エリカの花とアイルランド

2013.10.22 08:41|アイルランドの自然
夏の終わりのこと。家の裏に置いておいた鉢の中に、何やら植えた記憶のない植物が生えてきたなあ・・・と思っていたら、ヒースの花が咲きました。
どこからか種が飛んできて、芽が出てしまったようです。

エリカの花

ヒース(Heath)とかヘザー(Heather)と呼ばれる野生植物は、アイルランド西部の貧しい荒野や石灰石の多い土地を好んで生育します。

その代表の一つに「Erica Erigena」というものがあります。
別名、アイリッシュヒース。

エリカ(Erica)は、品種改良されたりもして園芸用としても広く出回っています。日本でも鉢植えとしてよく販売されていますね。私も店頭に並ぶエリカしか知らなかったので、アイルランドに来て初めて野生のエリカで覆われた大地を見た時は、感激したものです。

ところで、私のファーストネームも「えりか」です。
偶然ではなく、私の名前もこのエリカの花にちなんでつけられた名前です。私の両親は私が生まれる当初、別の名前を考えていたそうなのですが、私のおじが「エリカという名の美しい花がある」という話を持ってきて「それがいい」と即決したのだとか。
漢字を当てるのも大変なので「平仮名でいいのでは」というわけで「えりか」となりました。

小学生の頃は、周りの友だちが漢字の習得と共に少しずつ自分の名前を漢字で書けるようになっていくのが羨ましくて仕方なく、父に無理に頼んで「えりか」の空想(妄想)の当て字の漢字を作ってもらい、これを遠足用のおしぼり入れに書いてもらって、とても誇らしく思った記憶があります。もちろん今では平仮名の自分の名前は気に入っているので、お父さん、お母さん、ご心配なく。

日本では園芸店でも「エリカ」と表示されて紹介されるこの花ですが、アイルランドでこの花を「Erica」と呼ぶ人はほとんどいません。むしろEricaが花の名前だということを知らない人の方が多いです。
アイルランドでは、ヘザー(Heather)と呼ぶのが一般的で、ヘザーの学名であるエリカという名前は知られていないのです。
そういえば、日本ではある年代から上の人になると「エリカの花散るとき」という歌があった、と聞かされることもよくありました。

また、エリカはヨーロッパ系の女性の名で、北欧やドイツ、東ヨーロッパ諸国でも使われているようです。
アイルランドではよくある名前ではないにしても、ときどきエリカさんがいます。ちなみにエリカの綴りはEricaとErikaの二通りがありますが、アイルランドではCのつくEricaの方が一般的で、私の名前はKなのに何度言ってもCで綴られてしまうことが多いです。ま、いいんですけど。
おかげで私の名前はアイルランド人にとっても比較的覚えやすく、また「発音できない」といったトラブルもなく、とっても重宝しています。

このエリカの生い茂るアイルランド西部に、まさか自分が暮らすことになるとは夢にも思っていませんでした。
非科学的なことはまったく信じない私ですが、アイルランドに暮らすことになったのは、もしかしたら何かの縁のかもしれません。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク