FC2ブログ
2015.03.01 10:17|アイルランドで子育て
自家製酵母を使ったパン作りは、ここ数年というもの私の生活サイクルにすっかり定着して、ほぼ週に一度の頻度でパンを焼いています。

キッチンでのパン作りは、子どもたちにとっても当然日常の風景と化しています。ときどきふらっとやって来ては「手伝いたい」と言うので、小麦粉や塩を測ってもらったりしますが、何といっても子どもたちのお気に入りの仕事は「こねる」こと。そりゃあそうだわね。

私は一気に3斤のパンを作るので、小麦粉は1キロ使います。先日も7歳になるショーンが「こねたい」というので、やりやすいようにパン種を半分にしてお手伝いをしてもらいました。

伸ばしてくるくて (6)

よし、頑張って!
と言っても、ショーンはパン種をたたきつけたり指で穴を開けたりしているだけ。正面で残りの半分をこねる私を見て、「ママはどうやってやってるの?」

「こうやってさ、伸ばして丸めて、伸ばして丸めて、ってやってるんだよ」(日本語)

と説明すると、「OK」

伸ばしてくるくて (5)

真剣そのもの。
私の説明した通りに頑張ってこねてくれています。
すると、自分の手の動きに合わせてブツブツ何か言っている。

日本語で「伸ばして、くるくて」・・・「伸ばして、くるくて」

「くるくて」・・・!!!?

「くるくて、ってなあに?」と訊くと「あれ?違ったっけ?ママ何て言ってたんだっけ?」(←ここは英語)

そうか、私の日本語の「丸めて」が「くるくて」になっちゃったのね。

伸ばしてくるくて (8)

「そんな日本語ないわよ!」とはもちろん言いません。普段ほぼ100%英語で話している子どもたちですが、懲りずに日本語で話しかける私の言葉はちゃんと理解していて、ときどきこうして日本語が出てくることがあるのです。少しぐらい(?)間違っていたっていいじゃない。

「くるくて」

正しくはないけど、ニュアンス的に分かるような気も・・・。

そんなわけで、ショーンが伸ばしてくるくてくれたパンは無事に焼きあがりました。

伸ばしてくるくて (3)

朝食、それに子どもたちのランチボックスの顔です。
おつかれさま。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村


アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Instagram

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links