2017.09.29 09:51|アイルランドで子育て
今年の6月に3年ぶりに日本に帰国し、3週間という短い間でしたが母国日本を満喫しました。
滞在中、嬉しいことがありました。
11歳の娘のリラが、初めて日本語を「自主的」に書き始めたのです。

子どもたちの日本語 (2)

平仮名だけですよ。
今までも日本の母が送ってくれたドリルなどをやらせたことはあるけれど、ここまで興味を示してくれたのは初めてでした。
日本滞在も後半にさしかかると、私の父と平仮名を書きながらしりとりをしています。

アイルランドに戻ってきてからも、平仮名の並んだラベルなどを見ると「ちょっと待って!読んでみる」と(英語で)言っては挑戦を続けています。単語として知っている日本語もあるので、読み進める途中で分かることも多いようです。

私は普段、自分の子どもたちに日本語で話しかけます。ところが、子どもたちも幼少時には日本語で返してくれていたのに、学校に行き出した途端あっという間に英語にとって代わってしまいました。今でもくじけずに日本語で話していますが、子どもたちは100%英語で返事をしてきます。

私たち親子の会話は想像がしにくいかもしれませんが、例えばこんな感じなのです。

私「おかえりー。学校どうだった?」
ショーン「Good. Eddy didn't come to school today so I was playing with Tom.」
私「そうなの?エディーどうしたんだろうね」
ショーン「I don't know. Maybe he's sick or something. I don't know」
私「ふーん」

ま、返事が返ってくるということは私の日本語を理解しているということなので、とりあえず良しとしています。

成長に従って、子どもたちの語彙はどんどん増えていきます。日本語の単語の意味をいちいち説明するのが大変なことも多く(面倒・・と言うのかもしれません)、私の日本語は英単語がかなり混入した日本語であったりします。
また、英語を話す第三者が会話の中にいる時は、その場の全員が分かるようにとどうしても英語で話してしまいます。

夫のパットさんは日本語を話さないので、子どもたちにとっては私が唯一の日本語スピーカー。近くには日本語学校も日本人会もありません。

そんな環境の中で娘が日本語の読み書きを始めてくれたこと。

この先どうなっていくのかは分かりませんが、都内の紀伊国屋で買った外国人向けの平仮名学習本を、さり気なく見せたりしている母なのでした。

Erika Moc O'C @Twitter
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links