新しい命に触れる春

2015.04.05 23:34|動物と暮らす
近所の子と我が子らを連れて、オーガニックファームにチーズを買いに出かけました。
近所の子どもたちはみんな仲が良く、オーガニックファームのお宅の子どもたちともよく遊びます。

周囲に広がるこ~んな広い牧草地を心置きなく走る子どもたち。
ん?彼らに混じって何かいるぞ。

子ヤギ2015 (1)

あっ、子ヤギ!

子ヤギ2015 (4)

春は、新たな生命に出合う季節ですね。農業国であるアイルランドの田園地帯では、牛、羊、はたまた馬、ヤギなどの赤ちゃんが今そこらじゅうに見られます。お母さんからつかず離れず、無邪気に走り回るベイビーの姿は、それだけで微笑ましいものです。

子どもたちは、短いしっぽをこれでもかと振りながら駆けてくるこの子ヤギに夢中です。
なんてかわいいのかしら!

子ヤギ2015 (3)

子どもたちにとって、大人の解説なしで命のサイクルを感じ取れる体験は、一生心に残るものではないでしょうか。

さて、本日はイースターサンデー(日曜日)でした。
イースターの特別なディナーには、このオーガニックファームで生まれた子羊をいただいてしまった私たち。
ふふふ。え?残酷?いえいえ、これが生活、これが生きるということです。
ありがたく、とってもおいしくいただきました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリー一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク