FC2ブログ
2018.11.28 23:40|動物と暮らす
リラの乗馬のためにポニーを飼い始めたのは2015年のこと。もうあれから3年も経つんですね~、あっという間です。
ポニーを迎える準備の一つとして、冬場に雨風をしのぐ馬小屋があるといいのではないかということで、パットさんが冬の冷たい空気の中せっせと作業していたのを思い出しました。

セメントを買ってきて水と混ぜてコンクリートを流し込み、骨組みを立てて屋根をつけて・・というもろもろの作業をすべて一人でこなすパットさん。家に大工さんがいるというのは本当にありがたいことです。

骨組みを作るのに、丸太が何本もいるなあということになりました。馬小屋だし、形の整った材木を買う必要はありません。思案の末、村の農夫デニスさんにかけ合ってみることにしました。デニスさんは肉牛の農家さんですが、何エーカーもある土地に植林をしており、そこで取れる木を薪として販売しています。まっすぐで運びやすいサイズの杉の木を持っているかもしれない。

パットさんがさっそく電話をしてみると・・
「杉?いっぱいあるよ!何本いるの?それだけ?だったらね、いつでもいいから取りに来たらいいよ、干し草を収納してる納屋の裏に転がってるんだ。家には誰もいないかもしれないけど、勝手に来てもらっていいから!」
信頼関係があれば、物事はなんとスムーズに進むことでしょう。
エニス郊外に住む弟からトレイラーを借りて、これを車でけん引して後日丸太を取りに行きました。ありがとう、デニスさん。

そんなわけで、デニスさんから譲ってもらった木で骨組みができました。わーい。

pony stable (3)

お次は屋根。屋根の材料やそのほかの木材、ねじや釘などはすべて隣町タラのお店で買えます。

pony stable (2)

小さな家でも建ててしまいそうなパットさん。屋根はほんの少し傾斜を作って雨水がうまく流れるようになっています。

pony stable (7)

壁材(?!)には近所に住む友人からこちらも安く譲り受けた木材を使用。いかにも手作りの風合い満点の建物ですが、ま、馬小屋だし、細かいところは気にしない、気にしない。

Pony Stable (12)

完成!
ところどころいびつで愛嬌のある小屋ですが、骨組みがしっかりしているので頑丈です。たとえポニーが体をぐいぐい擦りつけても倒れることはまずありません。

Pony Stable (13)

そんな一大プロジェクトから早3年。
今年も暗くて長いアイルランドの冬がやってきました。ポニーは馬小屋に無事入っているかな~。

Pony Stable (8)

あれ!!入ってません!
同じ敷地内にはいるものの、冬用のコートを着たポニーたちは雨風もなんのその、相変わらず外で残った芝草を食んでいます。

そして、もう一つ意外な展開が。

Pony Stable (11)

あれ!!馬小屋の中に何やら薪がいっぱい・・・。

Pony Stable (9)

我が家のポニーをこの馬小屋に入れて、ここで干し草を与えて冬越えするというのが当初の計画でした。それが、いつの頃からかご近所さんのポニーも一緒に世話することになり、更には冬が来るとフルタイムの農家であるこのご近所さんが干し草のたっぷりある特大の納屋で、我が家のポニーもろとも世話をしてくれることになったのです。ということは、冬場のほとんどはポニーがここにいない・・。

それと同時に、パットさんが建てた馬小屋は我が家の林がある敷地内。ここ数年というもの、剪定で出た木を薪として使えるようになってきました。切った直後の木は燃料としてはまだ若すぎて燃やせないので、しばらく納屋などの乾燥した場所で乾かします。
あれ?今、納屋って言った?

本末転倒の結末となったパットさんの馬小屋計画。
せっかく作ったのに、残念がっていない?と心配しましたが、本人は涼しい顔で「薪貯蔵にちょうどよかった~。ポニーが入ってきて糞でもされたら困る!」なんて言う始末。あの労働は無駄にはならなかったようです。ふう。

Pony Stable (4)

さて、これはおまけの写真。
屋根の取り付け作業中のパットさん、何か工具でも持ってる?と思ってよ~く見直してみたら。全然違うものを抱えてますね・・!

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
↓クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links