2016.09.23 07:33|アイルランドの自然
「ミツバチを飼いたい」と夫が言い出したのは数年前のこと。
アイルランドの田舎では養蜂を趣味とする個人の人たちがよくいます。私たちもさっそく養蜂に必要なグッズを扱うお店に連絡をし、一通りのものを買い揃えました。

ようこそミツバチ!2016 (10)

親しい友人から譲り受けた箱もあり、あとはミツバチを入れるだけ。
とは言え、ミツバチってどうやって手に入れればいいの?
女王蜂と働き蜂等のグループを購入することもできるそうですが、養蜂箱を外に出しておけばいつか住み着いてくれることもあると言います。しかしそんな淡い期待も無念に終わり、ミツバチがやってくる気配はありません。

そんなところへ、ある日突然友人から1本の電話が入りました。

「私の友人の庭にミツバチの大群がいるっていうことなんだけど、パットがもし欲しいなら今すぐ取りに行ってみたら?」

まあ!まあ!!
「絶好のチャンスがやって来たわよ!ミツバチミツバチ!」と興奮する私に、たまたま家にいた夫は浮かない顔。
「そんなこと急に言われたって、どうやって取りに行けばいいか分からないし、無理だよ・・・」

こらー!!!

電話口の友人と私の説得に、渋々車を出す夫。
小一時間で戻ってきた夫は、さっきとは打って変わって真剣顔です。

「ミツバチの大群、木の枝にぶら下がってたから揺さぶってこれに入れた」

ようこそミツバチ!2016 (12)

えっ、バケツ!!?
蓋付きのプラスチックのバケツからはものすごい羽音が聞こえてきます。バケツの側面を触ると、あったかい!

夫は養蜂に詳しい友人のジョンに再三電話をかけながら指示を受けます。

「OK、今からミツバチ出すけど。うん、うん、蓋を開けて上から流し込めばいいんだね。分かった、やってみる」

ようこそミツバチ!2016 (9)

ザザザザーっと、ミツバチの群れを養蜂箱の上でひっくり返す夫。
保護スーツも何も着ていない夫ですが、刺される気配は全くありません。

ようこそミツバチ!2016 (8)

うわー。

ようこそミツバチ!2016 (6)

ジョンによると、養蜂箱の中にあるフレームとフレームの間に少しずつミツバチが入っていくはずとのこと。

ようこそミツバチ!2016 (4)

本当だ。だんだんミツバチの山が小さくなってきました。
蜂をつぶさない程度にまでなったら蓋をして、とりあえず完了です。

ようこそミツバチ!2016 (3)

焦って養蜂箱を設置したせいで、箱の向きも間違ってるしフロアも反対(あとでちゃんと直しました)。

世界的に深刻な減少が報告されているミツバチ。アイルランドでも事情は同じです。
養蜂と言えばすぐにハチミツを連想する私たちですが、我が夫はハチミツを取ることよりもミツバチが身近にいる暮らしがいい、と言います。自分たちのガーデンにミツバチがやって来ると、確かに嬉しいものです。

ようこそミツバチ。

ミツバチがやって来てから数週間。働き蜂たちは、元気に花蜜を集めて飛び回っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。
オンラインショップ「ハンドメイド通販 iichi(いいち)」に出店しています。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎをしているほか、アイルランド伝統音楽の魅力を紹介するプロジェクト「ブラックバードミュージック」を運営しています。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

facebook

Twitter

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク