2015.02.26 00:00|毛糸と私
毛糸って、そもそもどうやってできているのでしょう。羊の毛を紡いでできているんですよ。そうですよねえ。

羊の毛?紡ぎ車?羊のわんさかいる国アイルランドに暮らす私ですが、そんなものとは今まであまり縁のない暮らしでした。
だから、こんなに早く実現するとは思っていなかったのです。

スピニング (7)

というわけで、紡いでいます。

近所に新しく越してきたオランダ人の女性と仲良くなって一緒にコーヒーを飲んでいたら、彼女も編み物やお裁縫など手芸好きであることが判明。
いつか糸を紡いでみたいのよねえと私が呟くと、

「紡ぎ車、私持ってるわよ。貸してあげようか?」

「えっ、ホント?!」

「義理の息子のところのオーガニックの羊の毛もあるから、それを紡いだら?」

「まあまあまあ!!」

というわけで、この日の午後、私は彼女の家から我が家までの徒歩数分の道を、右手に羊毛の入った大型バッグ、左手に紡ぎ車を持って、えっちらおっちら帰って来たのでした。

羊毛の入った大型バッグはこれ。

スピニング (9)

本当に大きいでしょう!
測ってみたら、5キロありました。

中には、羊から刈ったそのままの形のウールがたっぷり入っています。これぞ本物のフリース、ですね。

スピニング (10)

これをすぐに紡ぐわけにはいきません。
生の羊毛には、羊がまとっていた時にくっついた小枝や葉っぱ、虫、ウ○チなどなど、いろいろなものが混入しています。

糸を紡ぐ用にあらかじめきれいに洗われ、梳かされた羊毛を買うこともできますが、私の場合は一から全部自分でやらねばなりません。

不純物を取り除いてからすぐに紡ぐ人もいますが、私は初心者ということもあり、まずはちゃんとしたプロセスを踏んでやってみることにしました。つまり、羊毛をきれいに洗う→乾かす→オイルをなじませる→梳かす→紡ぐ、という手順です。

貸してもらったビデオを何度も見たり、糸紡ぎに関する文献をたくさん読んで、まったくの独学ではじめたこの作業。

ようやっと紡ぐ段階までやって来ました。
しかし。

これがすごく難しい!!

スピニング (1)

これは、最初に出来上がった毛糸。

なんて下手くそなんでしょう!

英語では紡ぎ車のことを「Spinning Wheel」と言いますが、たいていは足でペダルを踏み続けて車を動かします。私が借りたのもこのタイプ。しかしこれ、手の動きとしっかり連動していないと、うまく紡ぐことができません。

太さが均一にならないのと、糸の撚り(より)も安定しないのです。

苦戦しながらも、毎日15分ほど紡ぎ続けていたら、だんだんコツがつかめてきました。
こちらがbefore & afterの写真。

スピニング (13)

右側の毛糸が、紡ぎ始めて数日後のものです。もちろん完璧ではありませんが、確かに上達はしているようです。
慣れてくると、紡ぐという作業が面白くて仕方ありません。
エキスパートになるには何年もかかるのでしょうが、スムーズに紡いでいる時間は何にも代え難いほど贅沢でピースフルなのです。日差しの入る明るいサンルームで、コトコト、カタカタ言わせながら最高の手触りの羊毛を紡いでいます。こんな面白い世界があったんですねえ。

スピニング (3)

まずは5キロの羊毛を紡ぐことを目標にしていますが、それが終われば次は・・・そう、「染め」ができたら更に面白いですね・・!アイルランドには昔から染めに使われてきた植物や花があります。伝統的な方法で、自分で紡いだ毛糸を染めることができたら。なんて贅沢なことでしょうか。

スピニング (2)

野菜作りなどもそうですが、「何かを作る」という作業を自分の手ですべてやってみることで、私は多くのことを学んでいるように思います。昔の人たちはこうして暮らしていたのだなあということが実体験できるのと、それと照らし合わせて私たちの今の暮らしがどのように変わってしまったのかを理解することができます。これを身をもって知っている、ということは、私にとっては財産なのです。

スピニング (6)

大好きな毛糸。大好きな羊毛、ウールという素材。
私のアイルランド田舎生活の中で、これからこの素材がもたらしてくれる喜びがさらに増えていきそうで、今とてもワクワクしています。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
オンラインショップ「アイルランド田舎生活の小さなお店」はこちらです。

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
発信者の紹介

望月えりか

Author:望月えりか
ウェブサイト「アイルランド田舎生活」のブログ版、日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながら、オーガニックな野菜作りと食生活、地域の農家さんからいただく羊毛を使った糸紡ぎをしています。
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

最近の記事

フェイスブックのページ

カテゴリーの一覧

ブログランキング

クリックをしていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

訪問者数

アフィリエイト

月別アーカイブ

ブログ内を検索する

お気に入りリンク