季節、日がとても長いのです。こんなに明るくて、夜の9時に近いかな。

home party with Beanies 2015 (41)

ビールもいいけど、この夜はワインもかなり出ました。一番飲んでいたのは・・我が夫。そして夜が更けると家主は酔いつぶれ・・あなたねえ、ホストでしょう、ホスト・・・!!

home party with Beanies 2015 (4)

さあさあ、デザートを食べ終わったら音楽の時間です。
フィドル、ティンホイッスル、ブズーキ、アコーディオン、コンサーティーナという楽器で、親しい音楽仲間と奏でるアイルランドの伝統音楽。こんなに楽しい時間はありません。

home party with Beanies 2015 (11)

最後のショットは、アコーディオン3台(アコーディオン奏者3名)勢揃いの図。あまり見ない光景ですねえ。

パーティーが終わったのは夜中の2時過ぎでしょうか。おいしいご飯とお酒、おしゃべり、そして音楽。これらすべてを友人らと共有したあとは、いつもホクホクのなんとも心地よい気持ちになります。
そして、酔っぱらいの夫は誰にあいさつをするまでもなく、いつの間にかベッドへ消えていたことは言うまでもありません。こらー!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク