FC2ブログ

そよ風に吹かれて

2012.07.15 11:30|外から見る日本
2年ぶりの日本への里帰り。
実家は神奈川県横浜市青葉区にあります。

去年の震災後、日本はどうなっているのかしら、成田に下りた途端何か変化を感じるのかな・・などと思いながらの旅路でした。
到着してみると・・あ、いつもの日本だ。私の知っている日本だ!変わらない景色がそこにはありました。ほっとした瞬間でした。

3週間ほどの滞在ですが、故郷を満喫しています。母国とは本当にいいものです。

久し振りに日本に帰ると、ここに住んでいた頃には当たり前だと思って気にしていなかったことがふと新鮮に感じられたり、自分の国なのにアウトサイダーとして観察しているような不思議な感覚におそわれます。

いろいろなものに対してこれを感じますが、その中のひとつは「そよ風」。
実家は団地の1階で、家にいる限りすべての窓が開け放たれています。
その窓から入ってくるそよ風のなんと気持ちのいいこと!
レースのカーテンが大きく膨らんで、生温かくやわらかなそよ風が外の木々や植物の香りと共に家の中を吹き抜けます。

アイルランドは夏でも涼しいので、こんな風に一日中窓をすべて開けて過ごす日はほとんどありません。
そして、アイルランドに吹いている風はもっと厳しくて冷たくて、とてもじゃないけど楽しめるような代物ではありません。

外ではセミも鳴き始めて気温が上がっているのでしょうが、こんなに穏やかな気候の日本は恵まれているなあと感じます。

横浜市と言えど、車で少し行けば畑も田んぼもある田園風景が広がります。
寺家町2012
父の車で横浜市青葉区寺家町に連れて行ってもらいました。

田んぼがちょうど美しく見える季節です。
そよ風が吹くと、田んぼの稲の上で風の道筋が見え、「あ、風が見えた!」と子どもの頃を思い出します。

寺家町2012 (1)

夕方に差しかかると田んぼの上空は赤とんぼでいっぱい、自転車で来たらしい近所の小学生の男の子たちが田んぼの脇でタニシやらをとっている風景も、いかにも日本らしくホッとしました。

まだ夜は涼しくてクーラーも要りません。今夜もそよ風と共に、窓からの虫の声を聞きながら眠ります。
幸せだなあ。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links