FC2ブログ
2019.11.13 12:42|我が家の食卓
我が家の庭に、一本の梨の木があります。
地域にあるIrish Seed Saversに勤めていた友人が、何年も前にくれた梨の木です。
「何かの病気にかかっていて販売できないから。でもいずれは回復して健康な木になると思う」ということで、畑の隅にあるコンポスト置き場の横に、パットさんが植えました。

友人の言った通り病気は1~2年で消滅、それからは毎年ぐんぐん枝を伸ばし、秋になると見事な梨をたくさん実らせてくれます。

一本の梨の木から2019 (7)

「たくさん」とは、20個、30個という数ではありません。もしかして、100個前後できてる?

一本の梨の木から2019 (5)

実の重さで枝が地面に不時着してしまうほど。たった一本の木に、こんなたくさんの梨ができるなんて。果樹というのは、なんて寛容なのでしょう。
9月の終わりぐらいから梨の実が少しずつ地面にぽとりぽとりと落ち始めました。枝に残る梨を一つずつひねってみて、簡単に枝から離れれば収穫していきます。これはりんごの収穫と同じ手法。

一本の梨の木から2019 (4)

バケツいっぱいの梨。むろん、これで全部ではありません。収穫した梨は段ボール箱に入れて、風通しのいい納屋に保存しています。
収穫直後はややかためだった梨ですが、日を置くごとに柔らかく甘くなっていきました。このまま行くと、どんどん熟れてしまう!近いうちに大量の梨を使い切らねば。

まずは手始めに、我が家の定番タルトに梨を使ってみました。

一本の梨の木から2019 (3)

これは焼く前の写真。うーん、絶対おいしくなること間違いなし。

そして。

一本の梨の木から2019 (2)

じゃーん。旬の味が詰まった絶品の梨タルトが完成です。

このほかにも、今年は梨のジャムをたくさん作って瓶詰めしました。1回目のジャムは梨とカルダモン、そして2回目のジャムは梨とバニラビーンズ。どちらも最高のお味。

我が家に大きな果樹園は必要ありません。
この一本の梨の木が与えてくれる恵みに、感謝する秋です。

望月えりか 初著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」
オンラインほか、全国の書店にて販売中
jig-01_帯付き_RGB
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links