FC2ブログ

アイルランドで素敵なホテルを発見!

2011.08.21 23:02|アイルランド的生活
夫の大学時代からの親友ガロードが結婚することになり、家族4人で先月結婚式にお呼ばれして来ました。

きっちり3時間ほどのドライブで、迷うことなく式の行われるウィックロウ州のホテルへ到着。フィークルを出た時には大雨だったのに、ここは快晴。やっぱり東アイルランドの方が天気に恵まれている。
ホテルは山のふもとの村にあり、ひっそりとしたたたずまい。敷地もかなり広く、ゴルフ場も所有しているとか。
ホテルのロビーに行くと新郎ガロードが「あ、よく来てくれた!まだ式が始まるまで時間があるから、部屋にチェックインしたら?」
え?部屋?チェックイン?
クエスチョンマークが夫と私の頭をぐるぐる回ります。あ、もしかしてガロードが電話をかけてきて「式、来れるよね?今招待客の人数を確認してるところなんだ」と言っていたのはイコール「ホテルの部屋を予約するから」っていうことだったんだ・・!
近くに住む夫の弟家族の家に一泊させてもらう予定で来ていたのを急遽キャンセルして、この夜はホテルに泊まることに。
どこまでも心優しい、ガロードらしい演出でした。

そんなこんなで久しぶりのホテル宿泊です。子供たちは大はしゃぎ。私も大はしゃぎ!部屋もとても素敵で、窓を開けると下には小川が流れ、ロケーションも最高!

式はホテルの敷地内にある小さなチャペルで行われました。
ガロードウェディング1

ガロードのパートナーはドイツ人のサンドラ。プロのベリーダンサーで、快活で素敵な女性です。式は彼らの友人のハープ奏者(お決まり・・!)が音楽を担当、和やかに行われました。決して簡単ではなかった人生を歩んできた二人だったので、成熟したカップルの姿は立派でした。

リラとショーンはカップルがチャペルを出る時にバラの花びらを投げる役に。
ガロードウェディング2

夕方からは日本で言うところの披露宴。ベリーダンスを見ながら(!)フルコースのお料理を堪能しました。このホテルの料理は野菜もお肉もすべてがオーガニック。とってもおいしかったです。
ガロードとサンドラの住むウェックスフォードのお友達と同席になり、初対面ながらも楽しいおしゃべりとなりました。
夜はお酒を飲みながら音楽セッション。ガロードもブズーキを演奏します。そのあとディスコになって、たくさん踊りました。
親しい友人と家族が集まった完全プライベートの素敵なウェディングパーティーでした。

翌朝の朝食も贅沢でした。庭もメンテナンスが行き届いているし、働くスタッフのサービスも良し、バスルームや室内プールのモザイクタイルはふんだんに使われ、とにかく気持ちのよいホテルでした。

ガロードウェディング3

私は帰るのが惜しく、「また絶対ここに来ようね!ね!ね!」と夫を諭し「ああ~、いいわね~」を連発しながらうっとり。

皆さん、ウィックロウのホテルに泊まるなら、このブルックロッジがお勧めです。
私は興味ありませんが、スパもあります。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links