愛読している雑誌

2011.10.21 13:04|アート&教養
雑誌、というのがありますね。
日本の書店に行くと山の数ほどあって、週刊誌、ファッション誌、料理雑誌などなど実に多彩です。
アイルランドでもこれは同じで、イングランドからの輸入雑誌も多いですがインテリア雑誌などはときどき好きで買うことがあります。

愛読している雑誌が一つだけあります。日本の雑誌で、日本の実家に郵送で届くのでそれを母がときどき荷物につめて送ってくれます。

雑誌の名前はグラフィケーション。

日本でアイルランド音楽を通してお会いしたある方がこの雑誌の編集に携わっており、「興味があれば送ってあげるわよ」と手続きをしてくださり、それ以来何年もの間購読しています。

このグラフィケーションという雑誌は書店では売っていません。
発行元は富士ゼロックスで、企業の広報誌であるため書店での扱いがないのです。購読といっても申し込みをすれば原則として無料で郵送されてくる隔月刊の雑誌です。

graphication.jpg

雑誌のコンセプトを読むと科学、文化、自然の3つを軸に社会のあり方を考える、とあります。ゼロックスの広報誌なだけあってかなりのページが写真にも割かれています。
各号の特集を見ると、「シートンの世界」、「アジアとのつながり」、「方言の時代へ」、「川・水辺の再生」など知的好奇心をくすぐる内容ばかりで、これが本当に面白いのです。
最新号は「東北に寄せる思い」。
深刻な被害を受けた石巻の50年代、60年代の人々の暮らしについて書かれた記事や東北のこれからの未来についての対談など、新聞やインターネットでは決して知り得ない情報がいつもこの雑誌にはあります。

広告代理店に支配されない自由なテーマと社会的な立場から、誰に媚びることもなくむしろ読者をぐいぐい引っ張っていくような姿勢が頼もしく、魅力的です。
これぞ、雑誌の中の雑誌。

ご興味がおありの方はぜひぜひ定期購読してみてください。
詳細はこちらから。
関連記事

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク