FC2ブログ

農夫たちの冬支度

2013.09.24 20:54|動物と暮らす
友だちの家に車で遊びに行こうと思ったら、道があるもので通行止めになっていました。

これです。

ストロー2013 (4)

どーん。
トラックで大量の藁(わら)が到着し、若き農夫のビルがそれを納屋に入れているところでした。
「今どけるから、ちょっと待って」と慌てて藁を転がすビルに、「いいよいいよ、どうせここからは歩いていこうと思ってたから」と説明してから、ちょっと立ち話をします。

ストロー2013 (1)

藁とは、小麦やオート麦を収穫したあとに残る茎の部分です。冬に家畜を入れる際、牛舎などに敷いて使います。
昔は自分たちのところで藁も作っていたのでしょうが、今では専門の業者から買いつけるのが一般的です。

プラスチックで周囲がきっちりと巻かれ、圧縮してあるので崩れることがありません。
というわけで、子どもたちがやりたいことは当然ひとつ。「これに乗ってもいい?!」

7歳11か月リラ&ショーン (3)

イエーイ。

9月も半ばを過ぎましたが、農夫たちにとっては冬支度は夏からとっくに始まっています。今年の夏はお天気に恵まれたので、どの農家も蓄えはばっちりのようですが。
それにしても農業というのは、いえ、特にアイルランドの場合は、お天気に大幅に左右される仕事だなあ、大変そうだなあ、と見ていてつくづく感じます。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links