2015.06.25 10:02|アイルランドのテレビ
ドイツ系の低価格チェーンスーパー、アルディ(Aldi)は、ここアイルランドでも全国的にビジネスを展開する大型のスーパーマーケットです。比較的規模の大きな町には必ず店舗を構えています。

広報活動も盛んにおこなうアルディのテレビコマーシャルが、今とても面白いのでご紹介したいと思います。
シリーズで流れるコマーシャルは3つ。「100%アイルランド産の新鮮なお肉を取り扱っていますよ」というメッセージのコマーシャルですが、これになぞらえてアイルランドの典型的な国民の姿(=100%アイリッシュ)を上手く重ね合わせており、見るたびに夫と一緒に苦笑しています。

一つ目はこちら。



コマーシャルのタイトルは「As Irish As Not Wanting To Cause A Fuss」。つまり自分のために周りの人に騒ぎを起こしてほしくない、迷惑をかけるなら自分が我慢する方がずっとまし、というアイルランド人によく見られる社会的な振る舞いを表現したものです。
屋外でバーベキューを楽しむ中、煙がなぜか一人の男性の方向に。周りの友人が心配するも「大丈夫!心配しないで!」と頑なに席を動かない男性。アイルランド人ですね~。

お次はこれ。



「As Irish As The Inability To Take A Compliment」=「褒め言葉を素直に受け入れることができないアイルランド人」ということで、ここでは「そのドレス素敵ね、黒が良く似合うわよ」と褒めた女性に対し、ドレスがまったくもって素敵ではないこと、それどころかひどいドレスだということを懸命に説明する女性の姿を映しています。そうそう、アイルランド人って褒められるとどうしていいか分からなくなる人が多いですね。こんな謙虚な姿が私は好きですが。

最後はこちら。



「As Irish As Never Wanting To Be The First To Hang-up」というタイトルで、「電話を切る時、絶対に先に切りたくないアイルランド人」のことです。
電話を切る間際、「バーイ、バイバイ、じゃあね、すぐにまたね、うん、バーイ」と言いながら、相手が先に受話器を置いてくれるのを待ち続ける女性が登場します。どちらが先に電話を切るかなんて大したことではないのに、こういう細かいところまでどうしても心を配ってしまう悩ましいアイルランド人の姿がよく表現されています。

いずれの3つのコマーシャルでも、描かれているのは他人への心遣いを重視するアイルランド人。自分の存在は最小限に抑えてまずは相手に気を遣う彼らの姿勢は、日本人の気配りをはるかに超えており、未だに驚嘆することがあります。
アイルランド人たちが一様にこうであるわけではありませんが、それでもみんなどこかに心当たりがあるので、このコマーシャルシリーズを思わず吹きだしてしまうんですね。

皆さんの周りにも、こんなアイルランド人がいませんか?



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

Twitter

facebook

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク