FC2ブログ
2018.03.29 08:26|アイルランドの音楽
我が家にはアコーディオンが一台あります。
ボタンアコーディオンと呼ばれるタイプで、高さが30センチ弱ほどの小型のものです。

エリカのアコーディオン (1)

フィンガーボードが割れて壊れていたり、音の出にくいボタンがあったりして弾ける状態ではなかったのを、去年の夏に思い切って直しました。親しい友人でアコーディオンの修理を手がけるチャーリーに頼むと「そんなに価値の高い楽器ではないけれど、なかなかの音が出るんじゃないかな」と快諾してくれて、日本から戻ると生まれ変わったアコーディオンがソファにきちんと座っていたのでした。
おまけに新品のストラップまでついてる!まさに優待サービスです。

このアコーディオンはホーナーというドイツのメーカーで、その名も「ERICA エリカ」と言います。

エリカのアコーディオン (2)

その昔パットさんが村のある知人から譲り受けたもので、結婚して私が引っ越してきた時にはもう家にありました。

今でもホーナーはこのエリカのモデルのアコーディオンを作っていますが、すべて中国製とのこと。
チャーリー曰く「でもこのエリカはまだドイツで生産されていた時代の楽器だね」。

私たちはパットさんも私も子どもたち二人もフィドルを弾く家族で、アコーディオン奏者はいません。
が、ときどき誰かが手に取って音を出してみたり曲を弾いたりしています。

エリカのアコーディオン2017 (2)

運命というものがあるのかどうか、私には分かりません。偶然は必然とも言います。
自分と同じ名前のアコーディオンを持っていた人と一緒になったのも、何かとても自然なことのように感じます。

このアコーディオン、キーがアイルランド音楽で使われるものとやや違うため、パブのセッションなどには持っていくことができません。
そうでなくとも、私はフィドルとフルートで手一杯でとてもじゃないけどアコーディオンを練習する気力はない!
それに、エリカがエリカを弾いてるってちょっと滑稽・・ではありませんか?

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
DSCF9221.jpgバリーズティー画像 (11)キャンベルズティー (7)

「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
DSCF8878.jpgDSCF8815.jpgDSCF8816.jpg

オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。
加工済みDSCF6934iichiに出店 (2)iichiに出店 (3)

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links