2017.04.20 09:34|外から見る日本
ここ数年ほど、和食を作ることがめっきり減りました。
お醤油や味噌の味は食べると懐かしくて嬉しいのですが、日本の食材も自由に手に入らない中では限界があります。
それに、私の暮らすアイルランドという土地で育たないものを流通に依存してまで食べ続けようとする食生活にも、疑問を抱くようになりました。自分のふるさとの味にしがみつくよりは、私が変わればいいのでは?と自然に思えるようになったのも、13年という時のせいなのかもしれません。

なんて、かっこいいようなことを言っておきながら、数か月前にリムリックに住む友人からこんなものをもらい、おいしくいただきました。

静かなうどん

UDONです。
日本のものではありませんが、食べてみれば正真正銘うどんの味、うどんの食感。

どうにかスープも作って、畑にある青菜やらを軽く煮て、なんちゃって熱々うどんをディナーで出してみました。
子どもたちはヌードル全般が大好きなので、「Ohhh, looovely!!」と言って大興奮。にせものだけどね・・。
夫のパットさんも「日本にいるみたいだ・・!」とやたら感動して食べてくれます。にせものだけどね・・。

アイルランドの田舎で家族4人がうどんをすする、というのはなんだかおかしな光景です。が、更におかしいことに、このうどんタイムがやけに静かなのです。

そう。誰もうどんをすすっていません。
「麺をすする」という行為は、西洋の食習慣にはありません。音を立てて食べること自体がなく、スパゲッティなどもくるくるとフォークに巻いて器用に食べますね。
そもそも「すする」というスキルを持っていない彼らに「すすりなさい」と言ってもできない人がいたりします。
試してもらったことはありませんが、パットさんも我が子どもたちもおそらくこれにあたります。

かくいう私は日本人なのだから、すするスキルはもちろん完備しています。
しかし、静かにうどんを食する3人と並んで私だけがズズズズとやるのは、どうにも気が引けます。
ややもすれば、子どもたちから「マミー!マナーはどこに行ったの?」と怒られそうです。
これも海外在住者のさだめなのでしょうか。

6月に3年ぶりの帰省をします。うどん、すすれるかしら。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリー一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク