FC2ブログ

自己満足というよろこび

2012.05.11 22:45|毛糸と私
クリスマス前から始めた自分用のセーターがやっと編みあがりました。
編み物をしていた友人を見て刺激を受け、今年の冬の「もの作り」として始めたものでした。
子どもが生まれる前は帽子やら手袋、セーターも何着か編みましたが、今回は数年ぶりの挑戦です。テクニックを一つ一つ思い出しながらのんびり編みました。

編み物に出会ったのは確か小学校の4年生ぐらいの時、学校の編み物クラブで先生に教わった記憶があります。それ以来思い立っては何か編んでいましたが、アイルランド音楽に出会って数年後にアラン編みを知り、アラン模様の世界に魅了されました。

アラン1

今回も、やっぱりアラン模様を入れずにはいられず、セーターの型は本から取って模様は自分で気に入っているものを選んで編み込んでいきました。
模様の入り組んでいる部分は生地も分厚くなり、着てみるとポカポカのセーターです。

アランセーターなんて冬になればどこででも売っているし、買ってしまえば早い話なのですが、自分で編んだセーターは世界にただ一枚の特別なものです。ものは大切に使いたいと普段から思っているので、ものへの思い入れや愛着は大事にしています。

それに、このセーターを編んでいる時間が何より幸せです。
自分の手元から何かが出来上がっていく感覚は何にも代えがたく、完全に自己満足の領域ではありますが心を豊かにしてくれる気がします。
もの作りは、だからやめられません。

ところで、日本語ではセーター(Sweater)と呼ぶけれど、アイルランドではこれがジャンパー(Jumper)となります。日本語でジャンパーというと何か違う服を想像してしまいますが、これもアイルランドに来た当時に覚えたこちら流の英語の一つでした。

それにしても時は既に5月・・・。5月にこんな厚手のセーターはねえ・・と言いたいところですが、今年のアイルランドの春はなかなか気温が上がらず、今日も最高気温は13度。困ったなあ。
近所の家に遊びに行っていたリラを迎えに行くのに、はおりました。そしてリラがパシャリと写真を撮ってくれました。

アラン2

うーん、服の袖がレンズに入っちゃったかな。でもありがとう。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links