FC2ブログ

聞きなれない日本の言葉

2011.09.20 19:49|外から見る日本
先週は日本から母が遊びに来ていて、気の合う日本人仲間と集まる機会があったので日本語でたくさんのおしゃべりを楽しみました。
会話の中で「?」と何か聞きなれない言葉が盛んに出てきたので「なに?今なんて言ったの?」と聞くと「ダンシャリよ、ダンシャリ!」とみんな知ってる様子。日本の皆さんは当たり前に知っている言葉なのでしょうか、この「断捨離」。漢字でどうやって書くのかも教えてもらって、「ほぉ~、そんな言葉があるんですか~」などと言うと

「エリカちゃん、日本語アップデートされてないね!」と同じ海外組みの友達にも言われ・・・。

きっとネットでいろいろ見ている人は海外に住んでいてもこういうところまでしっかりフォローできているのかもしれませんが、私はどうもぼんやりしていて抜けてしまいます。

以前にも日本に帰省したらやたら耳にする知らない言葉があって「みんな何を話してるんだろう??」と思ったことが何度かあります。
そのひとつは「イナバウアー」。テレビなどを見ていてもよく使われていて、でも誰も説明してくれないのでしばらく何のことだかさっぱり分かりませんでした。今ではもうどうでもよくなって意味も忘れてしまいましたが。

もうひとつは「ワンセグ」。
当時は盛んにみんな口にしていて、これもしばらく「何なんだろう~」と思っていました。

流行語大賞のようなものが存在したり、新しい言葉がどんどん生まれてはそれが定着したり、または短命であっという間に死語と化して忘れられたり・・という風潮は日本ならではかなと思います。

アップデートされていない私の日本語、きっと知らないで死語もたくさん使ってるんだろうなあ、かわいそうな私・・・。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links