FC2ブログ
2018.08.25 08:53|豊かな暮らしを考える
もう何年も前から、カモを2羽飼っています。
野生の鴨が時を経て家禽化されたのがアヒルですから、本当はアヒルと呼ぶのが正解なのかもしれません。

我が家の回りはキツネが多く生息しているので、鳥を飼う場合は電気の通ったネット状のフェンスで囲ってやるのが普通です。囲うと言ってもフェンス内のスペースは広々、我が家の場合はパットさんがショベルで掘って作った池もこのスペース内にあります。

カモ2羽目 (2)

水鳥ですからね、泳げるほどの水があると嬉しそうです。

普段はこのフェンスの中にいるカモたちも、私たちが畑仕事をするために外に一日中出ているような時はガーデンに出してやります。カモはその滑らかなくちばしでナメクジなどの畑の害虫を器用に見つけては食べてくれるのです。まさにガーデナーの友なのですね。

1日3回、水と一緒にオーガニックの餌を持っていってやるとグワーグワーと鳴きながら喜んでついてきます。
朝は小屋の中に卵を見つけることもあります。この卵は黄身が大きく、焼き菓子づくりにはもってこいです。
夜行性のキツネたちから守るため、暗くなるとくフェンス内にあるカモ専用の小屋に追い込みしっかり錠をしてやります。きちんと世話をしてやれば、敵に襲われる危険も減らすことができます。

2015年ガーデンクラブ (2)

カモたちの様子を眺めていると、とても安らかな気持ちになります。
カモはお腹が空いたら食べて、緑の草の上を仲間と共に歩きながら食べ物(虫)があるとこれも食し、疲れたら木陰に座って昼寝をします。一日に何度も水に入っては羽の手入れをし、体をくちばしできれいに洗って乾かします。

毎日特に変化のない暮らし。穏やかで、何ら不足のない満たされた生活。
彼らには、人生の意味とかゴールなんていうものは存在しません。ただその日その日を生きている。生きるために食べ、食べるために生きている。
カモを見ていると、人生の生きがいや目的を探し見つけなければいけないと焦ることが、本当は不幸なことなのではないかとすら思えてきます。

カモのように生きることができたら。
幸せなんだろうなあ。

望月えりか@Instagram ―暮らしの中の美しいものを記録しています―
望月えりか @Twitter ―心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています―
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links