2017.11.29 08:54|アイルランドで畑仕事
本当は10月中にニンニクを畑に植えておきたかったのですが、お天気になかなか恵まれず足踏みしていました。

ニンニク栽培2017 (3)

いつもお世話になっている西コークのサプライヤーさんにオーガニックの栽培用ニンニクを注文して、数少ない晴天の日を見計らい、やっと作業を終えることができました。

ニンニク栽培2017 (2)

親しくしている友人のお姉さんと会う機会があって、おしゃべりをしていたら彼女がこんなことを言います。
「私はガーデニングとか得意な方ではないんだけどね。最近新聞で読んだんだけど、アイルランドの気候ってニンニク栽培に適してるんですって。簡単にできるって言うし。でもスーパーで売ってるニンニクは、あれ全部中国産でしょう?それも大しておいしくないの。この国でおいしく簡単に栽培できるものを、地球の反対側からわざわざ輸入してる。これってすごくおかしいことだと思わない?」

ニンニクに限らず、はたまた食品に限らず、今あらゆる「もの」の世界において、同じような現象が起こっています。
棚から商品を選ぶだけの消費社会では、こうしたことに気づく機会がなかったりもします。

ニンニクは、ひとかけずつ分けて土に挿していくだけで芽が出ます。ジェラルディンが言うように、簡単にできるのです。
おいしく太ったニンニクができるには寒い冬を越える必要があるので、アイルランドでは10月~11月にかけて、遅くともクリスマス前までには植えるというのが原則です。

ニンニク栽培2017 (1)

植えっぱなしで手間要らず、初夏には収穫できて1年以上保存ができるので、我が家では食用のニンニクを買う必要がありません。

自分では育てることが難しくても、せめて中国産のニンニクではなくアイルランド産のおいしいニンニクがもっと手に入るようになればいいのにと思います。

生活の中のほんの少しの変化が、その社会を、世界を、大きく変えることがあると信じています。

望月えりか @Twitter (心に浮かんだこと、何気ない出来事や印象に残った瞬間を言葉にしています)
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
「ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema(クリーマ)」にてアイルランドの毛糸を販売しています。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」にて毛糸を使った作品を出品しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links