FC2ブログ
2019.05.18 00:43|地域コミュニティー
隣人が数週間前に転んで足を骨折してしまいました。地域看護師さんがシャワーを手伝いに来てくれたりしているようですが、一人暮らしなのでちょっとしたことにも難儀するようです。私たちもひんぱんに彼女の家を出入りしては、手を貸しています。

「数日前からひどい頭痛なのよ」という隣人、「行きつけのお医者さんに薬を出してもらったのだけど、それを車で取りに行くなんてこと、エリカに頼んでもいい?」と電話があり、今朝ひとっ走りして隣町のスカリフまで行ってきました。

スカリフまでは車で20分ほど。
お医者さんに行くと受付の女性がすぐに小窓を開けて対応してくれました。
「あの、私の隣人のために来たんです。今朝ドクターに電話をして薬を処方してもらったそうなんですが、本人は取りに来られなくて」と事情を話すと「ああそうなのね、いいですよ。彼女の名前は?」
受付の女性も私の隣人の名前がすぐに分かって、「ああ彼女ね、はいはい、これが処方箋。ご苦労さま!」

アイルランドの公園 (8)
(スカリフに流れる川沿い)

処方箋を手に持って、歩いて数分の薬局へ。週末前だからでしょうか、今日はいつもより混んでいます。しばらくして順番がまわってくると、対応してくれたのはお互い顔見知りの薬剤師さん。彼女の娘さんはアイルランドの伝統的なステップダンスが上手で、数年前までよく村のパブにお披露目に来ていたのです。「こちらの薬、お願いします」「OK、ちょっと待っててね」

「娘さんは元気?」なんていう会話をしてもよかったのだけど、今日は時間がないので薬を受け取ってサインをし、「ありがとうございます」「ありがとう」とあいさつをしてから早々に店を出ました。さて、スカリフに来たついでにいつも通っているオーガニックショップへちらっと寄ろう。今日はあたたかいしお天気も良いせいか、お店のドアは全開。足を踏み入れると、リサがカウンターで働いています。今朝入ってきたらしい焼きたてのサワーブレッドを並べているところでした。「ハイ、リサ」「ハイ、エリカ」
彼女は私のご近所さんの妹さんで、よく遊びに来ています。彼女の子どもと我が子どもたちもよく遊び、仲がいいのです。「いいお天気よね」「本当に。気持ちがいいよね」こちらも、時間があればもっとおしゃべりしたかったけれど、今日は隣人に早く薬を届けたいし、また今度。
野菜を販売するコーナーを少し覗くと、ここにもお店のスタッフさんが在庫の整理をして働いていました。名前も知らない人ですが、「お元気?」「ええありがとう、そちらは?」「元気です」とあいさつ。
一人で買い物をしていても、口を開かずにできる買い物はありません。

買った商品を袋に入れないお店も多いアイルランド。近隣で手作りされているオーガニックの固形石鹸3個と、パットさんがいつも作っているムーズリに入れるオーガニックのスペルト麦のポップを片手で抱えるように持って、駐車した場所まで歩きます。地元の人らしき女性が、薬局の前で立ち話をしています。道路を渡ると路上に一時停止した車の窓が開いていて、そこに男性がよりかかるようにして運転手の男性とおしゃべりしています。それを歩道でのんびり眺める男性が、道すがら「Good morning」とあいさつをしてきたので、私もすかさず「お元気ですか」と返します。あいさつは、知らない人にもするのが当たり前。すれ違ったり、たまたま目があったりした時には「どうも」とお互い声をかけ合うのが、アイルランドの田舎の常識です。

隣人の家を軽くノックしてから、ガチャッと勝手にドアを開けます。名前を呼ぶと奥から声がして「エリカー?今バスルームにいるの、入ってて」
大事な薬を渡し、ついでに洗ったばかりのパジャマを外に干し、きれいなグラスをキッチンから持ってきて水を入れてあげます。おしゃべり好きの隣人なので、いつも去るタイミングを逃す私。そのうち、カッコーはちゃんと鳴いてるの?からはじまり、鳥の話を延々しました。「隣のアレックスにも訊いたんだけどね、『さあ、分かんないなあ。意識して聞いてないから』って言われてね。エリカとパットだったら絶対分かると思ったの」
「もう2週間以上前から鳴いてるよ。毎日聞こえるし、特に夕方はよく鳴くよね」

それから、隣人の納屋に巣を作ろうと入ってきているのはツバメだけではなく、種類の違う鳥も出入りしていて、ときどき外でけんかをしているのだそう。「あの鳥の名前なんて言うんだったっけ」と言って、彼女の箪笥の上に置いてあった野鳥の一覧表を二人で眺めました。「ああ、この鳥だわ、胸元が黄色いの。シジュウカラね」

地域に暮らすって、こういうことなんだよね。ただ家を借りたり買ったりして、そこに間借りしているわけじゃない。同じ土地に住む人とあいさつを交わし顔なじみになって、少しずつお互いを知るようになり、いつの間にか自然にゆるくつながっていく。
お互い困ったことになったら、できる範囲で手を差し伸べる。一人暮らしでも独りじゃない。こんなに静かで、人口も少なく家が点在するような場所でも、いつもみんなの息遣いは聞こえる。何かあったら駆けつけてくれる人たちがいる。

夕刻時になったら、カーテンを閉めにまた隣人の家に行きます。

望月えりか 初の著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」オンラインほか、全国の書店で販売中
望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links