FC2ブログ
2014.12.23 18:17|家 族 / 故 郷
今年も、クリスマスツリーを手に入れました。

クリスマスツリー2014 (5)

本物のモミの木を使うなんて、日本にいた時には考えられませんでしたが、アイルランドでは12月に入ると町のあちらこちらで切り取ったモミの木を売り出しています。
フェイクのクリスマスツリーなら苦労して車に積んで運んでくることもないし、とげとげの葉が指に刺さることもない、毎年同じものが使えて楽なのですが、本物のモミの木に比べるとやはり味気ないと感じる人が多いようです。
おまけにモミの木は香りもすごくいいのです。リビングルームにかすかに漂うモミの木の香りは、嗅ぐたびにクリスマスが来たのだなあと感じさせてくれます。

さて、そのツリーの飾りつけはもちろんいつも子どもたちの役目ですね。

クリスマスツリー2014 (2)
ほらショーン、変な顔をしない・・・!

我が家のツリー用のデコレーションは、あまりしゃれたものはありません。
自分で買い足したものもありますが、半分ぐらいは夫の実家からもらい受けたもので、夫たちが子どもの頃に使っていたものです。

クリスマスツリー2014 (4)

これなんて、ちょっとヴィンテージみたい。

クリスマスツリー2014 (6)

この美しいベルの形をしたデコレーションは、今年フィークルの村のクラフトフェアで購入したもの。インドの工芸品だそうです。お気に入りの一品。

子どもたちお手製のデコレーションもたくさんあります。

クリスマスツリー2014 (3)

学校で作ってきたものや家で紙や毛糸を使ってせっせと作った子どもたちのデコレーションは、毎年取っておきます。
「あ、これ私が作ったやつじゃない?」なんて言いながら、一年に一度のデコレーションとの再会を喜んでいる子どもたち。

クリスマスツリー2014 (7)

統一性なんて全然ない、いろいろな素材や形のデコレーションが混在する我が家のツリー。
でもそれでいい。それがいい、と思います。

そうそう、アイルランドではクリスマスカードを送りあう習慣もありますが、いただいたカードはしまわずに家のどこかに飾りつけておくのが普通です。クリスマスカードはきれいな絵柄のものが多く、それだけで素敵なデコレーションになりますものね。

クリスマスツリー2014 (1)

我が家のものはフェルト地のトナカイや雪の結晶と小さな木の洗濯ばさみがたくさんついた紐状のもので、ここにカードを吊り下げます。毎年とっても重宝しています。

明日はとうとうクリスマスイブ。
皆さんも、Have a happy Christmas!



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!
スポンサーサイト



テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links