人と人とのつながり アイルランドの道路にて

2014.03.07 07:10|豊かな暮らしを考える
このブログでは、私の身の回りの生活のことを中心に記事を一つずつ書いています。
子どものことや食生活のこと、畑のことなど何でもない話が多いかもしれませんが、こうしたアイルランドでの生活、田舎での生活を描くことでアイルランドという国をもっとご紹介できたら、もっと身近に感じてもらえたら嬉しいなと思います。

アイルランドという国の紹介とは別に、私がこのアイルランドの田舎から一番に伝えたいこと。
それは人と人とのつながりです。
転じて、私たちの社会のあり方。私たちがお互いのために失ってはならないもの。人として当たり前の生き方。

横浜にいた頃は考えもしなかったことですが、アイルランドの田舎に暮らしているとこれがどんなに大切なことかが身に沁みます。

アイルランドは小さな国です。
北海道ほどの大きさに、人口は450万人ほど。家族が大きいので(子どもの数が多い)親戚も多いです。国全体を見渡しても人を一人か二人挟めば、国民全員がつながってしまってもおかしくない、そんな小さな社会が形成されているように思います。

そんな小さな国の、小さな村に住んでいると、この「つながっている感覚」は一層強くなります。

今日は、車を運転している時に起こる、人と人とのつながりの話です。

つい先日、私は義母に会うために一人で車を走らせていました。エニスまでの道路は、幅の広い大きな道路です。
すると、前から走ってきた車が私に向かってライトを数回点滅させました。
こういう時は、乗っている人が知り合いで(道路を走っていると、しばしば知り合いとすれ違うのです。それだけ小さな地域ということですね)、あいさつの意味でライトを点灯させたのか、はたまた私がこれから向かう先に「何かがあるよ」と知らせてくれているか、のどちらかです。

ライト点滅のサインをもらって、私は気持ち減速します。私が走っていた場所はたまたま小さな丘陵になっていて先が見えなかったのですが、これを乗り越えてみると、道路整備のための作業車が停車しており、そこだけ道が一方通行になっていました。
私の側が「停止」になっていたので停車して、対向車が通過するのを待ちます。

先ほどの車は、「この先で道路整備をしてるわよ、今のうちに減速しておくといいわよ」と伝えてくれていたのでした。
超高速で走っていたわけではないものの、おかげで急ブレーキをかけて冷や汗をかかずに済みました。

こうしたことは、何も初めての経験ではありません。
アイルランドでは、よくこうして対向車が「この先に何かあるよ」と知らせてくれることがあります。
だから、私も反対の立場に立ったら同じようにサインをします。

これは学校で習うことではありません。おそらく自動車学校で習うことでもありません。なぜなら、対向車に知らせなくてはならない義務はないのですから。サインを送らなくても、決して交通違反にはなるわけではありません。

では、このサインは一体何でしょう。
それはひとえに「親切心」ではないでしょうか。

私たち一人一人にとって、そして私たち全体としての社会にとって、こうした人の気持ちでつながっている部分はとても大事です。
ルールや法律で定められている範囲のものももちろんありますが、こうした人の気持ちから出た行動、というのは私たちの心に潤いを与えてくれます。

もちろん、アイルランドにもいろいろな人がいて、スピード狂の若者や町中で歩行者にをクラクションを鳴らして蹴散らす人、横入りしてくる厚かましい人などもいるわけです。

でも、ごく一般的な田舎のアイルランドの人々は、この他人を気遣う気持ちや心配りが当たり前にできているように思います。
「アイルランド人は親切だ」、「アイルランド人はみな善人だ」と言っているのではありません。
人としての道やモラルのようなものは、人と人とのつながりがしっかり根付いた小さな社会では必然的に育まれるものです。少し意地悪な言い方を敢えてするなら、そこには常に人の目があり、勝手なふるまいは許されないからです。
この環境があるが故に、助け合いの精神が社会の中に脈々と生きているのです。

そうそう、道路で警察がスピード違反のチェックをしている時も、対向車が点滅ライトで知らせてくれることがあります。
知り合いでもない、顔も合わせたことのない運転手同士の一瞬のコミュニケーションですが、それはまるで「減速しなよ、警察に捕まらないようにね!」と言っているように思えます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク