FC2ブログ

ジャガイモとアイルランド人

2011.07.19 07:31|食文化/食事情
3週間強のアメリカツアーを終えた夫が昨日帰国しました。早朝6時25分にシャノン到着の便、車で迎えに行くのに4時代には起床して念のためとネットを開けたら到着予定時刻が早まって6時となっている!あらまあ、子どもたちを早く起こさないと!

5時にたたき起こされた子どもたちは「明日の朝は早いよ、ダダを迎えにシャノン空港に行くんだよ、ちゃんと起きてね」と言い聞かせていたのが効いて、眠い目をこすりながらも素直に起きてくれました。
フィークルからシャノンまでは車で45分ほどの距離です。明るくなりかけた空を見上げながら、人っ子一人いない道路を走ります。

どうにか無事に帰国した夫とオーインさん(というのは、オーインさんの荷物が届かず・・。パットの荷物と一緒にチェックインしたのに、なぜ!?)、子どもたちは夫の姿を見ると駆けていって大喜び。
やっぱりダダはいいよね。みんなニコニコ、ハッピー、嬉しい瞬間でした。
さて、我が家に直行して朝ごはんです。いつものお茶もおいしく感じられるようで、アイルランド人二人は「ティーがおいしいなあ~!」としみじみ。アメリカではやはりコーヒーを飲むことが多かったようです。

オーインさんは朝食後いそいそと「ルカが待ってるから」と帰宅準備、「近いうちに遊びに行くね~」と声をかけて見送りました。夫はその後ベッドへ直行、機内では1時間ほどしか寝なかったようです。

5時ぐらいまで熟睡して、起きてきたと思ったら「夕飯はジャガイモにしよう!ジャガイモ食べてもいい?」と言います。「それはもちろんいいけど・・」と言うと「畑からジャガイモ採ってこよう!」
「へっ?うそでしょう?帰ってきて早々そんな重労働しなくても・・ジャガイモなら買ったのがあるじゃない」「いやいや、畑のジャガイモの方が絶対においしい!イモ!いも!芋~!」
数分後には夫は既に長靴を履き、ガーデン用フォークをかついで菜園へ。小雨の降る中、強風にびゅうびゅうと煽られながらジャガイモを掘る後ろ姿がリビングルームから見えます・・。

これぞアイルランド人のジャガイモ執念。

そういえば空港からの帰りの車中でもオーインさんとジャガイモの話になり、「アメリカでもジャガイモは食べたけどおいしくなかった!今夜は芋だ!」とオーインさんも言っていたのを思い出しました。
故郷を離れると、ふるさとの味が恋しくなるのは万国共通なのですね。

畑から数種類のレタスの葉を収穫してサラダを作り、サーモンを焼いて今年初の新じゃがと共にいただきました。
ジャガイモの銘柄はブリティッシュクイーン、それはそれはおいしいホクホクのジャガイモでした。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links