FC2ブログ

どんなに忙しくても

2012.06.10 00:30|我が家の食卓
月に一度、家族4人揃って図書館に行くのが習慣です。

最近ここで立て続けに借りているのが、お料理の本。

数年前まで我が家の食卓は和食が中心で、「英語のレシピは苦手だなあ・・」と何となく敬遠していたのですが、最近はこの英語のレシピ本たちにもずいぶんお世話になっています。

2年ほど前にいつもはテレビなんてつけない週末の時間帯に、たまたまテレビをつけたらやっていた料理番組がとても素敵でした。シェフの名前は覚えてないけど顔は覚えてる、そして極めつけは彼、オーストラリア人だったわね・・と図書館の棚の前でしばらく立ちつくし、男性シェフの本を端からチェックしていったら・・・いました!この笑顔だ、間違いない!

Bill Grangerという名前のオーストラリア人シェフです。
借りたレシピ本のタイトルは「Feed Me Now!」(今すぐ食べさせて!)。

Bill Granger2


いつか見た彼の料理番組と同様に、レシピはどれもシンプルでおいしそうです。

その中で「どんなに忙しくても、なるべく家族できちんと座って食事をしよう。食事を共にするということは生活の中で、更には人生の中でとても大切な時間だから」というメッセージが印象に残りました。

生活の中で「これだけは譲れない何か」を決めておくことはとても大事だと思います。
そんな「何か」を軸にして、生活というものはまわっているのかなあという気さえします。

Bill Granger1

さすがオーストラリアという場所柄、東南アジアなどの料理をアレンジしたものや和食レシピもちらほら。
その中に「OKAYODON」という名前のレシピを発見。発音からして「日本食?」と思って、でも「そんな名前の丼は聞いたことないなあ」と説明書きを読むと・・・「OKAYOとは日本語で母と子の意味で~」とあります。

「もしかして、親子丼(OYAKODON)の間違え?」

どうやらYとKを逆さにしてしまった模様。ああ、惜しい。

ところでこのビルさん、この記事を書くまで知らなかったのですが日本とのかかわりが深く、七里ヶ浜、横浜、お台場、表参道にレストランがあるそうです。
bills-jp.net

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links