FC2ブログ

4月を彩る花々よ!

2014.04.25 06:30|アイルランドの自然
2週間のイースター休暇中のアイルランドは、お天気にも恵まれて私たちにとってはうってつけのガーデン日和です。
畑仕事に忙しい毎日ですが、その合間に家の周りを彩る花々の写真を撮りましたので、ご紹介します。

花スグリ2014 (2)

まずはこちら。
英語では「フラワリングカラント(Flowering Currant)」などと呼ばれます。日本語名で探すと「レッドフラワーカラント」と出てきますが、私はどこかで見かけた「花スグリ」という名前で呼んでいます。ユキノシタ科の低木で、春になると一番に花を咲かせてくれます。
花はうつむくようにして咲き、蕾は濃いピンク、花が咲くと薄ピンク。この2色のとりあわせが私は大好きなのです。

花スグリ2014 (4)

我が家の林のある土地に、垣根として植わっている花スグリ。
花らしからぬ独特の香りがしますが、私はこのにおいもとても好きで、花スグリのそばを歩くだけで幸せになります。

さて、今年の春、見事に咲いてくれたのがこれ、ブラックトーン(Blackthorn スピノサスモモ)です。

ブラックトーン2014 (1)

自然界に咲く花を観察していると、毎年花つきが違うことに気がつきます。その年のお天気や、前年がどんな夏だったか、どんな冬だったかなどによっても、左右されるようです。

誰と話しても「今年はブラックトーンの花が見事だね」と言いますから、当たり年なのでしょう。

ブラックトーン2014 (2)

鋭いトゲのあるブラックトーンですが、黒い幹に花がよく映え、大変美しい4月の花です。

さて、こちらの黄色い花は、アイルランドを訪れたことのある方なら見覚えがあるのではないでしょうか。

ゴース2013-1

ゴース(Gorse ハリエニシダ)ですね。
この低木は、アイルランドのどこに行ってもあちらこちらに茂っています。繁殖力が強いので、農夫の方たちなどは忌み嫌ってよく焼き払ったりしますが、しつこく根を伸ばしてくるマメ科の植物です。

ゴース2014 (3)

花の香りを初めて嗅いだ時は誰しもびっくりしますね。なぜか、ココナッツの匂いにとても似ているからです。

あら、花スグリの足元にスミレを見つけました。

ヴァイオレット (2)

日陰や半日陰の場所を好んで咲く野生のスミレは可憐です。
花壇に植わった園芸用のスミレにはない魅力があります。

ヴァイオレット (4)

アイルランドの4月は、次から次へと花が咲き始める美しい季節です。
今日は、今年初めてカッコーが鳴くのを聞きました。いよいよ本格的な春がやってきた証拠です。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links