FC2ブログ
2014.08.06 06:30|アイルランドで畑仕事
野菜の中には、収穫したあとも保存のきくものが多くあります。
ニンジンなどの根菜、ジャガイモ、そして玉ねぎやニンニクも保存性のある代表的な野菜ではないでしょうか。

ニンニクの収穫2014年 (1)
(我が家で今年採れたニンニク)

こちらがニンニクです。
このように葉が黄色くなって枯れてくる頃が、収穫時です。

ニンニクの収穫2014年 (5)

ニンニクなんて、アイルランドに来て自分で育ててみるまでは、どんな形をして畑にあるものなのかも知りませんでした。

ニンニクの収穫2014年 (4)

根元を見ると、なるほどニンニクだわ!
つまり、私たちはニンニクという植物の球根を食べているわけですね。

ニンニクの収穫2014年 (2)
(収穫したあとのニンニク)

においの強烈なニンニクですが、収穫後の畑もニンニク臭が充満!むせるほどです。
さて、ニンニクはもちろんこのままキッチンで調理をしても何ら問題ありません。むしろ、みずみずしいニンニクはとてもおいしくて贅沢な味です。
しかし、保存をさせるにはこの後の作業が重要です。つまり「乾燥させる」こと。
葉や茎に水分がなくなるまで、風通しのよい乾いた場所で十分に乾燥させます。
我が家の場合は、納屋の屋根裏スペースを利用します。

お次は玉ねぎ。

玉ねぎの収穫2014 (3)

葉の生長が止まり黄色くなってきたら、このように葉の根元辺りから手で横倒しにして成長を完全に止めます。

玉ねぎの収穫2014 (1)

数日後に収穫し、乾燥させます。
たまたまお天気の良い日が続いたので、玉ねぎは数日間外で干すことにしました。
からからに乾いたあと、やはり納屋の屋根裏に運んで更に乾燥させます。

日本では春に市場に出回る「新玉ねぎ」というのがありますね。これは、乾燥という工程を踏まないで、とれたての玉ねぎをそのまま出荷したもののことです。皮にも青みがまだあり、大変みずみずしい食感の玉ねぎです。

子どもたちに数えてもらったら、ニンニクは108個、玉ねぎは200個強ありました。
この数を記録しておくことも、我が家にとっては大切な作業です。
何せ一年間持つように作るわけですから、何個ぐらいあれば私たちの家庭に足りるのか、知っておく必要があるのです。

一年間に、一体何個のニンニクと玉ねぎを食べているのか?あなたはご存知ですか?



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

アイルランド田舎生活のフェイスブックページへGo!

テーマ:アイルランド不定期便
ジャンル:海外情報

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
About Me

望月えりか

Author:望月えりか
書く人。日々の暮らしの様子をエッセイにしてお届けしています。
2004年よりアイルランド人の夫、一姫二太郎と4人でアイルランド西部の小さな村に暮らしています。
アイルランドの自然と伝統音楽に囲まれながらオーガニックな野菜作りと食生活、農家さんの羊毛で糸紡ぎ。アイルランド伝統音楽プロジェクト「ブラックバードミュージック」運営。フィドルを弾いたりフルートを吹いたり。
著書「見飽きるほどの虹 アイルランド 小さな村の暮らし」(出版舎ジグ)
新聞、雑誌等プレスへの寄稿文依頼はirishcountrylife@gmail.comまでお問い合わせください。

Latest Articles

Twitter

facebook

Categories

Click, please!

クリックすると不定期便の読者さんが増える!そうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ

Visitors

Monthly Archives

ブログ内を検索する

Links